1. TOP
  2. 健康
  3. 【平熱35℃台の低体温が怖い】基礎体温が低く上がらないと不妊娠や病気の原因に?

【平熱35℃台の低体温が怖い】基礎体温が低く上がらないと不妊娠や病気の原因に?

あなたは、自分の体温を気にしていますか?平熱が35℃台なら低体温!放置していると病気になりやすい、妊娠しにくいなどの悪影響が出てしまいます。でもたった1℃基礎体温を上げるだけで、ダイエットや健康に始まって、美肌や老化まで、女性にとってプラス効果は計り知れません。

ということで、今回は低体温の原因と悪影響の怖さ、簡単に基礎体温を上げる方法、ダイエットや妊娠との関係などをご紹介します。

低体温って何度から?日本人の平均体温は何度?

shutterstock_96553270
人は朝、起きた時の体温が低く、午後に向かって上昇していきます。食事をしたり、通勤や家事などの日常生活をすることで、体温は上がっていきます。ところが夕方になっても、体温が上がらない人が増えているのです。

といっても、低体温という病名があるわけではありません。通常、人の平熱は36.0℃~36.9℃に保たれるようになっているため、平熱が36.0℃未満の体温を低体温と呼んでいるのです。

低体温チェック!あなたは平熱は35℃台?36℃台?

「体温を測るのって、風邪のときだけ」と思いますよね。病気をして熱が出て頭痛でもしない限り、私たちは普段、あまり自分の体温を気にしていません。

それでも、体温が高い状態と低い状態では、大きな差があるのです。体温が高いだけで基礎代謝は高まり、免疫力も増します。もし「ダイエットをしても痩せられない」、「この頃、身体が弱くなった」と感じているなら、あなたは低体温になっているかもしれません。

【チェック】あなたの平熱はどの状態かな?
  • 36.5℃~37.0℃:正常・最適
  • 免疫力や代謝が活発に働き、健康な体を保つのに最適とされています。

  • 36.0℃~36.4℃:低体温気味
  • 太りやすい、疲れがとれないなどの症状が出ているかもしれません。

  • 36℃未満(35℃台):低体温
  • 体温が低いために、免疫力が低く病気にかかりやすい、ガンの進行が早い、妊娠しにくい、ダイエットしても痩せない、老化が進行しやすいなど、女性にとって良くないことの原因になっている場合が多いです。

※日本人の平熱の平均値:36.89℃
 (近年では36.20℃とも言われています)

日本人の平均値を見ても、35℃台の体温がいかに低いかは想像できるでしょう。

ダイエットの鍵!基礎代謝と体温の関係は?

shutterstock_142335877
ダイエットに取り組んでいる方であれば、基礎代謝がダイエットの鍵になることはご存知かもしれません。その基礎代謝と体温は実はとても深く関係しているんです。

代謝には3種類ある
1) 基礎代謝
2) 活動代謝
3) 食事誘導性熱代謝
1) 基礎代謝とは
私たちが生きていくために必要な代謝で、普段何もしなくても消費しているエネルギーです。この基礎代謝は全ての代謝の約7割を占めています。
2) 活動代謝とは
文字通り、活動に使う代謝で、体を動かしたときに消費するエネルギーです。
3) 食事誘導性熱代謝とは
食事を摂るとき、摂った食物を噛んで飲み込み、消化吸収するときに必要なエネルギーです。食事をすると夏なら暑くなるし、冬なら温まると感じるときのエネルギーです。

この中でダイエットにもっとも、関係しているのは、約7割を占めている基礎代謝です。

基礎代謝による消費カロリーの違い!

shutterstock_63644206
同じ身長・体重・筋肉量のAさんとBさんがいるとします。

Aさんは平熱が36℃台、Bさんは1℃低いとします。
この二人の基礎代謝はどれくらい違うと思いますか?

