1. TOP
  2. 健康
  3. 肝臓の温め効果がスゴい!お腹にカイロダイエットで痩せる!

肝臓の温め効果がスゴい!お腹にカイロダイエットで痩せる!

みなさん!肝臓を温めるだけで、スゴい効果があるとご存知ですか?基礎代謝が上がり、痩せ体質になれると話題のダイエット方法なのです。運動が嫌い…無理な食事制限は続かない…でも痩せたい!そんな女性に最適な方法!

そこで、今回は、肝臓を温めると得られる6つのスゴい効果や、肝臓の機能と温めると痩せる理由、肝臓の基礎代謝を上げる5つの方法。

そして、肝臓を温める方法6選や、肝臓を温める頻度、ポンと貼るだけで痩せる注目のダイエットパッチなどをご紹介していきます♪

肝臓を温めるだけ!6つのスゴい効果

肝臓を温めるとダイエットに効果的と話題になっています!また、それ以外にも嬉しい効果が沢山あるんです。では、肝臓を温めることで得られるという効果を詳しく見ていきましょう。

1) 基礎代謝Up!太りにくく痩せやすい体質に

なんといっても、肝臓を温めると、肝臓の働きが活発になって基礎代謝を上げる効果があります。

基礎代謝とは、何もせず、じっとしていても消費されるエネルギー。基礎代謝が高いと、何もしていなくても多くのエネルギーが消費されるので、高ければ高いほど、太りにくく痩せやすい体質となります。

そして、注目したいのが、基礎代謝のほとんどが「肝臓」によって消費されていること(上図)。

そのため、筋肉を増やすことで基礎代謝を上げることができると、よく言われていますが、基礎代謝の消費量が最も多い「肝臓」の働きを高めることが重要になってきます。

肝臓を温めれば、血流が良くなり、肝臓への血流量が増えることで、肝臓の働きを高めることができるという訳です。

2) 美肌効果

肝臓を温めると、肝臓の冷えからくる、様々な肌トラブルを改善し、美肌へとなれる効果があります。

肝臓の冷えは、肌のくすみや、シミ、目の下のクマ、ニキビ、吹き出物などの原因に…。スキンケアなど、外側からのケアだけでなく、肝臓を温めカラダの内側からケアすることも大切になります。

3) 老廃物を排出

肝臓を温めることで、血流が改善されると、肝臓の働きが活発になり体内の老廃物を排出する効果が高まります。

肝臓には毎日、全身の約40%以上の血液が運ばれてきます。そのため肝臓を温めることで、血行が良くなり、老廃物や脂肪がスムーズに排出されるようになっていきます。

4) 疲労感が解消され元気に!

代謝や有害物質の解毒など、様々な役割を果たしている肝臓。その働きが低下すると、全身の疲れにつながると言われています。

肝臓の機能が低下すると、代謝が低下することで、エネルギー不足になり疲労を感じやすくなってしまいます。そんな時に、肝臓を温めることで、肝臓の機能を上げる効果があり、疲労を回復しやすいカラダへとなれる効果も期待できます。

5) 質の良い睡眠ができる

肝臓を温めると、体がポカポカ温まり寝つきが良くなります。眠りが浅い…よく眠れない…といった、寝ているのに睡眠不足気味などといった状態が改善され、質の良い睡眠をとることができます。

ぐっすりと眠れることで、翌日に疲労を残しにくくなりスッキリと目覚める効果もありますよ。

6) 二日酔いを改善

二日酔いや悪酔いは、肝臓のアルコール処理機能の低下が関係してきます。肝臓を温めると、肝臓の働きが活発になるので、アルコールを分解する働きも良くなり、二日酔いや悪酔いの予防、改善に効果があります。

肝臓の機能と温めると痩せる理由

肝臓の機能と役割とは?

肝臓は、右上の腹部分のほとんどを占める大きな臓器で、その大きさは体の臓器の中で一番だと言われています。

肝臓の働きは、エネルギーの代謝や、アルコール・薬・老廃物などの有害物質の解毒、消化吸収をサポートする胆汁の分泌など約500もの働きをしている重要な臓器です。

忙しくせっせと働く肝臓は、その分多くのエネルギーを必要とし、消費量は全体の約3分の1だと言われています。

肝臓が疲れて出てくる要注意の症状
・疲れやすく、体がだるい
・頭痛やめまいが起こりやすい
・肩こり、腰痛
・顔色が悪くくすんでいる
・肌や髪にツヤがない
・爪がすぐ割れる
・なかなか寝付けない
・目のかすみ

以上の症状が当てはまる方は、肝臓が疲れていて十分な機能を発揮できなくなっている可能性があります。

肝臓を温めるとなぜ痩せる?

