1. TOP
  2. 黒目がちって何?簡単に黒目を大きくする方法5選!カラコン術や大きさの平均は

黒目がちって何?簡単に黒目を大きくする方法5選!カラコン術や大きさの平均は

美人の条件の一つ!といっても過言ではない「黒目がち」。くっきりとした大きな黒目の女性は、魅力的でとっても可愛い方が多いですよね。私も黒目がちになりたいけど、生まれつき黒目が小さいから無理…なんて、あきらめている女性も少なくないはず!

そこで、今回は、黒目がちってそもそもどんな目なのか?日本人の黒目の大きさの平均や、黒目が大きく見える人とそうでない人の違い、遺伝も関係あるのかな?っていう疑問や、実際に黒目を大きくすることはできるの?などについて解説していきます。

また、天然で黒目が大きいと思われる美人芸能人や、黒目を大きくする方法5選、筆者のオススメの方法などもご紹介♪

憧れの黒目がちに近づくために、ここをぜひ参考にしてみてくださいね。

黒目がちってどんな目?


「黒目がちだと可愛いよね!」「黒目がちだから可愛い♪」などとよく言われ、”私も黒目がちになりたいっ”て憧れている女性は多いですよね。でも、そもそも黒目がちってどういう目なのでしょう?まずはその点からみていきましょう。

黒目の面積が大きくて白目が少ない

黒目がちの目は、黒目の面積が大きくて、白目部分が少ない愛らしい印象の目をいいます。また、黒目が大きいため、正面を見ている時に、黒目の上側と下側のラインが見えない目も、黒目がちの特徴の一つではないでしょうか。

黒目がちは、三白眼とは真逆の印象ですね。三白眼は、黒目より白目の部分が多く、左右と下に白目が見えることでこう呼ばれています。三白眼はクールでミステリアス、そしてセクシーな印象がありますが、目つきが悪い、怒ってるように見えるなどといったマイナス面もあります。

一方、黒目がちは、目が大きくて可愛い、優しい感じ、癒し系、人懐っこく見えるなどの印象から、圧倒的に男性ウケも良く、あまりマイナス面がないように感じます。

可愛くみえる瞳の黄金比率は?

一般的に可愛くみえる瞳の黄金比率は「1:2:1」だと考えられています。

でも、日本人の場合「1:1.5:1」が多いそうです。ほんの少しの差で、みえかたが変わってしまうということですね。

黒目がち美人の芸能人をチェック!

では、カラコンとかではなく、天然で黒目が大きいと思われる美人芸能人を紹介していきます♪

■山本美月

ぼしゃぼしゃ。 久々こちゅめ。 #女の子に戻ったよ #kotsume

A post shared by MIZUKI YAMAMOTO (@mizuki_yamamoto_official) on


山本美月さんは、黒目が大きく目がパッチリくりくり。そのうえ、涙袋もパンパンのモテ顔女子です♡

■柴咲コウ

撮影が終わったよ〜 お疲れさまでした♡ #shooting #done #happyhour

A post shared by 柴咲コウ Ko Shibasaki (@ko_shibasaki) on


大きな目が印象的な柴咲コウさんも、黒目が大きくてハッキリしています。文句なしの美人顔。

■堀北真希

堀北真希さんは、特に黒目が大きい印象がありますね。目が大きいことで、さらに小顔に見えます。

■広瀬すず&広瀬アリス

広瀬すずさんと、広瀬アリスさんは姉妹揃って黒目がち。ぱっちり大きな目が、お人形のように可愛い美人姉妹です♪

■橋本環奈

大きな目と、瞳のカラーが印象的な橋本環奈さん。ブラウンのカラコンをつけているかのように見えますが、実は裸眼とのこと。キレイな目でうらやましい♡

黒目の大きさについて知っておきたい3つの事!


では、続いて、日本人の黒目の大きさの平均や、黒目は成長するのか?黒目が大きく見える人と、そうでない人の違いなどを紹介していきますね。

1) 日本人の黒目の大きさの平均

いろいろ調べてみますと、ある番組で、日本人の黒目の大きさは、女性、男性、年齢問わず、平均約11〜12mmだと判明されたそう。

また、なんと!黒目のサイズ自体は、人それぞれ違うのではなく、ほぼみんな同じだと言われています。しかも、世界的に比べてみると、比較的大きめのようですよ。

ただ、日本人の黒目の大きさがほぼ同じだとしても、やっぱり黒目がちの人は、平均より少し大きめなのかもしれませんね…というのが、筆者の主観です。

それは、平均で約11〜12mmということは、平均より少し大きい12.5mmや13mmの人もいるということですよね?ということは、例えば、11mmの人と12.5mmや13mmの人を比べたらかなり印象が変わるのでは?という考えからです。

2) 赤ちゃんの時から大きさは変わらない

黒目の大きさは、赤ちゃんの時から大人になっても変わらず、身体の成長と共に、黒目も大きくなっていくという事はありません。

でも、赤ちゃんの時は黒目がちに見えることが多いですよね。これは、顔のパーツが大人より小さいので、黒目が大きく見えるという訳ですね。

3) まぶたを開く筋力が黒目の大きさに関係!

