1. TOP
  2. 女性の加齢臭は何歳から?頭皮・口臭・脇汗・耳の後ろなど部位別の原因と対策!

女性の加齢臭は何歳から?頭皮・口臭・脇汗・耳の後ろなど部位別の原因と対策!

加齢臭と言えば”オヤジ臭”というイメージが強く、男性の悩みというイメージが強いのですが、女性も年齢を重ねるとともに加齢臭を発生させてしまいます。

そんな、いわゆる”おばさん臭”は、なんと30代から注意が必要なんだそう。年齢とともにニオイが気になり始めた…という女性は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、女性の加齢臭は何歳から発生するのか?、どんなニオイなのか?、そして、身体のどこから発生し、その原因は何なのか?

その他に、加齢臭をセルフチェックする方法や、加齢臭をスパッと解決する対策などについてご紹介していきます♪

女性の加齢臭は何歳から?30代から発生?

女性の場合、一般的に男性ほど加齢臭が強くならない傾向があるようです。その理由は、女性は女性ホルモンの働きによって、皮脂の分泌量が少なく、皮脂の酸化も多くないからだと考えられています。

しかし、女性は、更年期の45歳~55歳くらいになると女性ホルモンのバランスが崩れてくるため、40代後半〜50代にかけて加齢臭が発生しやすくなると言えます。

また、女性ホルモンは、30代に入ったあたりから徐々に減少し始めるため、30代でも注意が必要な年齢だと言えるでしょう。

女性の加齢臭ってどんなニオイなの?

加齢臭のニオイは男性も女性も同じですが、今までに嗅いだことがないような種類のニオイが多く、一般的によく例えられているニオイはこんな感じです。

・脂臭い
・青臭い
・汗臭とは違うツンとしたニオイ
・ロウソク
・古本
・古くなった化粧品
・ブルーチーズ
など…

どれも自分からは発したくないニオイですよね。このような普段と違うニオイが発生し始めたら、もしかしたら加齢臭かもしれません。

女性の加齢臭はどこから?

加齢臭は、皮脂の分泌量と皮脂の酸化が関係してきますので、皮脂分泌の多い部位は加齢臭を発しやすくなると考えられます。では、その部分について具体的に見ていきましょう。

頭皮

身体の中でも、特に頭皮は皮脂腺が多く皮脂の分泌量が多いため、加齢臭が発生しやすい部分です。よくお父さんの枕がクサイ!となるのは頭皮からの加齢臭が原因のことが多いですよね。

そんなおじさん臭が、女性からも発生しやすい場所の一つなのが頭皮だと言えます。

口臭

加齢臭が気になる年齢になると、口臭も気になってくることが多いようです。これは、年齢を重ねることで、唾液の量が減ってくるからだと考えられています。

唾液には、口の中の細菌の増殖を抑え、口内の環境を清潔に保ったりする働きがあります。この唾液が減少するとこれらの働きが低下してしまうため、口臭を発生させやすくなってしまうのです。

脇は、皮脂腺が多いため、ここも加齢臭が発生しやすい部分だと言われています。

それに加えて、脇は、通常閉じていることが多いため、ムレやすく雑菌が繁殖しやすい部分でもあるので、嫌なニオイを発しやすくなります。

また、脇にはワキガの原因となる、粘り気のある皮脂が混じった汗を出すアポクリン腺が存在しますので、加齢臭とワキガが合わさると強烈なニオイとなってしまいます。

胸元

胸元も、皮脂腺が多いのでニオイが強くなりがちな部分です。

また、胸元は汗腺が多いこともあり、暑い時期に汗をかきやすい部分で、特に女性の場合は、胸の谷間に汗が溜まってしまうことで汗臭も気になる場所になります。

耳の後ろ

耳の後ろは、よく加齢臭が出やすい場所だと言われていますね。それは、やはりここにも皮脂腺が多く集まっているからです。

また、耳の後ろって洗い忘れやすい部分でもあるので、加齢臭が強く出てしまう傾向があります。身体を洗うときは耳の後ろも忘れずに洗ってあげましょう。

首の後ろ〜背中

身体の後ろ側にあたる、首の後ろや背中も皮脂の分泌量が多いので、加齢臭が発生しやすくなります。

そして、耳の後ろと同様につい洗い忘れてしまいがちなので、加齢臭が出やすくなってしまうことが多いようです。

ここまでを見てみると、上半身ほぼ全部から加齢臭が出る可能性があるのが分かりますが、下半身のデリケートゾーンにも皮脂腺が多く存在するので、ここも加齢臭が発生しやすくなってしまうようです。

女性の加齢臭の原因は?

