1. TOP
  2. 歯周ポケットの深さを改善する歯磨き粉と歯ブラシはコレ!歯周病と口臭を予防しよう♪

歯周ポケットの深さを改善する歯磨き粉と歯ブラシはコレ!歯周病と口臭を予防しよう♪

歯周ポケットは、あのやっかいな歯周病と深く関わっているとご存知ですか?最近、口臭がひどくなった気がするという方は、もしかしたら歯周ポケットが原因で、歯周病が進行している可能性があります。なんと日本人の成人の約8割が歯周病またはその予備軍と言われていますから他人事ではありません。

その歯周病と口臭を予防するためには、まず歯周ポケットを改善することが大切!と注目されいるんです♪

そこで今回は、歯周ポケットとは何なのか?歯周ポケットが深くなる原因、症状やデメリット、歯周ポケットの深さはどのようにチェックするのか?

また、歯周ポケットを改善・予防する方法、歯周ポケットに効果的な歯磨き粉と歯ブラシ、正しい歯磨きの仕方や、改善するまでにかかる期間などをご紹介していきます。

歯周ポケットとは?深くなる原因は?


まずは、そもそも歯周ポケットってどの部分のことをいうのか?歯周ポケットが深くなる、主な原因には何があるのかをみていきましょう。

歯と歯茎の境目の溝が深くなる


私たちの歯と歯茎の境目には溝があり、健康な状態では歯に歯茎がピタッと密着し、外部から細菌が入るのを防ぎます。

しかし、歯と歯茎の周りに細菌が溜まり歯茎の腫れを引き起こすと、隙間ができて溝が深くなり、ポケットのように袋状になってしまうのです。

一番の原因は細菌のかたまり歯垢

歯周ポケットが深くなる最も多い原因は、細菌のかたまりである歯垢(プラーク)が、歯と歯茎の周りに残っていること。やがて、歯茎が腫れて歯周ポケットを作りだします。

また、歯医者さんで治療した後のかぶせ物が合わない場合も、隙間に歯垢が溜まりやすくなり、歯周ポケットの原因になってしまうことも。

その他に、歯ぎしりによる歯の揺さぶりも、歯と歯茎に隙間ができて細菌が入りやすくなり、歯周ポケットの原因になるといわれています。

歯垢が溜まりやすい場所ってどこ?

歯垢は、唾液がゆき届きにくい箇所に溜まりやすい特徴があると言われています。そして、歯磨きで取り除きにくい部分でもあるので、意識して丁寧に歯磨きする習慣をつけることが大切になります。

歯周ポケットが深くなる原因
  • 細菌のかたまり「歯垢(プラーク)」が残っている。
  • 歯科医院で治療した後のかぶせ物が合っていない。
  • 歯ぎしりによる歯の揺さぶりも歯と歯茎に隙間を作る。

歯周ポケットが深いとどんな症状やデメリットがある?


歯周ポケットが深くなる前に、早めに対策をすることが大切です。それはなぜか?歯周ポケットが深くなった時に現れる、嫌な症状やデメリットをみていきましょう。

1) 歯周病のはじまりのサイン

実は、歯周ポケットは歯周病のはじまりのサインになります。歯周ポケットが深くなっても放っておくと、最終的に、歯を支えている歯の周りの骨が溶け始めるなど、歯周病の症状が悪化していく恐れがあります。

若いから大丈夫!なんてことはなく、上のグラフのように20代から歯周病にかかり始めている人が多く、日本人の30代以降では、なんと!80%以上もの人が歯周病にかかっているそうです。他人事ではないことが分かりますね。

2) 細菌が溜まりやすくなる

歯周ポケットが深くなればなるほど、歯と歯茎の間がブカブカした状態になり、普通に歯を磨いていてもポケットの奥の汚れまで取り除くことができず、細菌が溜まりやすくなります。