どうやら、黒目がちに見える人と、そうでない人がいるのは、まぶたを開く筋力が関係しているようです。まぶたを開けたり閉じたりする働きをする筋肉は、目のまわりをぐるりと囲んでいる「眼輪筋」です。

この眼輪筋の筋力が強い人ほど、まぶたがしっかり持ち上がるので黒目が大きく見えるそうです。

逆に、眼輪筋の筋力が弱い人は、まぶたを持ち上げる力が弱くなります。そのため、まぶたが下がり、本来なら見える部分の黒目が隠れてしまっていることが原因で、黒目が小さく見えてしまうと考えられています。

黒目の大きさについて知っておきたい3つの事!
1) 日本人の黒目の大きさの平均は約11〜12mm
2) 赤ちゃんの時から大きさは変わらない
3) まぶたを開く筋力が黒目の大きさに関係!

黒目は遺伝?大きくできるの?


よく、「黒目がちはお母さん譲りだね」とか、普通に会話で聞く事もありますが、果たして遺伝は関係あるのでしょうか?また、黒目を大きくすることはできるのか?についてお伝えしていきます。

遺伝は関係ないというのが有力説!?

上記でご紹介したように、黒目のサイズ自体は、ほぼみんな同じなので遺伝は関係ないと言われています。

でも一方では、親御さんのどちらかが黒目が大きい場合に、生まれた子供の二人の内、一人の子は黒目が明らかに大きく、もう一人の子は普通の大きさというケースもあるようです。このことから、遺伝が関係しているとも考えられますね。

ちなみに、黒目が大きくて、普通のサイズのコンタクトレンズでは合わないため、コンタクトレンズを特注しているという方もいらっしゃるようですよ。

黒目を大きく見せることは可能

さて、では黒目を大きくすることはできるのか?が気になるところですね。結論から言うと、残念ながら黒目自体を大きくすることは不可能です。

でも、黒目を大きく見せることは可能です♪下記でその方法をご紹介していきますので、ぜひご覧になってくださいね。

黒目を大きくして可愛くなれる方法5選!


ここからは、黒目を大きくする方法を5つご紹介していきます♪ご自身にピッタリな方法を、ここを参考に見つけてみてくださいね。

1) カラコンやサークルレンズで瞳を大きく


まず、一番手っ取り早く、黒目を大きくできる方法はなんといっても「コンタクトレンズ」。

瞳そのものの色も変えて、デカ目にしたい!という場合はやっぱり「カラコン」。ファッションや気分に合わせて、豊富なカラー展開の中からチョイスできます。レンズの着色直径が14mm程のタイプを選べば、目力がかなりUpしますよ。

そこまで大きくしたくない!ナチュラルな感じがいい!という方には、裸眼をひとまわり大きく見せる、着色直径13mm程がおすすめです。

その場合、サークル状に、ブラック系やブラウン系カラーでフチが入っている「サークルレンズ」と呼ばれるタイプを選べば、自分の瞳を活かしつつ、黒目を自然に大きく見せることができます。

2) アイメイクで印象的な大きな黒目に


カラコンには、ちょっと抵抗がある…という方や、カラコンを卒業して裸眼で勝負したい!という方は、アイメイクで黒目を自然に大きく見せてみてはいかがでしょう。

ここでは、基本のアイラインと、マスカラで手軽に黒目を大きく見せる方法をご紹介しますね。

黒目を大きく見せるアイラインの入れ方
1) 上まぶたの粘膜にアイラインを入れる。
2) 目頭から目尻までマツゲの隙間も埋めることが大切。
3) 黒目の上部分を少し太めに入れると黒目が大きく見えます。
4) 下まぶたは全体に入れず、黒目の下部分だけに入れる。

下まぶたにアイラインを入れるポイントは、粘膜に入れてマツゲの隙間を埋めたら、仕上げに綿棒などで少しボカすと自然になります

アイラインは、ジェル状のペンシルタイプだと滲みにくい上に、かなり自然に黒目を大きく見せれますよ。

筆者のおすすめは、ケイトのスリムジェルライナーペンシル。ブラックとブラウンがあるのですが、ナチュラルに見せたいなら断然ブラウン。

極細ペンシルなので、細いラインも簡単に入れれて、なんといっても芯が絶妙に柔らかいので、粘膜にも引きやすいですよ。また、涙や汗で滲むこともほぼありません。しかもプチプラ!かなりお気に入りなので、ずっとリピしてます。ぜひ試してみて欲しい優秀アイテムです♡

黒目を大きく見せるマスカラの塗り方
1) 上まつ毛全体にマスカラを塗る。
2) 更に、黒目の上部分にタップリとマスカラを塗る。
3) 下まつげ全体にマスカラを軽く塗る。
4) 更に、黒目の下部分にマスカラを軽く重ね塗りする。

ポイントは根元からしっかりと塗ること。上まつ毛は、持ち上げるように上向きに塗ってもいいですし、最近ブームの、ビューラーを使わない「すだれマツゲ」のように、下向きに塗っても同様の効果がありますよ。

3) 目の周りの筋肉を鍛えて黒目をハッキリ!

