1. TOP
  2. 健康
  3. 怖い酸蝕歯を予防する歯磨き粉はコレ!歯のエナメル質が溶ける症状と治し方、原因となる食べ物・飲み物は?

怖い酸蝕歯を予防する歯磨き粉はコレ!歯のエナメル質が溶ける症状と治し方、原因となる食べ物・飲み物は?

食後の歯磨きは欠かさない!虫歯もないから心配ない♪という女性は割と多いのではないでしょうか?でも、お手入れしていてもかかりやすいのが歯のトラブル。

冷たい物や熱い物を、飲んだり食べたりしたときに何だか歯がしみる。歯が薄くなった、黄ばんでいるように見える。そんな心当たりのある方は歯の3大疾患のひとつ「酸蝕歯」(さんしょくし)かもしれません。最近、女性の間でも増えているんですよ。

そこで今回は、酸蝕歯と虫歯の違い、酸蝕歯になる原因や治療法、酸を中和する方法や予防法、練り歯磨き選びのポイントなどをご紹介します!

酸蝕歯(さんしょくし)とはどんな症状?

こまめに歯医者さんに通っている人でも普段あまり耳にすることがないと言われる「酸蝕歯」とはどのような症状を指すのでしょうか?

酸で歯が溶けてしまう症状

食べものや飲み物に含まれる「酸」によって歯が溶けてしまう症状のことをいいます。酸が含まれている食べものはたくさんあるので、誰でも酸蝕歯になる可能性があるんですね。

歯の3大疾患のひとつ

酸蝕歯は、虫歯、歯周病と並び「歯の3大疾患の一つ」と呼ばれています。患者数も増加中で、注意すべき疾患として注目されています。酸蝕歯の患者数が増えている理由は、私たちの食生活に「酸」が取り入れられる機会が増えているからなんです。

健康や美容効果があることから、毎日お酢を飲んでいる女性も多いのではないでしょうか?私も黒酢が大好きですし、自家製レモン酢も作っています。

また、ビタミンC配合のドリンクなども多く飲まれていますよね。このような食生活をする人が増えていることから、酸蝕歯になる人も増加していると言われています。

虫歯と酸蝕歯の違いは?(原因や症状)

「歯が溶ける」と聞くと「虫歯?」と思いがちですが、虫歯と酸蝕歯は違うんです。

原因の違い

虫歯(う蝕)は、歯垢や食べかすなど歯の表面についた虫歯菌が、糖分(炭水化物)を栄養にして「酸」をつくり、その「酸」によって歯が溶ける病気です。酸蝕歯は、食べ物や飲み物などは口の外から入ってきた「酸」や、身体の中にある酸(胃液)によって歯が溶ける病気です。

症状の違い

虫歯は、虫歯菌が付きやすい歯の溝や歯と歯が隣り合う面、歯と歯茎の境目にできやすいです。一方、酸融歯は歯全体が薄く溶けます。歯の表面が透き通ってきたように感じたら、それは酸融歯かも知れません。

ポイント:原因と症状が違う
  • 虫歯:原因菌が甘いものを食べて酸を出すことが原因。歯の一部が溶ける。
  • 酸融歯:酸性のものを食べることが原因。歯全体が薄く溶ける。

酸蝕歯の原因は?歯磨きでエナメル質が削れてる

酸融歯は、酸や胃酸で歯のエナメル質が失われることで起こります。歯の表面にあるエナメル質は、元々は硬い組織ですが酸に触れると一時的に柔らかくなります。これを「脱灰」(だっかい)と呼びます。

その状態で歯磨きや歯ぎしりなどをすると、エナメル質が削れやすくなってしまうんです。この繰り返しで次第に歯全体が薄くなっていきます。

ですから「食べたらすぐ歯磨きさえすればオーラルケアはバッチリ♪」というワケではないんですよね。特に「なんだか歯が透けてきた気がする」という方は注意が必要です。

どんな食べ物や飲み物が原因?

酸を含む食べものや飲み物はたくさんありますよね。具体的に、どのようなものなのでしょうか?