やがて、歯周ポケットが細菌の住処となってしまいます。また、残ったままのプラークが石灰化し歯石になってしまうと、さらに除去しにくくなり歯周病のリスクを高めます。

3) 歯茎に炎症が起こり出血

歯周ポケットが深くなると、歯茎が腫れて、むずがゆさを感じたり、歯磨きの時に出血するなど歯茎に炎症が起こります。これは、歯周病の初期症状の一つであるといわれている歯肉炎になっている状態です。

4) 腐敗臭のような強烈な口臭

歯周ポケットの中に細菌や取り除けなかった汚れが溜まると、歯周ポケットがさらに深くなっていきます。深くなると膿が溜まり続け、腐敗臭のような強烈な口臭がでることも。

5) キンッと歯がしみる知覚過敏

歯周ポケットが深くなり、歯周病が進行すると、歯茎が下がり歯の根元がむきだしになることで、冷たいものや熱いものがキンッとしみる知覚過敏になりやすくなります。

6) 歯周病が悪化して歯がぐらつく

歯周ポケットが深くなったまま放置しておくと、やがて歯周病の症状が悪化して、歯がぐらつくといった、重度の歯周病の症状を引き起こす可能性があります。

歯周ポケットが深いとどんな症状やデメリットがある?
  • 1) 歯周病のはじまりのサイン
  • 2) 細菌が溜まりやすくなる
  • 3) 歯茎に炎症が起こり出血
  • 4) 腐敗臭のような強烈な口臭
  • 5) キンッと歯がしみる知覚過敏
  • 6) 歯周病が悪化して歯がぐらつく

歯周ポケットの深さをチェック


続いて、歯科医院での歯周ポケットの測定の仕方や、歯周ポケットの深さと歯周病の関係についてみていきましょう。

歯周ポケットの測定方法

歯医者さんでは、歯周ポケットの深さを専用の器具を使って測定します。細い針のようになった器具には、1mm単位でメモリが付いているそう。

その器具を用いて、一般的に1本の歯に対してグルッと6箇所の部分を測るようです。これは、1本の歯でもポケットの深さが一定とは限らないからですね。

深さで歯周病の進行具合がわかる


測定した結果、歯周ポケットの深さで歯周病の進行具合の目安が分かるようです。2mm以上にならないように、早めのケアが大切ですね。

歯周ポケットを改善・予防する5つの方法


セルフケアで歯周ポケットを改善、予防する方法をご紹介していきます。歯周ポケットの深さが気になる方も、予防を心がけたい方もぜひ参考にしてくださいね。

1) ブラッシングやフロスで細菌を減らす

口の中には、細菌がウヨウヨいます。細菌は歯周病の他に虫歯の原因にもなります。そこでまず大切なのが、正しいブラッシングで細菌を減らすこと。歯磨きの正しいやり方は、下記でご紹介しますのでチェックしてみてくださいね。

また、ブラッシングだけでは除去できない汚れは、フロスなどを使って、歯と歯茎の溝の浅い部分まで入れて汚れを掻き出すことも大切です。

2) 歯と歯茎の隙間は歯間ブラシで掃除

歯と歯茎の隙間に入り込んだ歯垢は、歯間ブラシを使ってきれいに掃除しましょう。特に歯の隙間に広めの箇所がある方や、歯茎の調子が悪く歯周病のけがある場合に効果的です。

筆者が歯医者さんに行った時に、歯科衛生士さんに聞いた話ですが、歯間ブラシを毎日の夜の歯磨きにプラスすることで、歯茎の引き締め効果があるそうです。

最初は、歯間ブラシをやるたびに、歯茎から血がいっぱい出てきますが、その血は膿を含んだ悪い血なので出した方が良いとのこと。毎日、繰り返しやっていると。徐々に血が出なくなって歯茎が引き締まってきます。