上記で、まぶたを開く筋力が強い人ほど、黒目が大きく見えるとご紹介しましたように、目の周りの筋肉を鍛えれば、まぶたがグッと上に上がることで、目をパッチリ大きく見せ、黒目を際立たせることも可能です。

そこで、眼球を支えている眼輪筋を鍛える体操で、まぶたを鍛えてみてはいかがでしょう。動画を参考に、ぜひ試してみてくださいね。

眼球を支えている眼輪筋を鍛える体操
1) 顔をまっすぐ正面に向ける。
2) 眉を上げないようにして、目を見開く。
3) 目線だけゆっくり右に動かす。
4) この時、視線を下に向けないように注意しましょう。
5) 続いてゆっくり目線を上に動かします。
6) 次に、目線をゆっくり左に動かします。
7) この動きをワイパーのように動かし3往復する。

4) マッサージで目をパッチリ大きくする

目をパッチリ開かせるために重要な筋肉「眼輪筋」をきちんと働かせるためには、目の周りの血流を良くすることが大切だそう。簡単にできる方法をご紹介しますので、チャレンジしてみてくださいね。

マッサージで目をパッチリ大きくする方法
1) 親指と人差し指を使って、眉毛をつまんでいきます。
2) 眉頭から眉尻に向かってギュッギュッとほぐしていきます。
3) この方法で左右の眉毛をマッサージしましょう。

5) 美容整形で黒目を大きくできる!?


美容整形で黒目を大きくできるなんて、最近の整形技術はそこまできたか!と驚きながら調べてみたところ、どうやら、黒目自体を大きくするのではなく、目を開ける筋肉を引き締めたり、上に上がった黒目を下げることで、黒目を大きく見せるという方法があるようです。

この方法は、メスを使わなくてもできるらしく、施術を行ったことがバレにくいという人気の方法のようです。

でも、どんな整形にも多かれ少なかれ、必ずリスクは付きものです。整形に踏み込む際は、慎重にクリニックを選んでドクターと十分に話し合い、自分自身が納得した上で行うことが大切です。

筆者のオススメの方法!


黒目を大きくする方法をいろいろご紹介してきましたが、筆者の主観では「カラコンやサークルレンズ」が一番良いのではないかと思います。やはり、黒目がちに憧れている方は、黒目自体を大きくしたいと考えている方が多いですよね?

筆者の考える最良の方法
黒目を大きくしたい!という願いを叶える最もコスパと効率の良い方法は、コンタクトレンズを上手く活用する以外なさそうだと筆者は考えます。カラコンやサークルレンズなら、手軽にデカ目を演出することができて、レンズの着色直径も好きなサイズを選ぶことができます。

とはいっても、大きすぎる黒目も考えもの。一歩間違えると、不気味な雰囲気になってしまったり、男性ウケも悪くなってしまいます。選ぶ際は、さりげない大きさを意識してモテ女子を目指しましょう♡

また、カラコンやサークルレンズはネットなどで安く購入できますが、安いものほど安全性が問われます。最近では、カラコンによる目のトラブルも多くなっているようです。そのため、信頼できるメーカーのコンタクトレンズを使用することが大切です。

まとめ:ほどよく自然に見える黒目がちが可愛い♡


いかがでしたか?

ここまで、黒目がちってそもそもどんな目なのか?日本人の黒目の大きさの平均や、黒目が大きく見える人とそうでない人の違い、遺伝も関係するのか?、実際に黒目を大きくすることはできるのか?などについて解説してきました。

その他に、天然で黒目が大きいと思われる美人芸能人や、黒目を大きくする方法5選、筆者のオススメの方法なども合わせてご紹介してきました。

やっぱり、黒目自体を大きくすることはできないけれど、黒目を大きく印象的に見せる方法はいろいろありますね。黒目が大きい女性は魅力的で可愛い方が多いけれど、そうでない女性でも美しい方はいっぱいいらっしゃいます。

黒目がちに、こだわりすぎてしまうと、カラコンもどんどん大きいサイズを選びがちになってしまう場合もありますが、ここを参考に、ご自身の魅力を活かして、ほどよく自然に見える黒目がちを目指してみてはいかがでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!