1. TOP
  2. 除毛・脱毛
  3. 女性のお腹の毛をキレイに処理する方法3選!濃い原因と黒ずみにならない秘訣

女性のお腹の毛をキレイに処理する方法3選!濃い原因と黒ずみにならない秘訣

お腹の毛が気になってしまい、友達や彼氏とプールや温泉旅行に行けないと悩みを抱えてはいませんか。

お腹の毛は、本当に恥ずかしいし、おへそもあって処理しにくいし、ヘタに剃ると太く濃くなってしまいそうで怖いですよね。
いざ男性と関係をもつときにも絶対にキレイにしておきたいです。
ではお腹の毛はいったいどうやって処理するのが一番良いのでしょうか。

ということで、この記事では、お腹の毛をキレイにする方法、脱毛ダメージによる皮膚の黒ずみを予防する方法、お腹の毛が濃くなる3つの原因、剃る抜くはなぜ最悪なのかの理由などご紹介していきます♪

ぜひこの記事を参考に、ツルツルの美肌で自信をもてる自分になっちゃいましょう!

男性ウケ最悪?!お腹の毛はいつどんな風に見られている?


普段はお腹を人に見せる機会はありませんが、付き合っている彼氏にはセックスの時や一緒にお風呂に入るときに見られてしまいます。男性は女性のお腹の毛についてどう思っているのでしょうか。

男性は女性のお腹の毛をどう見てる?

男性は、女性が考えるほどはお腹の毛のことは気にしています。もし裸になったときに気づかれたら、ドン引きされると思って間違いないでしょう。男性でお腹の毛が生えていたらドン引きする女性も多いくらいですから、まして女性に生えていたら・・・ドン引いてしまう男性がいるのも納得できますよね。

多くの男性にとっては、女性のお腹の毛はなくて当然と思っています。

男性全てがそう思っているのでしょうか?

毛深い男性でも、女性のお腹の毛はかなり気にするはずです。とくに自分が毛深いからこそ、女性にはその逆を求めがちだからです。
また、毛の薄い男性の場合は、女性が毛深いとどうしても気になってしまうようです。

世の中の流行に敏感なおしゃれな男性も女性の毛が濃いのは苦手だと考える人もいます。それは、セレブの間では、VIOの脱毛をするのも当たり前、全身無毛にあこがれているからです。

やはりお腹の毛やムダ毛が多いのは「男性受けは最悪」であるととらえて間違いないでしょう。

ビキニも怖くない!お腹の毛をキレイに処理する方法3選


男性は、好きな女性に対してお腹の毛を気にします。気づかれたら一気に冷められて終わりです。
さらに、女性同士のほうがムダ毛の処理に関してはお互いをチェックしていたりしますよね。

温泉やプールも彼氏とだけ行くとは限りません。女友達とも気兼ねなくレジャーを楽しむために、ビキニだって怖くないようにお腹の毛をきれいに処理する方法を3つ紹介します。

1) 除毛クリーム


お肌に負担を掛けずに除毛するのにぴったりなのが除毛クリームです。カミソリで毛を剃るのも手っ取り早くて便利なようにも感じますが、カミソリ負けをしてしまうだけでなく、生えてくる毛がチクチクとしてしまうというデメリットがあります。

除毛クリームの優れているポイント

除毛クリームを使うと、毛を溶かしながら除毛を行うことが出来るうえ、毛抜きで抜いた時のような痛みもなく、毛が埋もれてしまうようなこともありません
ムダ毛のお手入れにかかる時間もわずかで済むのでおすすめは、除毛クリームです。

除毛クリームで使いやすい商品は?

除毛クリームはにおいがきつい、まんべんなく塗るのが難しいというイメージが定着している傾向にあります。
しかし、そんなイメージを一新したとても使いやすいと人気の除毛クリームがあります。それがdelemoです。

人気の除毛クリームdelemoの特徴
  • スプレータイプ
  • 毛穴にあるムダ毛の元をダイレクトに溶かす
  • お肌に優しい成分配合
  • 処理後に生えてきたジョリジョリ感とさよならできる

delemoのおすすめポイント1

スプレータイプの除毛クリームがdelemo(デリーモ)スプレータイプなので、自分では塗りにくいおへその下などお腹周り全体に使うのはもちろん、自分では処理しにくい背中の除毛にもぴったりなんです。

delemoのおすすめポイント2

毛穴に入り込みムダ毛を構成しているたんぱく質を溶かすことが出来るチオグリコール酸カルシウム配合なので、使い続けるうちにムダ毛処理の間隔が空いてきたという声が多い、効果を実感しやすい除毛クリームなんです。

delemoのおすすめポイント3

アロエエキスや加水分解コラーゲンといった美肌、消炎効果を持つ成分も配合されているので、処理した後のお肌もいたわってくれます。

delemoのおすすめポイント4

カミソリで処理をすると毛が生えてきたときにジョリジョリ感がありますが、ジョリジョリ感を感じなくて済むのもdelemoのメリットと言えます。
スプレーをして5~10分ほど待ち、洗い流すだけというのは、急な温泉やプール、デートの誘いでもさっと除毛できそうですね。

