1. TOP
  2. 美容
  3. 赤ら顔にはステロイドより敏感肌用セラミド化粧水!副作用なく肌の赤みを解消♪

赤ら顔にはステロイドより敏感肌用セラミド化粧水!副作用なく肌の赤みを解消♪

女性にとって大きな悩みのひとつ、赤ら顔。メイクでも隠せない顔の赤みに、鏡を見るたびにがっかり…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?赤ら顔の治療に使われることの多い代表的な薬といえばステロイドですが、副作用が心配…という声も多く耳にします。そこで、今回は、副作用なく肌の赤みを解消できる化粧品や赤ら顔の改善方法についてご紹介します。

赤ら顔の治療は、ステロイドしかないの??

赤ら顔の治療は、ステロイドを塗るものと思っている方も少なくないようですが、実際はどうなのでしょうか?

もともとは赤ら顔ではなかったのに、ステロイドの副作用で赤ら顔になってしまう人、赤ら顔の治療でステロイドを処方されて悪化する人もいることから、ステロイド以外の治療法を視野に入れてる方も増えているようです。

ステロイドの副作用と赤ら顔の関係とは?

ステロイドとはどんな薬?

ステロイドには、飲む「内服薬」と塗る「外用薬」、注射などいくつかの種類がありますが、今回は肌に塗る「外用」のステロイドについてご紹介します。

ステロイド外用薬は、皮膚の炎症を鎮めてかゆみを抑えたり、アレルギー症状を抑える薬です。強さが5段階あり、弱いステロイドだとほとんど副作用が無い場合もあります。ドラッグストアなどで購入できるものと、皮膚科等で処方されるものがあります。

ステロイドの副作用ってどんなもの?

ステロイドを塗ったら、必ず副作用が出るわけではありません。ただし、使用方法や使用期間によって副作用が出る可能性があるのも事実です。
ステロイドを塗って使用することによる副作用には「使用を中止すると治るもの」と「使用を中止しても治らないもの(6ヶ月以上~年単位で使用した場合)」の2つがあります。使用に際しては医師に相談の上、使用量や期間を守りましょう。

ステロイドの外用使用による主な副作用
使用を中止すると治るもの:にきび・毛包炎,多毛、口囲皮膚炎など
使用を中止しても治らないもの:皮膚が薄くなる、毛細血管の拡張など

ステロイドを塗ると、赤ら顔になる理由って何?

ステロイド外用薬は皮膚細胞を増殖が抑制されてしまうので、皮膚が薄くなってしまいます。皮膚が薄くなると血管が透けて見えるため、赤ら顔に見えてしまう原因になります。

ステロイド以外の薬でも副作用が出る可能性あり!?

ステロイドは副作用が出るから、別の薬を使いたいという方も少なくないのでは?でも、ステロイド以外の薬でも副作用が出る可能性は十分あるんです。ステロイド以外なら大丈夫、と安易に判断するのは避けたほうが良いですね。

ステロイド以外でも副作用が出る可能性がある薬
ミノマイシン(内服薬):めまいや吐き気、頭痛を伴うことがあります。
アゼライン酸ゲル(外用薬):赤みが強くなったり、かゆみが出ることがあります。
プロトピック(外用薬):ヒリヒリしたり赤みがひどくなることがあります。

ステロイド以外で行っている赤ら顔の治療方法3選

1) 漢方薬

血を流れやすく改善する効果があるとされている「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「温経湯(うんけいとう)」、「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」などを服用する治療法です。
ただし、漢方は体質や体型によって処方が異なるので、専門の漢方医などに処方してもらうことをおすすめします。

2) 光治療(IPL:intense pulsed light治療)

皮膚科での治療方法にひとつ。患部に光を当て、拡張した毛細血管を縮小させて赤みを目立たなくさせる治療法です。カメラのフラッシュに似た瞬発的な光で、血管や沈着した色素を破壊します。比較的痛みが少なく、かさぶたになる日数も短いとされています。

3) レーザー治療

レーザー光を赤ら顔の部分に直接あてる治療法で、こちらも皮膚科での施術となります。赤い色素だけに反応するレーザーを使います。症状や使用するレーザーにもよりますが1回の施術は5~10分程度と短時間ですが、複数回施術を受ける必要があります。

レーザー治療は保険適用されない場合がほとんど…

先ほどご紹介した治療方法の中では、レーザー治療の効果が高そうに思えますよね。確かに、赤ら顔の治療としてレーザー治療が使われることが多いのも事実です。

ですが、レーザー治療は保険適用されない場合がほとんどなので、費用高額になる可能性が高いのがネック。できることなら、できるだけ費用を抑えて高い効果を出せる方法があったら知りたですよね。

顔の赤みが出るのはなぜ?赤ら顔になる5つの原因とは?