酸融歯になりやすい食べ物・飲み物
  • 炭酸飲料
  • スポーツドリンク
  • フルーツジュース
  • 野菜ジュース
  • 梅干しなどの酢漬け食品
  • レモンなどの柑橘類
  • 酢を使った飲料・食品
  • ワイン、ビール、チューハイなどの酒類

毎日食べたり飲んだりしているという女性は、きっと多いですよね。
私も毎朝のように梅干しを食べますし、柑橘フルーツもワインも大好きです。

目安は「pH5.5以下」

単に「酸性の食べもの・飲み物」といっても、どれぐらい酸が強いのかを判断するのは難しいですよね。そこで目安にしたいのが「pH」(ペーハー)という値です。

歯のエナメル質が溶け出す酸性の強さが「pH5.5以下」だと酸融歯になりやすいと言われています。

食品・飲料のpH値
  • レモン:pH=2
  • コーラ:pH=2
  • 梅干:pH=2
  • 白ワイン:pH=2.30
  • 赤ワイン:pH=2.63
  • りんご:pH=3
  • 食酢:pH=3
  • 栄養ドリンク:pH=3

酸性が強いことで知られている胃酸はpH2なので、レモンと同じぐらい強いんですね。食事を選ぶ際にpHの値を何となくでも覚えておくと良いかも知れませんよ。

ところで、酸融歯を防ぐためには、これらの食べものや飲み物は一切摂ってはいけないのでしょうか?

酸を中和するのはコレ!

酸融歯の原因が酸性の食品なのは事実ですが、これらを食べたり飲んだりしたからといって、必ずしも酸融歯になるとは限りません。また、すべての食事から酸性食品を除くこともできませんよね。

酸は中和することで、酸融歯のリスクを防ぐことができるんです。

唾液の中和作用

唾液には口の中の酸を中和する働きがあります。ですから、酸性食品を食べている間に唾液がたくさん分泌されれば良いんです。

唾液の分泌を活発にさせるためには、「よく噛むこと」が大切です。酸性の食品を食べる時は、いつも以上に意識してみてはいかがでしょうか?

唾液の修復作用

唾液には、酸の中和だけでなく酸融歯を修復する作用もあるんです。初期の酸融歯は自分の体で治すことができるんですね。

食事以外にも酸融歯になる2つの原因

1) 逆流性食道炎

胃酸などが食道に逆流して、食道がただれたり潰瘍ができる逆流性食道炎は、酸融歯と深い関連があるとされています。

胃酸は強い酸性なので、胃酸が口の中に逆流すると酸融歯になってしまいます。

2) 妊娠

妊娠中は、唾液の性質が変化して分泌量が減ってしまいます。 先ほどご紹介したように、唾液の分泌が活発であるほど酸融歯のリスクは減ります。つまり、唾液が少なくなると酸融歯になりやすいんです。

また、つわりで嘔吐が続くと胃酸が口の中に逆流するので、その酸によって酸融歯を発症しやすいと言われています。

【セルフチェック】あなたの歯は酸融歯??

酸蝕歯によく見られる症状
  • 冷たい物や熱い物を、飲んだり食べたりしたときにしみる
  • 歯が薄くなり象牙質が透けて、黄色っぽく見える
  • 歯の角が丸みをおびて見える
  • 歯に艶がない
  • ライトで歯を照らすと歯が透けて見える
  • 歯の表面に小さいへこみがある
  • 詰め物や被せ物が取れやすい

当てはまる数が多い方は、酸融歯の可能性があります。早めに歯科を受診することをおすすめします。

酸蝕歯の治療法

ごく初期の酸蝕歯であれば、唾液による自然治癒力で治すこともできますが、上記のような症状がある場合は自力で治すことは難しいです。

原因や口の中の状態によって治療法は異なりますが、一般的には次のような治療を行います。

1) 歯を強化する

歯質を強化する薬剤を塗って、症状を緩和させます。

2) 詰めもの・かぶせものをする

虫歯の治療と同じように、溶けてへこんでしまった部分を補います。

3) 抜歯する

症状が悪化している場合は、抜歯するケースもあるようです。

4) 関連する病気を治療する

逆流性食道炎など、胃酸が多く出ることで起こる酸蝕歯は、根本となる病気の治療も必要になります。歯科で対応できない症状については、専門機関と連携を取って治療を並行することもあるようです。

酸蝕歯を防ぐ予防法5選

放置しておくと、歯の神経を傷めたり噛み合わせが悪くなる酸蝕歯。普段の生活習慣を見直すことで予防できるんですよ。

1) ダラダラ食べない・飲まない

口の中が長時間酸性の状態だと、酸蝕歯になりやすいです。ダラダラ食べたり飲んだりするのはやめましょう。

2) 歯磨きのタイミングに注意する

酸によって歯のエナメル質が柔らかくなった状態で歯磨きをすると、表面が削れてしまいます。酸性の食べものや飲み物を長時間摂った時は、食後30分ぐらいしてから歯磨きすると良いです。

私はすぐに磨かないと虫歯になる!と思い込んでいたのでこれから気をつけようと思います!