女性の加齢臭の原因は、女性ホルモンが関係する他、男性女性に関わらず、ノネナールと呼ばれる物質が原因となります。では、これらの原因について詳しく見ていきましょう。

女性ホルモンの減少で皮脂分泌が多くなる

女性は、更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少し、女性ホルモンのバランスが崩れてくるため皮脂の分泌が多くなり、皮脂が酸化することで加齢臭が発生しやすくなってしまいます。

また、エストロゲンの分泌量は、30歳がピークでその後、徐々に減少し始める傾向にあるため、早めに加齢臭対策をしてニオイを抑えていきたいですね。

そんな加齢臭対策の方法は、下記でご紹介しますので是非ご覧くださいね。

臭いのもと!ノネナールの発生するメカニズム

年齢を重ねるに伴い、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増え、活性酸素によって酸化された脂質である過酸化脂質も増えてきます。

この過酸化脂質がパルミトオレイン酸と合わさることで、分解、酸化されて加齢臭のもととなる「ノネナール」という物質が出来て、加齢臭が発生します。

このノネナールは、 40歳を過ぎた頃から徐々に増え始め、60代以降で急増すると言われています。

また、年齢とともに抗酸化力は弱くなってくるため、細胞が活性酸素によって酸化しやすくなります。そうなると、皮脂の酸化を促し、加齢臭が強くなってしまうのです。

あなたは大丈夫?女性の加齢臭セルフチェックの方法

自分のニオイには気付きにくいこともありますよね。そんな時に、自分の身体から加齢臭が出ていないか確認するための、簡単な方法がありますのでご紹介していきます。

ティッシュやコットンパフで拭き取る

お風呂に入って身体を洗う前に、頭皮や耳の後ろ、首の後ろ、ワキ、胸の谷間あたりなどを、ティッシュやコットンパフで拭き取ってニオイを嗅いでみましょう。

もし、ただの汗臭以外のニオイがしたら、加齢臭が発生している可能性があります。

下着やインナーウェアのニオイを嗅ぐ

会社からの帰宅後や1日を過ごした後に、肌に密着していたインナーウェアやブラなどのニオイを確認してみましょう。

特に、首回りや背中、胸、ワキなど加齢臭が発生しやすい部分を、念入りにニオイを嗅いでみてみると分かりやすいかと思います。

枕のニオイを嗅いでみる

頭皮から発生する加齢臭を確認するには、枕のニオイをチェックするのが一番手っ取り早いです。枕のニオイを嗅いでみて、嫌なニオイがする場合は、加齢臭の可能性が高くなります。

女性の加齢臭をスパッと解決する対策は?

続いて、加齢臭を身体の内側からと外側からケアする方法をご紹介していきますので、試してみてくださいね。また、加齢からくる口臭予防に効果的な方法もご紹介しますので是非ご覧くださいね。

食事で加齢臭の発生を抑える

まずは、身体の内側から加齢臭対策しましょう。3つのポイントに分けて、それぞれ効果的な食べ物をご紹介していきます。

1つ目は、女性ホルモンのバランスを整えてくれる食べ物。

女性ホルモンの働きがUpすれば、皮脂の分泌量を抑えてくれるので加齢臭対策に効果的です。

1) 女性ホルモンの働きをアップする食べ物
  • 大豆食品全般
  • 果物:アボカド、バナナ
  • 野菜:かぼちゃ、赤ピーマン
  • 魚:サンマ、マグロ、カツオ
  • ナッツ類:アーモンド
  • その他:ココナッツオイル、卵黄
  • など

2つ目は、抗酸化作用の高い食べ物。

抗酸化力を高めることで、皮脂の酸化を抑制することが期待できるので、加齢臭を抑える効果が上がります。

2) 抗酸化作用の高い食べ物
  • 野菜:ブロッコリー、大根、トマト、かぼちゃ、ナス、小松菜
  • 果物:バナナ、レモン、ブルーベリー、りんご
  • 魚:鮭
  • ナッツ類:アーモンド
  • その他:ごま、緑茶
  • など