平熱が1℃高いAさんの基礎代謝
Bさんより、おおよそ13%多くなるのです。30代女性の基礎代謝量の平均は1,170kcalといわれているので、その13%ですと約152kcalも差がついてしまいます。

152kcalはコンビニのおにぎり1個より少し低い数値ですが、1℃低いBさんが1年365日で97,491kcalもカロリーを消費できないで溜め込んでしまうとしたら・・・どうでしょうか。

怖いですよね。太ること痩せることも毎日の積み重ねです。だから平熱はダイエットの基本とも言えるのです。

低体温と冷え症の関係は?違いは何?

shutterstock_326459951
「わたしは冷え性?・・それとも、低体温?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?冷え性と低体温は似ていますが、違うものです。

冷え性と低体温の違い
  • 冷え性:手や足などの体の末端が冷えていること
  • 低体温:「体」そのものが冷えていること

意外かもしれませんが、冷え性の人は手や足は冷えていますが、体温を計ってみると低体温ではないことが多いのです。ある意味、体全体を冷やさないために、手足の血流を押さえているともいえるのです。

逆に手足が冷たくないのに、低体温の人は、体が冷えているのに手足の血流を押さえられていないといえるのです。

ですから、冷え性の人も冷え性じゃない人も、まずは平熱を計って低体温かどうかチェックすることが大事なんですね。

【デメリット】低体温は免疫力や妊娠などに悪影響が

shutterstock_427193140
冷え性から低体温に気づくということはありますが、冷え性でない人にも低体温は多いのです。体温の低い状態が普通になってしまっているので、自分では気づきにくいのです。

低体温は体への影響が大きいのに、自覚症状が殆ど無いことが問題なのですね。女性の40%、男性の25%が低体温だという統計もあり、子供の低体温も増えているのです。

1) 低体温は風邪やインフルエンザなど病気の原因に

shutterstock_197401766
体温が上がると血流がよくなり免疫力が高まります。免疫機能を持った白血球は血液の中にあって、血流とともに全身を巡って、ウィルスや細菌を退治しているからです。

体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下します。平熱が低いと風邪やインフルエンザをひきやくなるのです。
体温が1℃下がるだけで、免疫力は30%下がるといわれています。

2) 老化を早める低体温は新陳代謝も悪くなる!

shutterstock_356269484
低体温は血行が悪くなった状態なので、内臓の働きも悪くなってしまいます。内臓の働きが悪くなると、新陳代謝も悪くなってしまいます。汗もかきにくくなり、体の中に毒素が溜まっていきます。

また、体温が36℃以下になると排泄機能が低下するといわれています。「むくむ・毒素が溜まる・排泄機能の低下」は美容の大敵ですね。

吹き出物は出やすくなりますし、角質の代謝が遅れるのでシミやイボも増えてしまいます。どんなに化粧品に投資しても、これでは効果は期待でいないですよね。

3) 低体温で免疫力を下がるとガンになりやすい?!

shutterstock_450872185
免疫力が関係しているのは、風邪やインフルエンザだけではありません。1日5000個もできているガン細胞も免疫細胞が退治してくれているから、わたしたちは健康でいられるのです。

免疫力が下がればガン細胞を退治できなくなってしまいます。低体温を放置するのは、健康面でもとても危険なことなのです。

高温期も低い「低体温」は妊娠しにくくなる?!

shutterstock_416369638
妊活中の人は基礎体温に敏感になっていることでしょう。

基礎体温は最も安静にしているときの体温のことです。朝、目覚めた直後に、ベットの中でそのままの状態で計ります、起き上がるだけで、上がってしまうともいわれています。寝る前に体温計とノートを用意して、正確に計る必要があります。

基礎体温を計ることで、妊娠に最適な時期を知ることができるようになります。基礎体温は目覚めた直後の体温なので、一日の中で最も低い体温とも言えます。

基礎体温の低温期と高温期
この基礎体温が低温期・高温期ともに35℃台の場合、体温が低すぎるので妊娠の確率が下がってしまうのです。基礎体温が低めの人は平熱を上げることで妊娠しやすい体質に変わるといわれています。