逆に血が出ない場合は、健康な歯茎だとも考えられますね。

ポイントは、自分の隙間に合ったサイズの歯間ブラシを選ぶこと。歯間ブラシが入らない部分は、無理に入れないようにすることです。

3) 朝夜2回歯磨き!夜は磨き残しないように

歯磨きは1日に何回するのが良いのでしょう?回数が多くても、磨き残しがあったら意味がありませんし、少なすぎるのも細菌を増やす原因になりそうですよね。

そこで、1日に1回でもいいので、正しい方法で磨き残しのないように、丁寧に歯磨きすることが大切だといわれています。

そのため、毎日の習慣として続けやすい方法は、1日に2回朝と夜に磨いて、比較的時間のある夜に、きちんと歯磨きするのがベストだといえます。

4) タバコはNG!歯周病の進行を促す

タバコは、体の健康に悪影響がたくさんあるということは、ご存知の方は多いと思いますが、口内環境にも悪影響をもたらします。

タバコは免疫力を低下させるので、歯周病の進行を促す原因になる恐れがあります。

5) 歯科医院を受診することも大切

まず、一度歯科医院を受診して、歯と歯茎の状態を検査してもらうことも大切です。歯周ポケットの奥に入った歯垢の他に、自分では取れない歯石もきれいに除去してもらいましょう。

また、改善した後も、再発させないように定期的に受診して、チェックしてもらうと安心です。

歯周ポケットを改善・予防する5つの方法
1) ブラッシングやフロスで細菌を減らす
2) 歯と歯茎の隙間は歯間ブラシで掃除
3) 朝夜2回歯磨き!夜は磨き残しないように
4) タバコはNG!歯周病の進行を促す
5) 歯科医院を受診することも大切

歯周ポケットに効く歯磨きの正しいやり方

歯周ポケットを深くしないためには、磨き残しを防ぐことが大切です。正しい方法で歯垢を除去し、歯周ポケットを改善しましょう。

1) 歯ブラシの持ち方はペンを持つように

ゴシゴシ強く磨いてしまうのはNG。歯ブラシの毛先が曲がって歯垢を除去しにくくなる上に、歯茎を傷つけたり歯の表面も傷つけることに。

そこで、ほどよい力で磨くには、歯ブラシをペンの持ち方にすることです。いつもゴシゴシ磨きの方がこの持ち方に変えると、今までかなり力を入れて磨いていたことに気付くはず。

2) 磨く順番を決めておく

磨き残し防止には、自分がやりやすい順番でいいので、歯を磨く順番を決めておくといいでしょう。

3) 小刻みに動かして磨く

歯を磨く時は、ザッと2、3本まとめて磨くのではなく、1本1本丁寧に磨くつもりで、横に小刻みに動かしながら磨くことが大切です。

4) 45度の角度で歯と歯茎の境目を磨く


歯と歯茎の境目の溝に歯ブラシの毛先が入るように、歯ブラシを45度の角度であてて小刻みに横に動かしながら磨くと、歯垢が落としやすくなります。

また、歯茎へのマッサージ効果もあるので、弱った歯茎を引き締める効果も期待できますよ。

5) 前歯の裏側は歯ブラシを縦にして磨く

前歯の裏側は、歯石がつきやすい部分だといわれているので、丁寧に磨くことが大切。歯ブラシを縦にしっかりあてて磨いたり、ブラシの角を使って磨くと汚れを落としやすいです。

6) 奥歯は歯ブラシを横にして磨く

奥歯の側面や後ろ側は、歯ブラシを横にあてて磨いたり、歯ブラシの先端を使って磨くようにしましょう。

歯周ポケットに効く歯磨きの正しいやり方
1) 歯ブラシの持ち方はペンを持つように
2) 磨く順番を決めておく
3) 小刻みに動かして磨く
4) 45度の角度で歯と歯茎の境目を磨く
5) 前歯の裏側は歯ブラシを縦にして磨く
6) 奥歯は歯ブラシを横にして磨く

歯周ポケットに効く歯磨き粉と歯ブラシの選び方


市販されている歯磨き粉や歯ブラシには様々な種類がありますが、歯周ポケットを改善するにはどのようなものを選んだらいいのでしょう?ここからは、選び方のポイントを紹介していきますので、参考にしてくださいね。

