1. TOP
  2. 健康
  3. 慢性の鼻づまり解消に効く飲み物と食べ物20選!&13つのツボ押しで治そう

慢性の鼻づまり解消に効く飲み物と食べ物20選!&13つのツボ押しで治そう

 2017/04/18 健康
 

花粉症や風邪で1年中鼻づまりに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?我が家も家族がアレルギー性鼻炎なので、しょっちゅう鼻づまりでツラそうです。鼻水が止まらないのも困りますが、詰まって息苦しいのも困りますよね。

でも、鼻づまりに良く効くと評判の食べ物や飲み物で症状を和らげられるってご存じでしたか?また、ツボ押しも併用すればさらに楽になると実践する方も多いんですよ。

そこで、今回は慢性的な鼻づまりの解消に効果のある飲み物と食べ物を20つご紹介します。薬に頼るだけでなく、体の中から鼻づまりを解消していきましょう!さらに、すぐに効果の出るツボ押しもご紹介します。

鼻づまりは花粉症のツラい症状トップ2

メディカルトリビューン社が2012年に小学生から30歳未満の方に実施したアンケートによると、花粉症で最もつらい症状は、「鼻水」と「鼻づまり」という回答が多かったそうです。また、年齢が上がるにつれ「鼻づまりがツラい」という方が増加していることが分かりました。

鼻がつまっていると、苦しいだけでなく集中力も落ちてしまうので、仕事などにも支障がありますよね。少しでも早く解消したいものです。

鼻づまりはなぜ起こる?

鼻の内部には、内側には左右の鼻を隔てる「鼻中隔」があります。外側には「鼻甲介」という出っ張りがあり、空気中のゴミを取り除いたり、鼻内部の湿気や温度を調整するはたらきをもっています。

鼻炎になると「鼻甲介」が腫れて空気の通り道が狭くなってしまうため、いわゆる「鼻づまり」が起こるのです。

みんなが鼻づまりの解消にしてることは何?

鼻づまりを解消するために、あなたがやっていることは何ですか?花粉症の時期は点鼻薬が手放せない方もいらっしゃると思いますが、何度も使えるわけではないのでツラいという声も多いようです。

鼻の下にメンタムを塗る方法は、昔からありますよね。すーっとした刺激で鼻が通るのですが、ひりひりするのはツラい・・・。

いつものことだから我慢、という声も。でも、鼻づまりが長引くと頭がぼんやりして集中力が落ちたり、口呼吸になるため喉が痛くなってしまう可能性もあります。

鼻づまりを解消する方法があったら知りたいと思いませんか?

鼻づまりに効く飲み物や食べ物が良いらしい!

飲み物や食べ物で、体の中から体質を改善していく方法は副作用の心配がないので、安心して行えます。ただし、薬ではないため即効性は期待できません。

毎日少しずつ摂って、鼻づまりしにくい体作りを目指しましょう!

鼻づまりに効く飲み物5選

1) 炭酸飲料

炭酸飲料には二酸化炭素が含まれています。この二酸化炭素が血管に入ると酸素量が減るため、それを補うために、血管が広がります。

血管が広がると鼻の周りの血流が良くなるので、鼻づまりが解消される効果が期待できます。

就寝前に飲むと、寝ている間の鼻づまりが楽になりますが、人によっては胃に負担がかかってしまうことがあります。コップ1杯程度をゆっくり飲むか、就寝2時間前ぐらいに飲むのがおすすめです。

2) 緑茶

風邪予防に効果があることで知られる緑茶。緑茶に含まれるカテキンの中でも「メチル化カテキン」という成分には、アレルギー症状を抑える働きがあります。

鼻水や鼻づまり、また目のかゆみなどの症状に悩んでいる方は普段の飲み物を緑茶にしてみてはいかがでしょうか?

3) どくだみ茶


蓄膿症のように、鼻の中に細菌が付着して起こる鼻づまりに効果があるとされています。どくだみの葉には、強い殺菌作用があるため、鼻の中にある細菌を減らすことができます。

また、どくだみにはデトックス作用もあります。体内の老廃物や有害物質を取り除き、鼻水や鼻づまりの解消が期待できるとされています。

なお、どくだみ茶の飲み方には注意が必要です。デトックス効果で老廃物を排出するため、おなかが弱い方が下痢を起こす可能性があります。

また、同じく老廃物を排出する働きをもつカリウムも多く含まれているので、腎機能に疾患がある方などは摂取を控えることをおすすめします。

4) カモミールティー

カモミールは、花粉症の症状緩和にも使われるハーブです。抗アレルギー作用や、炎症を鎮める作用があるので、鼻づまりが楽になるとされています。

ハーブティーとして飲むだけでなく、アロマオイルを炊いたりスチームを鼻から吸っても効果があるので、ハーブティーがニガテな方はぜひ試してみてくださいね。

5) 甜茶

漢方薬としても知られている甜茶(てんちゃ)には、ポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには、アレルギーを起こす物質「ヒスタミン」の分泌を抑える効果があるため、アレルギー性鼻炎による鼻づまりに効果が期待できます。