原因1) 毛細血管の過剰拡張

肌を外部刺激から守る役割をしている「表皮」が薄くなると、刺激が直接肌の内側に伝わります。顔には多くの毛細血管があるため、刺激を受けて過剰反応した毛細血管の色が薄くなった肌に透けて見えてしまいます。

原因2) バリア機能の低下

敏感肌、乾燥肌などの肌質の方は、もともと表皮がとても薄く、バリア機能が低下している状態が続いています。そのため、少しの刺激でも反応しやすく、赤ら顔になってしまいます。

原因3) ニキビ

ニキビは「アクネ菌」による雑菌が原因で起こる肌の炎症です。赤いぷつぷつができることも多いのが特徴です。このニキビが長期間治らないと。炎症した肌の赤色が色素沈着して、赤ら顔になってしまいます。

原因4) 刺激の与えすぎ

ニキビや肌荒れなど、肌のバリア機能が低下している時にごしごしと力を入れて洗顔したり、かゆみを抑えるために顔を掻くクセも赤ら顔の原因になります。

原因5) アレルギー体質

ハウスダストや花粉など肌のアレルギーを起こす体質の方は、赤ら顔になりやすいと言われています。

赤ら顔の改善にはセラミド化粧水でたっぷり保湿!

先ほどご紹介したように、赤ら顔の人の多くが乾燥肌やアレルギー肌など、肌が敏感な方が多いです。そのためは、できるだけ肌に刺激を与えないようにすることが大切。敏感肌の刺激を抑えるために必要なのは「保湿」です。

どうして「保湿」が必要なの?

敏感肌にとって、肌の乾燥は大敵。乾燥した肌はとてもデリケートなので、ちょっとした刺激でもピリピリしたり痛みを感じてしまうことがあります。乾燥肌にニキビなどができてしまうと、ますます症状が悪化することにもなりかねません。
そのため、肌をできるだけ乾燥させない=「保湿」が重要になるんです。

赤ら顔に「セラミド」が良い理由

セラミドは肌水分の80%以上を占める「細胞間脂質」の主成分です。細胞同士をつなぐセメントのような役割をもっています。
加齢や日常生活など、さまざまな理由でセラミドが減少すると細胞同士のつながりが弱くなり、肌バリア機能が低下してしまうんです。つまり、赤ら顔の原因にも関係しているというわけです。
セラミドを補給して保湿力をアップさせると、赤ら顔の改善につながるとされています。

赤ら顔専用化粧水「ウルウULU」でオールインワン保湿ケア

日本ドライスキン研究所が販売している「ウルウULU」は、赤ら顔に特化した専用化粧水。モニター満足度98%と高い評価を得ていることから、SNSでも注目されているんです。「ウルウULU」とは、どのような化粧水なのか気になりませんか?

1本5役のオールインワン

ウルウULUは、導入液・化粧水・乳液・美容液・ふき取り化粧液の5役が1本でOK。洗顔後にできるだけ早く保湿したいという方にとって、オールインワン化粧水は強い味方ですね。

高いセラミド浸透力

医療用に開発された、浸透力の高い特殊なマイナスイオン水(特殊浸透水)に、セラミドをたっぷり溶かしています。肌に負担をかけることなく、角質層の奥深くまでセラミドを浸透させて肌に潤いを与えます。

人間の体内と同じ構造のセラミド5種が配合

セラミドは、もともと人間の体内に存在しています。「ウルウULU」には、そのセラミドと同じ構造の「ヒト型セラミド」が5種類配合されています。

セラミド1:バリア機能が低下をサポート
セラミド2:高い水分保持機能
セラミド3:シワに働く
セラミド5:バリア層をつくり保持する
セラミド6II:シミ、シワに働く

完全無添加

界面活性剤、防腐剤、鉱物油、香料、着色料などの添加物を一切使っていません。敏感肌でも安心して使える成分で作られています。

ユーザー満足度98%

「毛穴が気にならなくなり、ハリも出て絶好調」、「一日中モチモチ肌!」「こんなに肌の調子がいいのは学生ぶりかも」など、ユーザー満足度98%と高い評価を受けているウルウULU。気になる方は、ぜひ試してみませんか?

▶︎赤ら顔専用化粧水「ウルウULU」の詳細はこちら

【まとめ】赤ら顔は、セラミド化粧水で症状改善!

いかがでしたでしょうか?

今回は、赤ら顔とステロイドの関係やステロイドの副作用、赤ら顔の治療法などをご紹介しました。

なお、赤ら顔でお悩みの方にはヒルドイドローションやヒルドイドクリームというのも耳にしたことがあるかもしれません。

ヒルドイドローションやその副作用、使用のポイントなどは次の記事で詳しくご紹介しているのでご覧になってみてください。

さまざまな治療法の中から、ご自身に合ったものを見つけることが1番ですが、できるだけ副作用の心配をせずに症状を改善できたら良いですよね。肌の保湿力を高めるセラミド化粧水を活用して、顔の赤みを少しずつ和らげていきましょう。


<スポンサードリンク>

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!