冷え性や平熱が低い女性はモテるってホント?!

shutterstock_328383884
大きなお腹の土偶はどう見ても、女性ですよね。もともと、人類は生き延びることを最大限の目的としています。だから、食料が乏しく、生き残るのが大変だった大昔の時代の美人は太めのタイプでした。

時代が過ぎるにつれて、生き延びることが主な目的ではなくなってくると、美人の基準が元気で太めであることより、少し弱々しいところがあるほうが魅了的になってきました。

歌舞伎の女形の俳優さんは、昔、色気を出すために、出演前に足を冷やしたという逸話もあり、女性の足が冷たいことは、触ったときに「ぞわっ」とすることで、男性にとって色気でもあったのです。

そういった意味では、冷え性や低体温はモテそうな気がするかもしれません。実際、「わたし、冷え性なの」と言われると、より女性的な「か弱さ」を感じる男性もいるかもしれませんね。『美人薄命』のイメージもあるのでしょうか。

【筆者の考え】女性らしい健康美こそがイチバン!

shutterstock_146220986
でも、筆者としては、女性の美しさは「健康美」がイチバンと考えています。しっかり栄養を摂って、筋肉量を増やす運動をして美しい体型を作り、しっかり眠って肌や体調を整える。マインドフルネスの瞑想で精神的な内面もストレスフリーにする。

そういう健康的な美しさは、外見の見せかけでなく内面からにじみ出る美しさや女性らしさがあると思います。ですから、低体温を改善して体温を上げて、健康美を目指すことをオススメします^^

なぜ低体温に?平熱が低い、体温が上がらない原因

shutterstock_178878332
低体温になる原因は人それぞれですが、やはり原因は生活習慣にあるといえます。現代人はとても忙しくストレスも多い上に睡眠不足気味です。また、恒常的にダイエットしているという女性はとても多いですし、ダイエットをしていなくても、決してバランスの良い食事をとっているわけではないからです。

低体温の原因になる生活習慣まとめ
  • 睡眠不足
  • 食事のバランスが悪い
  • 運動不足
  • 冷えた果物や水分の摂り過ぎ
  • 筋肉量が少ない
  • 冷房にあたりすぎ
  • 入浴時はシャワーだけ

体温を上げるのは、食事と運動なので、十分な食事と運動をしていれば、体温は上がります。低体温であるということは、食事か運動が足りない、もしくは、バランスが悪いと考えられます。

また、季節はずれの果物を毎日摂取することで体を冷やしたり、水を摂り過ぎて体を冷やすことなども低体温の原因になってしまいます。

ダイエットにも一定の筋肉量が大切であることは、常識となってきています。バランスのよい食事をとって、運動をして、筋肉を増やすことが低体温の解消につながるのです。

実践!即効で簡単にできる体温を上げる方法♪厳選4つ

体温を上げる方法のうち、簡単にできて即効性のあるものを厳選して5つご紹介します。

1) 食生活・食材で体温を上げる

shutterstock_101962903
食生活の乱れや偏りが体温を下げている原因になっていることも多いです。冷たい食べ物や飲み物、体温を下げる作用のあるカフェインや食品添加物を含む食べ物や飲み物を控えるようにしましょう。

コンビニ弁当など添加物の多い食事をしている方、1日に何杯もコーヒーを飲む方は注意が必要です。

また、体を温める効果のあるダイコンやニンジンなどの根菜類、亜鉛などミネラルを含むレバーや卵黄などを使った料理を、毎日の食事のメニューに取り入れることでも、低体温を改善していくことができますよ。