なお、甜茶はバラ科、アカネ科、ユキノシタ科、ブナ科の4種類がありますが、鼻づまりに効果があるのはバラ科の甜茶と言われています。

バラ科の甜茶は、甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)と表示されているので、購入時に確認してくださいね。

鼻づまりを楽にする食べ物15選

1) ミント(ハッカ)


ミント(ハッカ)独特のスーっとした香りの元となる「メントール」には、抗アレルギー作用や炎症を抑える作用、血流を良くする効果があります。

鼻づまりの原因の一つは、鼻のまわりの血流が悪くなることなので、ミントを食べると鼻づまりが解消されることが多いんです。

とはいえ、ミントの葉をたくさん食べるのは難しいですよね。鼻づまりがツラい時は、ミント配合のタブレットやガムなどを食べると良いですよ。

また、ハッカオイルをお湯に垂らして湯気を鼻から吸う方法は、即効性があり気持ちが良いので試してみてくださいね。

2) ショウガ

ショウガの主要成分の「ジンゲロール」は、アレルギー反応を抑える働きがあります。花粉症などアレルギーが原因で起こる鼻づまり反応を抑え、正常な働きに戻す作用があります。

また、ショウガの強い刺激臭は詰まっていた鼻水を出しやすくしてくれます。鼻水を出しきってしまえば詰まりにくくなるので、冷やっこにおろしショウガをトッピングしたり、料理の下味に使うなど工夫してみてはいかがでしょうか?

3) しそ


しそには、体内で増えすぎた活性酸素を取り除く効果がある「ルテリオン」が多く含まれています。余分な活性酸素が減ると、体内で炎症が起きにくくなるので鼻づまりの解消に効果があります。

4) レンコン

レンコンに含まれるタンニンには、炎症を抑える作用や粘膜を収縮させる作用があります。風邪のウイルスやアレルゲンなどで傷ついた鼻の粘膜を修復し、鼻づまりを解消してくれます。5) ねぎ
辛み成分の「硫化アリル」には、粘膜の炎症を抑える働きがあります。特に、ネギの白い部分が鼻づまりに効くとされているので、鼻づまりがひどい時はねぎのたっぷり入ったお味噌汁などを飲むのがおすすめです。

6) ニラ

ねぎと同じく、ニラにも硫化アリルが豊富に含まれています。この硫化アリルには、血行を促進したり殺菌作用もあるため、鼻の粘膜に入り込んだウイルスや細菌を取り除く効果が期待できます。

7) トマト


トマトの皮には、特有の「ナリンゲニンカルコン」という成分が含まれています。最近の研究で、「ナリンゲニンカルコン」にアレルギー反応を抑える作用があることが分かったそうです。
そのため、アレルギー性鼻炎や花粉症による鼻づまりに、トマトが効果的との研究も進んでいるそうです。

ただし、この成分は生のトマトにはほとんど含まれていません。加熱したトマトやトマトジュース、ケチャップなどの加工食品に多く含まれています。トマトは1年中手に入りますし、加工品も多く販売されているので、意識的に摂りたい野菜の一つですね。

8) 緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、春菊)

緑黄色野菜にはビタミンやカロテンなど栄養が豊富に含まれています。中でも、ビタミンAは、皮膚や粘膜の機能を高める働きがあります。鼻の粘膜機能を強化するので、鼻づまりにも効果が期待できます。

9) ブロッコリー

ブロッコリーにはβ-カロテンがとても豊富に含まれています。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、先ほどご紹介した粘膜機能の強化や粘膜の保護に作用します。
ビタミンCも多い野菜なので、風邪予防にも効果があります。鼻水、鼻づまりを解消したい時にたくさん食べましょう。

10) アーモンド

アーモンドは、ナッツ類の中でも断トツにビタミンEを多く含んだ食材です。アーモンド100gあたりのビタミンE含有量は30.3㎎に対し、くるみは約3.6㎎。ビタミンEは血行改善に効果があるので、炎症を起こして狭くなった鼻の血管を広げる作用が期待できます。

11) ヨーグルト

乳酸菌が腸内環境を整えて免疫力を上げます。免疫力が上がると、アレルギーを抑えることができるので、鼻づまりの解消に効果が期待できます。

12) 納豆

納豆菌が腸内環境を整えて、免疫を高めます。ヨーグルトと同様の効果が期待できるので、1日1パック程度食べる習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

