1. TOP
  2. 美乳・バスト
  3. 垂れ乳を改善する筋トレエクササイズ5選!腕立て伏せでバストアップ?

垂れ乳を改善する筋トレエクササイズ5選!腕立て伏せでバストアップ?

最近おっぱいが垂れてきたかな……?なんて思ってはいませんか?
20代前半をピークに、だんだん垂れ乳になってしまうおっぱい。
今回紹介する垂れ乳エクササイズ・筋トレを行うことで垂れ乳が改善されを改善するのです。
また、嬉しいことにバストアップにもつながるんです!

どうして垂れ乳になってしまうのかを知り、家で簡単にできるエクササイズ・筋トレに挑戦していきましょう!
おすすめの育乳ブラについても少し紹介していきますね。

どうして垂れてしまうの?おっぱいが垂れるその理由5つ


年とともに垂れてしまうイメージのおっぱい。
その通り、年齢とともに垂れていきます。
ですが、年齢だけが垂れ乳の原因ではなく、別の原因もあるのです。
垂れる原因似ついて紹介をしますので、垂れ乳になる理由を知り少しでも垂れ乳にならないように対策をしていきましょう!

1)クーパー靭帯が伸びている


まず一つ目の垂れ乳の理由は、『クーパー靭帯が伸びている』についてです。
クーパー靭帯という言葉を聞いたことはありますか?
クーパー靭帯という言葉を聞いたこのない人も多いのではないでしょうか?
おっぱいの乳腺を支えるコラーゲンできた繊維、これこそが『クーパー靭帯』なのです。
脂肪は柔らかく垂れてしまいますが、丸みのある桃のようにプックリとした立体的なおっぱいがあるのはクーパー靭帯が脂肪・乳腺を引っ張ってくれているからです。

一度伸びてしまうと戻ることがないという難点があるクーパー靭帯。
伸びると脂肪・乳腺は支えてくれるのもがなくなり、おっぱいは垂れ乳になります。
伸びる原因としては、激しい運動の衝撃でプチっとクーパー靭帯が切れたり……。
老いると乳腺が少なくなり、その分脂肪分が多くなるります。
脂肪は、柔らかく重いのでクーパー靭帯で支えきれなくなります。
このようなことが原因で、クーパー靭帯は伸びてしまい垂れ乳の仲間入りになるのです。

2)大胸筋の衰え


二つ目の垂れ乳の理由は、『大胸筋の衰え』についてお伝えします。
大胸筋は、名前の通り胸にある筋肉。
おっぱいの後ろ側に大胸筋があり、おっぱいの土台となり大胸筋におっぱいが乗っている状態です。
普段の動きの中では、なかなか鍛えることができない筋肉の一つである大胸筋。
鍛えるずにおいておくと、もちろん筋肉は衰えます。
衰えると、おのずと垂れ乳への一歩に……。
ですので、筋トレやエクササイズで鍛えていく必要があるのです!

3)肌のハリがない


三つ目の垂れ乳の原因は、『肌のハリがない』についてお話をしていきます。
顔のスキンケアなどをしていますか?
では、おっぱいのスキンケアはどうでしょう?
ついつい忘れがちなおっぱいのスキンケア。
おっぱいスキンケアを行わなければ、ツルツル・スベスベだった肌がカサカサ・ハリのない肌になります。
おっぱいも同様、カサカサ・ハリのない肌になれば垂れ乳の原因になります。
定期的にクリームなどで、おっぱいのスキンケアをしてあげる必要があるのです。

4)ホルモンの低下&乱れ


次の垂れ乳の原因は、『ホルモンの低下&乱れ』についてです。
『エストロゲン』は聞いたことはありますか?おっぱいの乳腺に必要なホルモンです。
エストロゲンは、20代前半がピークに分泌をしていると言われています。
その後は、エストロゲンの分泌は減っていく一方です。
エストロゲンの分泌が減ると、垂れやすくなります。

年齢とは関係なく、ホルモンの乱れでもエストロゲンの分泌が少なくなってしまいます。
ホルモンの乱れは解消や防ぐことができるので意識をしていきましょう!