前述でお伝えしたように、体の臓器の中で一番大きく、基礎代謝の約3分の1を担う肝臓。そんな肝臓を温めれば、全身の血流が良くなり、基礎代謝を高め、老廃物のスムーズな排出、むくみや便秘解消にも効果的。

基礎代謝が高まると、それに伴ってエネルギー消費量も上がります。一説では、全身の体温が1℃上がるだけで、代謝量が10%増えると言われています。

このことから、太りにくく痩せやすい体質へとなるには、全身を温めることが大事。それには肝臓を温める方法が一番近道なのです。

肝臓の基礎代謝を上げる5つの方法

肝臓を温めると基礎代謝を上げられる!と上記でご紹介してきましたが、温める以外にも、普段の生活の中で意識したい大切なことがあります。その方法について見ていきましょう。

1) お酒を飲みすぎない

アルコールを摂取しすぎると、肝臓の負担が大きくなります。特に日本人は、欧米人と比べると肝臓が小さく、肝機能障害を引き起こしやすい体質であると言われています。

そして、日本人のおよそ4割は、遺伝的にアルコールを分解する「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」と呼ばれる酵素が不足している傾向があるようです。

そのため、お酒の飲みすぎや、アルコール度数の高いお酒は、肝臓を弱らす原因になるので注意しましょう。

2) 食事は腹八分目を目安に

食事の際に、お腹いっぱいになるほどの量を食べると、カロリーの摂りすぎや、老廃物を増やすことになり、肝臓へ負担をかけることになります。

腹八分目の量を目安にして、カロリーの摂りすぎを防ぎ、肝臓への負担を減らすようにしましょう。

3) 良質なタンパク質を摂取

肝臓は代謝や解毒をするために、2000種類以上の酵素を作り出していると言われています。これらの酵素は、傷ついた肝細胞の修復に必要とされ、酵素の主原料はタンパク質だと言われています。

そのため、タンパク質の不足を避け、消化吸収の良い良質なタンパク質を適度に摂取することが大事です。

4) 適度に運動する

運動不足は、血液の循環を悪くし、体内に老廃物を溜め込みやすくしてしまいます。そうなると、それを解毒する働きをする肝蔵に負担がかかります。

また、肝臓の機能が悪い時には、筋肉が肝臓の役目を代行してくれると言われています。そのため、適度に運動し、筋肉を維持しておくことで、肝臓の負担を減らすことができると考えられています。

5) タバコはNG!禁煙する

タバコには、ニコチンやタールなど有害物質をたっぷりと含んでいます。その有害物質を解毒するのは肝臓です。また、ニコチンは、血管を収縮し血流を悪くさせるため、肝臓への血液の流れが悪くなり、肝機能の低下を促します。

禁煙して、肝臓への負担を減らしてあげることが大切です。

では、次の項目から、「肝臓を温めるダイエット方法」について詳しく見ていきましょう。

お腹にカイロでダイエット!

肝臓を体の外側から温めてあげると、肝臓の血流を増やして、基礎代謝を上げることが可能です。そんな肝臓を温める手っ取り早い方法として、カイロが良いと言われています。

カイロをお腹の右側にある肝臓にペタッと貼るだけで、効果的に肝臓を温め、ダイエットにつなげることができるのです。

肝臓を温めてダイエットするとき注意したいこと
  • 毎日行うと返って肝臓に負担をかけ、逆効果になってしまいます。
  • 長時間のカイロの貼り付けは低温やけどや肝臓が熱くなりすぎてこちらも逆効果に…。ですから肌に直接貼り付けたり、就寝時などに使用するのは絶対に避けましょう。
  • 高血圧やもともと心疾患のある方は、脈が早くなることがあるようですので、カイロを貼る際は心臓の位置にカイロがかからないよう注意してください。