13) 青魚(アジ・イワシ・サバなど)

青魚に多く含まれるDHA、EPAはアレルギー症状を抑える働きをもっています。症状が出なければ鼻づまりが起こる割合も低くなりますよね。続けて食べることで、アレルギー症状の出やすい体を変える効果が期待できます。

14) はちみつ

はちみつには殺菌作用や抗炎症作用があるとされています。日本だけでなく、海外でも薬用として使われることが多い食材の一つですよね。

そのまま食べたり、紅茶やヨーグルトに入れても良いので手軽に摂取できそうです。ただし、
1才未満のお子さんには与えないでください。

15) りんご

海外の研究によると、りんごに含まれる「ペクチン」という成分は、アレルギーの原因である「ヒスタミン」を減らす作用があることが分かりました。アレルギーによる鼻づまりは、りんごを食べることで和らぐ可能性があるんですね。
他にも、りんごに豊富に含まれているビタミンCは粘膜の保護に役立ちます。傷ついた鼻の粘膜を修復してくれるので、鼻がつまりにくくなります。

ただし、花粉症の中でもシラカバ花粉症の方は、りんごを食べるとアレルギーを起こすことがあるので控えてください。

鼻づまりに効くツボ13選

飲み物や食べ物にプラスして、ツボ押しも効果があります。ゆっくり押していると、少しずつ鼻づまりが解消されるツボなので、お風呂上りなどに試してみてはいかがでしょうか?手のツボなら外出中や仕事の休憩時間にも押せるのでおすすめですよ。

1) 合谷(ごうこく)

場所:親指と人さし指の間の付け根。
押し方:人差し指側に向けて押す。

2) 迎香(げいこう)

場所:鼻のあなから外側に少しずれたところで法令線上にある。
押し方:鼻の両わきからはさむように静かに押す。

3) 印堂(いんどう)

場所:眉毛と眉毛の間の少しへこんだところ。
押し方:鼻がつまって顔面が重く感じる時、ゆっくりジワンと感じる程度に押してみましょう

4) 風池(ふうち)

場所:耳の後ろにある骨と、首の後ろの中心との中間の位置。髪の生え際で、少しくぼんでいるところ。
押し方:テニスボール2つをの薄い布で包んで結び、ボールがツボに当たるように調節しながら仰向けになる。※首周りは刺激のしすぎに注意

5) 晴明(せいめい)

場所:左右の目頭から少し上。
押し方:左右の人さし指どうしを約30回こすり合わせて温めてから、上下にさする。を親指と人さし指をあててつまむようにしながら押しもんでも良い。

6) 攅竹(さんちく)

場所:左右のまゆげの目頭側にあり、押すと痛みを感じる部分。
押し方:目を閉じて、指の腹で少しずつ力を加えていくように押す。

7) 巨寥(こりょう)

場所:小鼻の両脇にあり、頬骨の真下。
押し方:人差し指で4~5回ほど押して刺激する。

8) 鼻通(びつう)

場所:小鼻の両脇の正中
押し方:人差し指の腹で上下にさすりながら少し強めに押す。

9) 飛陽(ひよう)

場所:外くるぶしから指7本分上で、さらに指1本分ふくらはぎに移動した場所。
押し方:親指で強めに刺激する。

10) 崑崙(こんろん)

場所:足首の外くるぶしとアキレス腱の間の窪んだ部分の中心。
押し方:強く長めに刺激する。

11) 孔最(こうさい)

場所:手のひらを上にして、ヒジの曲がりじわから手首の間。ひじから1/3にあたる部分から、さらに親指側に少しずれた部分。

12) 足三里(あしさんり)

場所:両足のヒザのくぼみから指4本分下(すねのふち)。
押し方:中指や親指で骨に沿って押す。

13) 厲兌(れいだ)

場所:両足の人差し指の外側で、爪の生え際の下にあり痛みのある部分
押し方:人差し指と親指で揉みほぐしたり、押したりする。

ツボの押し方
  • 急に強い力を入れない
  • 3秒~5秒かけてゆっくり押す
  • 長時間押さない
  • 手を離す時も押す時と同じぐらいの時間をかけてゆっくり離す

【まとめ】食事とツボで鼻づまりを和らげよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、鼻づまりに効く飲み物や食べ物、また鼻づまりを解消するツボなどをご紹介しました。

どれも即効性のあるものではないので、毎日の生活の中で取り入れていきたいですね。特に、ご紹介した飲み物や食べ物は、鼻づまり以外の症状に効果があるものが多いです。健康でストレスのない毎日を過ごせるよう、普段の生活をほんの少し工夫してみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!