5)生活習慣の乱れ


最後の垂れ乳の原因は、『生活習慣の乱れ』についてです。
ホルモンの乱れは垂れ乳の原因になると上でお伝えしましたね。
生活習慣の乱れ・睡眠不足・ストレスでホルモンのバランスは崩れてしまいます。
ホルモンの乱れが起こると、エストロゲン以外に肌への影響も起こってしまいます。
肌の影響垂れ乳への原因となると上で紹介しのを覚えていますか?
生活習慣の乱れも抑えていきたい点の一つです。
ですので、生活習慣を正しホルモンの乱れを防いでいきましょう!

垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレ5選


さまざまな原因で、女性のおっぱいは垂れ乳へと近づいていきます。
次は、少しでも垂れてしまわないように……垂れ乳の予防、また垂れ乳の改善ができる、家でも簡単エクササイズや筋トレを紹介していきます。

1)合掌ポーズ

まず一つ目の垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレは、普段使わない大胸筋を鍛えることのできる簡単筋トレ『合掌のポーズ』についてです。

両手を合掌し、鼻の前あたりに待ってきます。肘は床と平行になるようにします。
合掌した両手を押し合います。この時、全力で押し合うのではなく50%ほどの力で押し合います。
目を閉じ、押し合いながら5呼吸をします。
目を開け、合掌を止め力を抜きます。
次は、合掌を胸の前で行い、先程と同様の力で目を閉じ5呼吸します。
目を開け、合掌を止め力を抜きます。
最後は、おへその上あたりで合掌をし半分の力で押し合い、5呼吸を目を閉じて行います。

ほんの少しの時間で、体力に自信のない方でも簡単にできる大胸筋の筋トレです。
テレビを見ながらなどにやってみてはどうでしょう。

2)腕立て伏せ

次の垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレは、筋トレ『腕立て伏せ』のやり方です。
腕立て伏せなんかできない……なんて方でもできる!
バストアップ効果が期待できる腕立て伏せのやり方です。

四つ這いになります。
上半身を斜め前にゆっくりと落とします。5回行います。(足を組み、上げて行うと効果アップ。)
次は、手を肩幅よりも広げ、上半身を斜め前にゆっくりと落とします。5回行います。

私も、腕立ては一回もできませんが、この腕立て伏せですと行うことができ、胸あたりがポカポカしてきます。
はじめのうちは、5回で行い慣れてくると増やしていくといいでしょう!

3)時短おっぱい体操

三つ目の垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレは、テレビなどでも話題になっている『時短おっぱい体操』です。
おっぱい体操は、垂れを改善してくれトップが上がります。
柔らかいおっぱいに変えてくれるエクササイズとして人気になっています!

右手を熊の手にし、左のおっぱいしたからおっぱいを掴みます。
鎖骨の中央に向かって斜め上に10回持ち上げます。
反対側のおっぱいも同様に行います。
次は、両手を使い、おっぱいの下からすこち持ち上げ、中央に向かって上に10回持ち上げます。
最後は、両肩を後ろに回します。

動きはとても簡単。
おっぱい体操を行なった後は、本当にふわふわのおっぱいになっており驚きました。
おっぱいの体操なんてと思うかもしれません。
すぐ触って効果が分かるので驚くでしょう♪
今回紹介したものは、時短おっぱい体操ですが、フルバージョンをやってみたい方はこちら。

4)バストアップエクササイズ

次の垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレは、5つの動きを行う『バストアップエクササイズ』です。
テレビでも紹介された人気のバストアップエクササイズ。
ほとんどの人がおっぱいのサイズアップができ、垂れ乳の改善にも効いていますよ!

足を伸ばして座ります。指先を外に向け、片手を真後ろにつきます。
体をひねり反対の手も床につき、胸を沈めていきます。左右3回ずつ行います。
次は、四つ這いになり両手を遠くに置き、お尻を高い位置でキープし上半身を沈め一回20秒キープします。
三つ目は、お尻をかかとに乗せ両手は後ろにつき、体をそらします。
両膝を床につけ体をそらし、両膝を戻すを繰り返し20回行います。
次は、足を伸ばして座り片膝を立てます。両手を胸前で合掌し、足を立てている方向に上半身をねじります。
腕で足を押し、10秒キープし左右3回ずつ行います。
最後は、仰向けに寝転び片手を上げます。反対の手の親指で脇の下の外側を押します。

バストが持ち上がりおっぱいのサイズアップの期待ができます。
毎日続け、バストアップエクササイズを行なっていきましょう。

5)ペットボトルダンベル

最後の垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレは、500mlのペットボトルを使って行う『ペットボトルダンベル』です。
寝る前などに、簡単にできる筋トレですよ!