週に1~2回、1~2時間程度でも十分な効果が期待できるようですよ。

肝臓を温める方法6選


肝臓は、カイロを使って温める方法の他に、日常の中で効果的に温める方法がありますのでご紹介していきますね。

1) 食後のゴロ寝

食後10分間、右脇を下にして、頭と足を少し上げた状態でゴロ寝すると、肝臓を温めることができます。この姿勢は、肝臓に血液が集まることで、肝臓の機能を高める効果があるそう。

2) 蒸しタオル

蒸しタオルで、肝臓を中心に広めの範囲で温める方法も効果的です。食後20分ほど温めると、肝臓の血流が良くなり、代謝Upにつながります。蒸しタオルは、水で濡らし軽く絞ったタオルを電子レンジで1分半ほどチンするだけでも作れます。ただし20分はもちませんので、冷めたらもう一度チンすることを繰り返してください。

3) 湯たんぽ

お湯を入れるだけで、簡単に肝臓を温められる湯たんぽもオススメ。湯たんぽは直で当てず、タオルなどで包んで肝臓に当てましょう。ただ、長時間の使用は低温やけどの危険性があるので、注意しましょう。

湯たんぽが自宅にないと言う方は、昔から自然療法として用いられている「こんにゃく湿布」もオススメです。10分ほど茹でたこんにゃくをタオルにくるんで、肝臓部分に当てるだけなので手軽にできますよ。

ただしこんにゃくが高温になっている為、タオルにくるむ際はやけどに注意してください。

4) 腹巻き

腹巻きは、外出の際でも、衣服の中に着用し肝臓を温めることができます。肝臓部分の他に、お腹や腰回り全体を温められるので、オフィスなどで冷房による冷え対策としてもオススメです。

5) 半身浴

胸の下あたりまでのお湯の量で、40度前後のぬるめのお湯に浸かる半身浴も、じんわりと肝臓を温められます。半身浴で肝臓を芯からじっくり温めることで、肝臓の血流が良くなりポカポカに。

半身浴をする時間がない場合は、シャワーでも効果があります。右わき腹の少し上部分に熱めのシャワーを当てて肝臓を温めましょう。

6)マッサージ

道具がなくても簡単に肝臓を温めることができる方法です。

道具やお湯がなくても手軽にできる温め方法
・手を揉んだり動かしたりして手自体を温めます。手が温まったら肝臓部分に直接手をしばらくの間、当ててみましょう。

・手の体温に慣れ肝臓が温まってきたら、身体の力を抜き、右わき腹の肋骨に指を下から差し込んで、ぐっと持ち上げるように揉みます。

直接肝臓をマッサージすることで血流も促進され、肝臓が温まります。少し怖いと思うかもしれませんが大丈夫です。自分で力を加減して行いましょう。

肝臓を温める頻度は?毎日?

効果的な頻度は「週に1~2回」が良いと言われています。

肝臓を温めるとダイエットに良いからと、やりすぎはNGです。毎日のように温めると、肝臓に負担がかかってしまう場合があるので注意しましょう。

週2回、ポンと貼るだけで痩せる方法が話題!

貼るだけで痩せれる「ヒートスリム42℃」という、ダイエットパッチが話題になっています!肝臓をポカポカ温めて、ダイエット効果を上げるのに効果的なオススメアイテム♪

脂肪が気になるお腹部分に、「ヒートスリム42℃」をペタッと貼るだけで脂肪が燃焼し、1ヶ月ほど続ければくびれが出現するそう。

ただ貼るだけでダイエット効果が期待できるので、運動による部分痩せや食事制限が続けられないという方々に大人気。

ハサミで切ってサイズを変えることもできるので、二の腕や太もも用などに、自由にアレンジして使えます。剥がしてもベタベタしないので、外出先でさっと剥がすことも可能。

女性に多い冷え性にも効果的ですよ。

TVで話題に?!肝臓温めダイエット


これは、野村消化器内科の院長 野村喜重郎Dr.が実践し、多くの患者に指導しているというTVでも話題になった肝臓温めダイエットの3つの方法です。

それによるとまず1つ目は、先ほどお話したように、肝臓をカイロを使って温める方法が良いそうです。

お医者さんも進めるゴロ寝ダイエット

次に2つ目。野村Dr.も食後のゴロ寝を推奨していますが、先ほどとは少しだけ違う体勢も紹介されていました。

野村Dr.も推奨!食後のゴロ寝ダイエット
・まず仰向けに横になります。そして頭と足の下に枕やクッションなどを入れ、20~30センチほどずつ高くし、体がくの字になるよう腹部が低くなるように寝ます。