▶︎こちらをクリックして、デリーモの大人気のヒミツを詳しくチェックしてみる


2)家庭用脱毛器


自宅にあると安心できる脱毛アイテムのひとつに家庭用脱毛器があります。家電量販店などでも女性向け美容家電のコーナーに並んでいるので見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

本格的な脱毛をしたいけど、サロン行く時間はないし、サロンに行くのは恥ずかしいという人にぴったりなのが、家庭用脱毛器です。脱毛器にも毛を抜くタイプのものと、光を照射することで毛根にダメージを与え、するんと自然に毛が抜け落ちるようにするタイプがありますが、おすすめは断然後者のタイプです。

家庭用光脱毛器を選ぶならおすすめの商品は?

家庭用光脱毛器と呼ばれるものがおすすめです。
この光を照射するタイプのものも、様々なメーカーから発売になっていますが、やはり長年の信頼と技術が搭載されたケノンがおすすめです。

家庭用光脱毛器ケノンがおすすめの理由とは?

照射範囲が大きく一度に広い範囲に光を照射することが出来ます。肩ワキならたったの10秒程度でOKです。
脱毛エステに通うよりも安いだけでなく、自宅でケアできるので、全身脱毛も可能です。2週間に1度の照射でいいので面倒に感じずに行うことが出来ます。

家庭用光脱毛器を使う上でのデメリットは?

デメリットを挙げるとすれば、光を照射する前には、電気シェーバーやカミソリで毛を剃っておく必要があることです。

毛の生えてくる周期が遅くなった、気がついたら毛が薄くなっているというような変化を感じることが出来るのは個人差もありますが、早くても6ヶ月ほどは見ておく必要があります。

ただし、やはりケノンで処理した後は、毛が生えてくるときもチクチク、ジョリジョリ感はなく、少しずつ毛の量が減っていくのがわかります。
ケノンを使うのが楽しくなるという声が多いことは知っておきたいですね。

また、購入時に金額は多少かかりますが、エステよりはずっと安いですし、長く使えるので長期的に考えればグッとお得感があります。自己投資の考え方ができる方には、とても良い選択になるはずです。


家庭用脱毛器はメーカーによっても効果の違いがあるようなので、販売台数、信頼や実績のあるものを選ぶようにするのが後悔をしないためのコツと言えるでしょう。

▶︎こちらをクリックして、ケノンのクチコミをさらに詳しくチェックしてみる


3)脱毛サロン


時間とお金に余裕がある人におすすめなのが脱毛サロンです。
自宅や職場の近くに店舗があれば、通いやすくよいでしょう。しかし、店舗によっては、予約が取りづらいところもあるため事前に調べておく必要があります。

未成年の場合は、親の同意書が必要になることも覚えておきたいですね。ただ、脱毛サロンは、きちんと研修受けたプロによる施術なので安心できます。VIOの施術を行っているサロンもあるので、お腹の毛だけではなく、VIOまでの脱毛を考えている場合は、失敗が少ない事を考えると脱毛サロンを利用するのが良いでしょう。

ただし、数ヶ月の期間と、まとまった費用はかかります。
まずはお試しで通ってみるのがオススメですよ。

なぜ?お腹の毛が濃くなる原因3つ


お腹の毛だけを考えるととても分かりにくいのですが、女性であっても毛が濃くなるのはなぜでしょうか。毛が濃くなる原因を挙げてみます。

1)遺伝

両親が毛深く、自分自身も毛深い場合は、遺伝も考えられます。両親はさほど毛深くもないのに自分だけ毛深いと不安になることはありません。今の時代なので親も見えないところで脱毛しているのかもしれません。しかし、いくら遺伝とはいえ、子どもを産むことで体質が変わって毛が薄くなったという声も多く耳にしますので、あきらめる必要はありません。

2)男性ホルモンが多い

男性ホルモンが多いと言われるとショックを受けてしまう女性もいるかもしれません。腹毛は男性だと生えている人も多いですが、女性は男性に比べると少ないです。これはホルモンが関係していると言われています。

生理が乱れがちであったり、肌に潤いを感じない場合は、男性ホルモンの割合が増えている可能性があります。女性ホルモンと似た性質を持つ食べ物として有名な大豆製品を意識して摂取することで少しは改善するのではないでしょうか。

3)食生活が不規則

食生活が不規則と言われると、なんだか当てはまると感じる人はいるのではないでしょうか。食生活が不規則になると、どうしても体にストレスをため込みやすくなります。美容面でも睡眠はとても大切です。生活習慣が乱れるとホルモンバランスも崩れてしまいがちになるため、男性ホルモンが増えてしまうことにもつながります。

どうしてお腹の毛を抜く・剃るはNGなの?