仰向けになり寝転び、両足は肩幅に開きます。
両手でペットボトルを持ち、顔の前に手を伸ばして持ちます。(ペットボトルの向きは横にします。)
肘を曲げペットボトルをゆっくりと下げていきます。下まで下げると、上に持ち上げます。これを20回繰り返して行います。

普段使わない大胸筋を鍛えることでバストアップの効果がありますよ!
寝る前に筋肉を使うことで血行が良くなり、ぐっすり眠ることもできるので寝る前に行うのがオススメ。

垂れ乳予防としてナイトブラを付けてみよう!


ブラは、おっぱいを支えて垂れを防いでくれ、とても大きな役割をしてくれています。
夜は、ブラをせずにノーブラで寝ているなんて人も多くいるのではないでしょうか?
横になったりとおっぱいはさまざまな方向に流れがちな睡眠時。
おっぱいの脂肪が流れることで、クーパー靭帯も一緒に流れ伸びてしまいます。
ナイトブラを付ければおっぱいの流れを防いでくれるので、クーパー靭帯が伸びる心配はありません。

女性の間で話題になっているナイトブラ。
おっぱいの垂れを予防してくれるだけでなく、寝ている間も綺麗な形でキープをしてくれているんです。
では、おすすめの人気ナイトブラたちを紹介していきましょう!

1)ふんわりルームブラ


一つ目のブラは、着け心地抜群・バストアップしてくれる・美乳ケアができてしまうおすすめ人気のナイトブラが『ふんわりルームブラ』です。
ふんわりルームブラは、多くの雑誌で紹介され多くの女性が愛用しています。
寝ている時ブラにワイヤーが入っていると痛かったりしますよね。
ふんわりルームブラは、ノンワイヤーなので寝ている時に痛みを感じることなく快適に眠ることができます!
ノンワイヤーですが、夜寝ている間でもバストを支えれるように作られ、脇下や背中などのムダ肉を逃さずしっかり寄せ上げ効果があります。
横になっても美乳キープもしてくれるのです。
寝ている間も綺麗な形のままの胸でいれるので、クーパー靭帯の伸びを防ぐことができ垂れ乳の予防につながるナイトブラなのです。
こちらはナイトブラとして販売されていますが、日常生活でも使うこともできるのです!

▶︎ふんわりルームブラの詳細はこちら

2)導-MICHIBIKI-リメイクアップブラ


二つ目の垂れ乳予防ができるおすすめ人気のナイトブラは、背肉・脇肉などの脂肪の逆流を防いでくれる『導-MICHIBIKI-リメイクアップブラ』についてです。
導-MICHIBIKI-リメイクアップブラは、おっぱいの周りにあるムダ肉も一緒に支えてくれます。
寝ている時も綺麗なおっぱいの形をキープしてくれるのです。
こちらも1日使うことができるサポート力があるので、このナイトブラを付け垂れ乳予防をしてみてはどうでしょう。

▶︎導-MICHIBIKI-リメイクアップブラの詳細はこちら

3)Viageヴィアージュ


三つ目の垂れ乳予防ができるおすすめ人気ブラは、45万枚販売されている『Viageヴィアージュ』のぶらについてです。
こちらのナイトブラは、寝ている時におっぱいの肉はあちこちに流れてしまいますが、その流れを全方向から防ぎ、バストをふんわり丸みのある綺麗な形でキープしてくれることでバストのケアができるのです。

今回三つのおすすめ人気のナイトブラを紹介してきましたが、これらのナイトブラを徹底比較した記事があります。あなたに合うのはどれか、是非チェックしてみてください!

▶︎Viageヴィアージュの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

垂れ乳になってしまうワケや垂れ乳改善に効くエクササイズ&筋トレ5選、垂れ乳予防としておすすめのナイトブラなどについて紹介をしてきました。

寝ている間に重力されされたバストは下垂していきますが、ナイトブラを付ければ予防・改善することができます。次の記事もチェックして検討してみてください。

さらに効果的な大胸筋の鍛え方が見つかるかも!女性向け大胸筋の鍛え方はこちらからどうぞ。

垂れてしまったと後悔する前に、今回紹介したエクササイズや筋トレを行い、少しでもおっぱいが垂れるのを防いでいきましょう。
簡単なものが多いの、少しの空き時間にトライしてみてください!

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!