・それにより重力の力を利用して血液を肝臓に流すことができるので、肝臓のはたらきが活発になり基礎代謝が上がっていきます。つまり、寝ているだけでカロリー消費をしてくれるというわけです。

ただし注意しなくてはいけないのは、ゴロ寝は10~15分まで!!
食後30分たっても横になったままだと、血糖値が急激に上がるため、糖や脂肪が体内に蓄積されてしまいます。逆に太ってしまう原因になるので、時間はきちんと守りましょうね。

毎日の習慣に!!茶節で肝臓温めダイエット

野村Dr.オススメ3つ目は、茶節のお味噌汁を毎日飲むというものです。茶節というものをご存知ない方も多いかと思います。鹿児島県薩摩半島の南部地域に伝わる郷土料理で、肝臓を温めて代謝を高める他にも、ダイエットに適している様々な要素をもっているんです。

茶節で肝臓温めダイエット材料はたったの3つ!!
  • 1 合わせ味噌
  • 味噌を食べると、肝臓を始め体中の脂肪化を防ぐ効果のある「アディポネクチン」という成分を肝臓内に分泌します。

  • 2 かつお節
  • かつお節には、満腹中枢を刺激し食べ過ぎを防いでくれる「ヒスチジン」という成分が含まれています。

  • 3 緑茶
  • 緑茶に含まれる「カテキン」には血糖値の上昇を抑える効果があり、肥満予防に適しています。

作り方も簡単です。

肝臓温めダイエットの茶節の作り方
お椀一杯にかつお節をいれ、大さじ3分の2程度の味噌(梅干し中粒1個分くらい)の味噌を入れます。そこに熱めの緑茶をたっぷり注ぎ入れたら完成です。

風邪や二日酔いにも良いそうです。お好みでねぎや生姜や卵など入れても美味しいですよ。

他にも!運動せずに基礎代謝を上げて痩せる方法

肝臓を温めるのと関連して、体全体を温めて発汗をさせて代謝を高めるホットヨガも人気です。ランニングや筋トレみたいにキツくないし、芸能人やモデルさんもやっているおしゃれなエクササイズ。

汗をかいてスッキリ、代謝が良くなって自然と痩せられると評判なんですよ。詳しくは次の記事でホットヨガの魅力について書いてあるのでご覧になってみてください。

また、ヨガなんかも面倒くさいという方には、飲むだけで食欲を抑えてくれるダイエットとして「チラコイド」が人気です。飲むだけなので忙しくてもできますし、生活が不規則になりがちな女性に特に人気のようです。

最近日本でも実践する人が増えてきたんですが、食事をガマンしてるつもりはないのに食べる量が減るから自然と痩せてくる評判です。詳しくは次の記事でチラコイドのヒミツをお伝えしているので、興味があればご覧になってみてください。

まとめ☆肝臓を温めて目指せスリムボディ

肝臓を温めると得られる6つのスゴい効果や、肝臓の機能と温めると痩せる理由、肝臓の基礎代謝を上げる5つの方法をご紹介しました。いかがでしたか?

そして、肝臓を温める方法5選や、肝臓を温める頻度、ポンと貼るだけで痩せる注目のダイエットパッチなどをご紹介してきました。

肝臓を温めると、痩せれるといった点は、盲点だったという方も多いのではないでしょうか?そんな方に是非ともやっていただきたいダイエット方法です。

内臓をポカポカに温めて、基礎代謝を上げて痩せ体質を目指しましょう♡

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もよく読まれています♪

  • 肩甲骨のコリを軽くしたい♪血流を良くする栄養素と肩こりに効く食材25選!漢方薬も

  • 歯周ポケットの深さを改善する歯磨き粉と歯ブラシはコレ!歯周病と口臭を予防しよう♪

  • 歯磨きしてもリステリンしても口が臭い!ゲロ臭い・嘔吐物クサい原因と改善方法はコレ

  • 寝ると腰が痛くなるのはナゼ?!朝寝起きの腰痛がラクになるマットレスは?

  • 腰痛に良い寝方は仰向け?うつ伏せ?腰痛の治し方は寝る姿勢と寝具が重要!

  • 【ゲンキの時間】センテナリアンになる!慢性炎症の抑制とポリアミン食品で健康寿命100歳を目指そう♪