お腹の毛が気になってしょうがないとき、ムダ毛の処理をどうやって行いますか。見える部分であるだけに、つい毛を抜いてしまう、カミソリで剃ってしまうということを行っていませんか。この方法はできれば避けたほうが良いです。

毛を抜く・剃るのを避けたほうが良い理由
毛を抜いてしまうと、次の毛が皮膚に埋もれて出てきにくくなることでしこりのようになってしまう毛嚢炎になってしまうこともあります。

カミソリで剃るのはとても手軽に行えますが、頻繁に行うことでカミソリ負けを起こしてしまい、肌荒れを起こしてしまうこともあります。またカミソリは皮膚を直接傷つけてしまうので、黒ずみの原因にもなってしまいます。

【悲報】脱毛後はダメージあり!ケアを怠ると黒ずみの原因に!

脱毛した後は、しっかり肌をケアしておく必要があります。
じゃないと、せっかくムダ毛ケアをしたのに、皮膚が黒ずんでしまう原因になるからです。

よく肌を掻きむしるのを繰り返しているうちにいつの間にか皮膚が黒ずみんでしまった経験ありませんか?
肌の黒ずみは、ムダ毛と同じくらい男性ウケも良くないので、黒ずみになる前にケアが必要です。

黒ずみの原因は、皮膚への刺激でメラニンが生成されてしまうこと。
だからこのメラニンの生成を抑えるケアをすれば黒ずみを予防・解消できます。

黒ずみケア・黒ずみ改善の続きは、こちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

黒ずみやチクチクにならない、抑毛クリームって?

カミソリを使っての自己処理は黒ずみの原因になったり、毛が伸びてきたときもチクチクしてしまうというデメリットがありますが、そういうことにならないための抑毛クリームがあるのを知っていますか。

黒ずみの原因やチクチクしない抑揚クリームとは
このような抑毛クリームは、毛が生えてくる周期を遅らせるように働きかける、毛穴を引き締めるといったものが多く、ムダ毛を減らすことに即効性を求めている人には向いていません

即効性はない代わりに、エステや家庭用脱毛器に比べて圧倒的に安価なコストで済みますし、少しずつムダ毛が減って薄くなっていると感じられるでしょう。

オススメは、除毛クリームの後のお肌のケアに抑毛クリームを使うこと。
併用することで、黒ずみやチクチクを抑え、ムダ毛が気にならないお肌へと導いてくれるものだと考えるとよいでしょう。

▶︎こちらをクリックして、洗うだけで毛がだんだん薄くなる抑毛せっけんを詳しくチェックしてみる


毛深い自分にサヨナラ!食生活や生活習慣を見直そう


毛深いとそれだけでなんだか損しているような気持ちになってしまいます。男性ホルモンを減らすためには、食生活を見直すことが大切です。

しっかりとした睡眠時間を確保するために規則正しい生活を送るように心がけることも大切です。ストレスをため込まないようにすること、たばこやお酒はできる限り控えるようにしましょう。

食事は、男性ホルモンの生成を促すような肉類やニンニクなど勢力が付きそうなものを減らすよう心掛け、女性ホルモンの生成を促すような大豆製品などを意識して摂取するようにしたいですね。大豆製品は、カロリーが低く、高たんぱくなので低糖質ダイエットでも人気のある食材なんですよ。

この記事の読者によく読まれている関連記事

まとめ


お腹の毛をキレイに処理する方法を紹介しました。お腹の毛をキレイに処理するには、根本的には食生活や生活習慣の見直しが大切です。効果を感じるまでには時間がかかるのは当然ですし、個人差もあることを考えると確実性があるとは言いきれないのも事実です。しかも、すぐにムダ毛が全部なくなってしまうわけではありません。

やはり確実にキレイに除毛するには、最初に紹介した除毛、脱毛方法がおすすめです。中でも急なときにでもすぐに除毛できる除毛クリームを使った除毛方法による除毛が一番オススメです。除毛クリームでしっかりとムダ毛をケアして、ムダ毛に悩む生活とはサヨナラしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もよく読まれています♪

  • 女性の髭(ひげ)を薄くする方法【決定版】濃い青ひげにもう悩まない!

  • 女性の髭(ひげ)の剃り方で知るべき5つの真実!失敗して後悔しない処理方法とは

  • 女性のヒゲ・鼻の下の産毛の自力でキレイに除毛する方法4選!生える原因とオススメ除毛クリーム

  • 女性のおへそ周りの毛・腹毛の自宅セルフ処理方法4選!生える原因とオススメ除毛スプレー