3つ目は、善玉菌を増やして、腸内環境を改善してくれる食べ物。

ニオイの原因物質である動物性たんぱく質の摂取のしすぎはNG。肉類を控えて、善玉菌を増やして、ニオイの原因物質を身体の外に排出してくれる食物繊維を多めに摂取しましょう。

3) 腸内環境を改善する食べ物
  • 野菜:モロヘイヤ、オクラ、ごぼう
  • 果物:アボガド、キウイ
  • 芋類:さつまいも、さといも、ジャガイモ
  • 豆類:納豆
  • きのこ類:なめこ、エリンギ、えのき、しめじ
  • その他:チョコレート
  • などの食物繊維を摂取するようにしましょう。

これらの食べ物は、加齢臭対策に身体の内側からサポートしてくれます。毎日の食事にバランス良く取り入れてみてはいかがでしょう。

頭皮は正しい方法でケアしよう

シャンプーはやりすぎても、しなさすぎてもNGです。シャンプーのベストな回数は、1日に1回。ニオイが気になるからと、1日に何回もシャンプーすると、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまうので逆に皮脂分泌が過剰になってしまいます。

もし、汗をかいて気持ち悪い場合などで、それ以上洗いたい場合は、お湯だけの洗髪がオススメです。

そして、大切なのが、シャンプー後はドライヤーをしっかりあてて乾かし、生乾きによる雑菌の増殖を抑えることです。

また、頭皮のニオイが特に気になる時は、緑茶やウーロン茶を少し含ませたコットンパフなどで、頭皮を拭くと、加齢臭のもとであるノネナールを吸収してくれるそうですよ。

カラダの加齢臭はボディソープ選びがカギ

皮脂の酸化を防ぎ、加齢臭の発生を防ぐためには、毎日お風呂に入り、きちんと全身を洗うことが大切です。

とはいっても、身体の洗いすぎは、肌に必要な皮脂まで奪ってしまい、頭皮と同様に逆に皮脂分泌が活発になってしまうことがあるので注意しましょう。

そして、肝心なボディソープですが、加齢臭の原因となるノネナールにアプローチしてくれるボディソープを選ぶと効果的です。

口コミ人気も高く、リピート率も高くてオススメなのが「柿のさち・薬用柿渋ボディソープ」です。

このボディソープは、古来より防菌・防臭として活用されてきたと言われる、自然の素材「柿渋」に着目し、この柿渋エキスの他に、加齢臭に効果的な厳選された成分が配合されているそう。

加齢臭が気になるけど、まだ専用のボディソープを使ったことがないという方は、一度試してみてはいかがでしょう。

唾液の分泌を増やして口臭予防


年齢を重ねていくと、唾液の分泌量が減少し、口臭に繋がってしまいます。

人と話す時に口臭が気になり始めた方や、そういえば若い頃より唾液が減った気がする…という方も、動画で紹介の舌のストレッチを行って、唾液の分泌を活発にしてみてはいかがでしょう。

また、唾液には「パロチン」と呼ばれる成長ホルモンの一種が含まれ、身体の壊れた細胞を修復したり、皮膚の新陳代謝を活発にして、シミやシワなど肌の老化を防ぐ効果もあるそうですよ。

まとめ☆カラダの内と外からのケアで臭いを撃退!

いかがでしたか?

ここまで、女性の加齢臭は何歳から発生するのか?、どんなニオイなのか?、そして、身体のどこから発生し、その原因は何なのか?

その他に、加齢臭をセルフチェックする方法や、加齢臭をスパッと解決する対策などについてご紹介してきました。

女性の加齢臭は、女性ホルモンの減少によって皮脂の分泌が多くなり、皮脂が酸化することが原因。そして、男性女性に関わらず、ノネナールと呼ばれる物質により加齢臭が発生します。

その対策には、食事による内側からのケアで女性ホルモンのバランスを整えたり、抗酸化力を高め、皮脂の酸化を抑制することなどが大切ですね。

また、ニオイが気になるからと頭皮やボディの洗いすぎによる、皮脂の奪いすぎは皮脂分泌を活発にするので、そんな点に注意して対策を行っていきたいですね♡

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!