ちなみに、低体温にはリンパの流れは深く関係していて、体温が上がらない方は血流もリンパの流れも良くない場合が多いです。

血流とリンパの流れの関係性
・血液:体の隅々まで栄養素を運びます
・リンパ:老廃物や毒素を回収する役割があります

低体温の方は老廃物や毒素が溜まりやすく全身の代謝が落ちてしまって、体温が低くなる原因になります。

食事でもリンパの流れを良くすることができるので、次の記事でご紹介している食材も食事メニューに取り入れることで、さらに体温が上がりやすくなりますよ。リンパの流れがよくなれば、冷え性やむくみも解消できますから一石二鳥ですね^^

2) マッサージ・ツボ押しで血流を良くする

shutterstock_191367512
血流をアップすれば体温が上がりやすくなる、と聞いて「だったらマッサージが良さそう」と思った方も多いと思います。そのとおりで、マッサージは全身の血流を良くする低体温にうってつけの方法です。

また「ツボ押し」も全身の血流やリンパの流れを良くしてくれるので、同様に体温を上げるのに有効なんですよ^^

正しいやり方や期待できる効果など、次の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。特に、ふくらはぎは下半身から血液を戻すポンプ機能を担っていますから、血流アップには欠かせません。

3) ストレッチ・筋トレで筋肉量を増やす

毎日有酸素運動をすることは当然カラダに良いんですが、なかなか時間が取れない方も多いと思います。そんなあなたにオススメなのが、ストレッチです。いずれも時間はそんなにかからずできるので、毎日続けやすいんです。

筋肉が凝り固まっていると血流が悪くなって体温が下がってしまうので、筋肉やカラダをほぐしてあげましょう。

上記の体温上昇ストレッチに加えて、肩こりにも効く上半身のストレッチも血流をアップして体温を上がりやすくする効果が期待できます。

また、筋肉をもっと積極的につけていきたい!という方は、下記の動画でご紹介している骨盤スクワットがオススメです。

お尻や太ももといった大きい筋肉を鍛えられるので筋肉量も増えて血流もアップしますし、骨盤も正しい位置に戻るので姿勢が良くなって、これも血流を良くする効果があります。血流を改善することは体温を上げることに直結するんです♪

ちなみに骨盤スクワットの詳しいやり方や、より効果的にやるためのポイントなど、次の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

4) 睡眠の質を高めてグッスリ眠る

shutterstock_292934828
睡眠の質が良くないとストレスも溜まりやすく、また疲労も抜けないので全身の代謝が悪くなってしまいます。ストレスも代謝の悪さも低体温の原因になってしまいます。

とはいえ、毎日忙しい方、仕事がら夜遅く睡眠時間が短くなりがちな方もいらっしゃると思います。そんな方は、寝る前1分間で良いので安眠のツボを押すと、睡眠の質がグッと上がって深く眠ることができますよ^^

睡眠の質を高めるツボや、効果的なツボ押しのコツなど、次の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

体温を上げる方法はまだまだある!25選もチェック

shutterstock_125572241
上記では、体温を上げる方法のうち、毎日の生活に取り入れやすいものを厳選してご紹介しました。でも、さらに細かいけど重要なポイントや、効果的な方法があります。

例えば、食事であればどんな食材やどんな栄養素を摂るか、マッサージやツボ押し、ストレッチや筋トレなど、部位ごとにより効果的な方法が異なります。

「体温を上げる方法25選」として、次の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。すべてやらなくても、あなたに合った方法が見つかりますよ^^

【まとめ】低体温を改善する鍵は血流アップと継続!

shutterstock_278626688
いかがでしたでしょうか?低体温のチェック方法、基礎代謝や冷え性との関係、体温が上がらない原因、妊娠への影響、簡単にできる体温を上げる方法などをご紹介してきました。

体温は女性にとって重要なポイントで、美容にも妊娠にも体型にも老化にも影響があります。低体温はデメリットしかありません。1日や2日では改善するものではありませんが、まずは2週間続ければ少し変化を実感できると思います♪ぜひ継続して改善していきましょうね。

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!