3) 食後に口をゆすぐ

酸性の状態が長く続くのが良くないので、食後に口をゆすぐのも効果があります。同じように、お茶や水などを飲んで酸を中和させるのもおすすめです。

4) バランスの良い食事を心がける

噛みごたえのあるもの、様々な味付けのものをバランス良く食べることで、唾液の分泌が活発になり酸を中和できます。

5) 歯質を強化する


フッ素やリカルデントなどの成分は、歯のエナメル質を強化する働きがあります。これらが含まれたガムやタブレットなどで歯質の強化をサポートしましょう。

私は普段タブレットを食べることが多いのですが、成分は気にしていなかったので、これからはフッ素やリカルデント配合のものを選びたいと思います。

歯磨き粉選び3つのポイント


食後の歯磨きが、場合によっては酸蝕歯を進行させてしまう可能性があります。そのリスクをできるだけ少なくするため、歯磨き粉選びも意識してみませんか?

ポイント1) 有効成分配合のものを選ぶ

酸蝕歯の予防に効果がある成分は以下のものです。

おすすめ成分
  • ハイドロキシアパタイト
  • フッ素
  • キシリトール
  • リカルデント(CPP-ACP)

これらが配合された歯磨き粉を選ぶと良いです。

ポイント2) 研磨剤の少ないものを選ぶ

研磨剤は、その名の通り歯を研磨して汚れを落とします。歯磨き粉によっては、歯の表面がざらざらするぐらい研磨するものもあります。酸蝕歯になると歯が薄くなるので、研磨力の強い歯磨き粉を使うとさらに歯が削れてしまうおそれがあります。

ポイント3) 仕上げ剤を使う

研磨剤の入っていないフッ素ジェルやマウスウォッシュなどを使うと、歯質の強化や虫歯予防にも効果があります。

ドラッグストアには多くの種類の歯磨き粉が売られています。成分などがよく分からない時は、お店の方や店舗の薬剤師さんに相談すると良いですよ。

【動画で紹介☆】正しいブラッシングで酸蝕歯を予防!

私は毎日きちんと歯磨きしているつもりだったのですが、この動画を見たら実は噛み合わせ部分や裏側がきちんと磨けていなかった!と愕然としました…。間違った磨き方や注意したいポイントが分かりやすく説明されているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ポイント
  • 毛先の柔らかい歯ブラシを使う
  • 力を入れずに磨く
  • 歯ブラシは小刻みに動かす

【まとめ】酸蝕歯は早めのケアで防げる!

いかがでしたでしょうか?酸蝕歯の原因となる食べものや飲み物、また予防法、正しいブラッシング方法などについてご紹介しました。

酸蝕歯によって薄くなった歯は、元通りに戻すことはできません。症状がひどくなると、抜歯しなければいけないケースもあるので毎日の食生活や生活習慣を意識して予防することが何より大切です。

また、酸蝕歯の初期症状は虫歯と似ていて区別がつきにくいため、気になる場合は早めに歯科に相談すると良いですね。

ちなみに、酸蝕歯だけでなく、虫歯や歯周病など口内の病気を防ぐ「口内フローラ」という対策をご存じですか?口内に善玉菌を増やすことで口内環境を整えれば病気にならないという対策で注目されています。

Pick Up ▶︎ 【NHKガッテン】口内フローラの改善と唾液分泌の増やし方11選☆歯周病対策の最新ワザ

Pick Up ▶︎ 【ためしてガッテン】口内フローラを改善☆緑茶うがいで歯周病を予防して口臭も治す♪

健康に過ごすためには、丈夫な歯でいることが大切です。いつまでも自分の歯でおいしく食事ができるように、毎日のケアを欠かさず続けましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!