歯磨き粉の選び方のポイント

歯周ポケットの深さを改善するには、歯茎引き締め効果や、歯周病に対する予防または改善効果が謳われているもの、歯周病菌を殺菌する成分が配合されているもの、歯茎の腫れなどを抑える抗炎症作用のあるものを選ぶようにしましょう。

また、歯周病が進行している場合には、研磨剤が入っているタイプはNG。歯茎が下がることで、むき出しになった柔らかい象牙質を傷つける恐れがあります。

象牙質は虫歯になりやすい部分でもあります。むき出しになった象牙質には、虫歯予防効果のある、フッ素が配合されたタイプがおすすめです。

歯周ポケットに効く歯磨き粉の選び方のポイント
  • 歯茎引き締め効果のある歯磨き粉
  • 歯周病に対して改善や予防効果がある
  • 歯周病菌を殺菌する効果がある
  • 炎症を抑える抗炎症作用があるもの
  • 研磨剤無配合でフッ素配合のもの

歯ブラシの選び方のポイント

歯周ポケットは歯周病のはじまりのサインだと上記でお伝えしました。そのため、歯周ポケットの深さを改善するには、歯周病ケアに適した歯ブラシを選ぶようにすることが大切。

歯周ポケットの一番の原因、細菌のかたまりである歯垢(プラーク)をかき出しやすいのは、毛先が細めになっている形状のものです。

歯ブラシのサイズは、ヘッドが小さめの方がすみずみまで磨きやすいですよ。また、歯茎が腫れたり炎症を起こしている時は、毛のかたさは柔らかめがベストだといわれています。

歯周ポケットに効く歯ブラシの選び方のポイント
  • 毛先が細めになっているもの
  • ヘッドのサイズは小さめ
  • 毛のかたさは柔らかめがベスト

改善するまでにどのくらい期間がかかる?


歯周ポケットの改善までにかかる期間の目安や、自分でセルフケアできる範囲などをみていきましょう。

2mm以下なら3週間程で改善が期待

2mm以下の浅い歯周ポケットなら、歯ブラシやフロス、歯間ブラシを使ったセルフケアで、歯周ポケット内の歯垢を取り除くことが可能です。

毎日、歯と歯茎の隙間を丁寧に磨くことで徐々に歯茎が引き締まり、3週間程で歯周ポケットの改善が期待できるといわれています。

3mm以上は歯科医院を受診しよう

3mm以上の歯周ポケットになると、歯ブラシの先が届かず、セルフケアで歯垢を取り除くことが難しくなってきます。

そのまま放置しておくと、歯周ポケットがどんどん深くなっていく恐れがあります。歯医者さんを受診して、進行しないように処置してもらいましょう。

【まとめ】歯垢をしっかり除去して歯周病と口臭予防!


いかがでしたか?

ここまで、歯周ポケットってそもそも何なのか?歯周ポケットが深くなる原因、症状やデメリット、歯周ポケットの深さはどのようにチェックするのかまた、歯周ポケットを改善・予防する方法や、歯周ポケットに効果的な歯磨き粉と歯ブラシの選び方、正しい歯磨きの方法、改善するまでにかかる期間などをご紹介してきました。

歯周ポケットの改善には、一番の原因である歯垢を、毎日の歯磨きできちんと落とすことがなによりも大切ですよ^^

ちなみに、歯周病ケアで話題の「口内フローラ」というのをご存じですか?口内には無数の善玉菌と悪玉菌が存在しますが、善玉菌が多い状態を作ることで虫歯や歯周病、口臭を防げると注目されています。NHKの人気番組「ためしてガッテン」でも特集されたほど♪

口内フローラで善玉菌を増やす方法、唾液分泌を効果的に促す方法など次の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

体の健康は健康な歯と口内環境から!歯周病と口臭を予防するために、歯磨き粉と歯ブラシを上手に選んで、正しい方法で毎日歯磨きをするように心がけましょう♡ 不安なく大好きな恋人や家族・友人との会話を楽しむためにも、ぜひ今日から始めてみませんか^^

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!