1. TOP
  2. 健康的に太る
  3. 【最新版】痩せ体質のガリガリ女性でも健康的に太る方法まとめ★なるべく短期間で簡単にできる体重の増やし方

【最新版】痩せ体質のガリガリ女性でも健康的に太る方法まとめ★なるべく短期間で簡単にできる体重の増やし方

この記事は、痩せやすい体質でガリガリ体型に悩んでいる女性に向けて「健康的に太る方法」についてまとめた特集記事です。

健康的に太るためには、必要以上に食べる量を多くしたり、高カロリーなジャンクフードなどを食べるのはオススメできません。

摂取する栄養成分、食べ物の消化、栄養の吸収を高めるためのアプローチに注目しましょう。その方がより短期間で効率よく太るポイントだからです。

また、運動をすると痩せてしまうと思っている方も多いかもしれませんが、間違いです。実は「健康的に太る」ためには適度な運動を取り入れる方が筋肉もついて体重が増えやすいんですよ。

ということで、この記事では、太りたい女性がなるべく短期間で効率よく健康的に太る方法と体重を増やすポイントをご紹介していきます。

短期間で太るために絶対知るべき3つの基礎知識

  • 1)体重が増えるとは
  • 2)基礎代謝について
  • 3)食べても食べても太らない3つの理由

健康的に太る方法で成功するためのアプローチ5つ

オールインワン

健康的に太るためには、次のポイントを意識して取り組むと成果が出やすいです。

  • 1)栄養の吸収効率を高めて短期間で太る
  • 2)食べるためのひと工夫で食生活を改善する
  • 3)運動で筋肉をつけた方がむしろ太る
  • 4)睡眠・ストレスなど生活習慣を改善する
  • 5)効率よく体重を増やすためのアイテムを活用する

アスリートばりの強い意志がない限り、特に重要なのは1)です。

  • 忙しいあなたにはとにかく時間がない
  • できるだけ簡単に短期間で効率よく太りたい
  • 数ヶ月も修行のような努力を続けるのは自信がない

女性なら上記に当てはまる方が多いですから、「普段の生活の中でやるべきことは何か」だけでなく、「やった方が効率よく体重を増やせることは何か」も意識して取り入れるのが、太る方法の成功の秘訣といえるでしょう。

では、5つのアプローチについて、順番に詳しく説明していきましょう。

1)栄養の吸収効率を高めて短期間で太る

多くの痩せすぎ女性が気づいてないかもしれませんが、「太れない原因」でいちばん多いのが、実は「栄養の消化吸収力」ではないでしょうか。

同じ女性ですから、食べる量や筋力・脂肪量なんてもともとはあまり大差ないはずです。
なのに同じ食事量でも、消化したり吸収する力が弱ければ、体の一部になっていきません。結果、脂肪や筋肉量が落ちて、痩せてしまう、太れないということになります。

「どうして食べてるのに太れないの?」という人ほど、まっさきに試してみてほしいアプローチです。

2)【基本】食べるためのひと工夫で食生活を改善する

体重を増やすためには、消費カロリーを上回る摂取カロリーが必要です。だからこそ、太るために必須なのが「何をどう食べるか」です。

また、「食べる量を増やすぞ」と意気込んでも、それほど食べれません。そうではなく、「どんな栄養素を摂取するか」「どう吸収しやすい体にするか」に着目するのがポイントです。

間食などで食事回数を増やす!

「たくさん食べれば太る」のは事実ですが、一度にたくさん食べようとするのは現実的には難しいもんです。

一度の食事量を増やすより、食事の回数を4回、5回と増やす方が楽に食べる量を増やせるのでオススメ。

菓子パンやカロリーメイトなどを利用して、間食のような感じで、1日3食以上とるようにするだけで、摂取カロリーはぜんぜん違ってきます。
できるだけ、空腹状態にならないように、常に食べる意識をすると良いでしょう。

⇒女性が健康的に太るためにベストな食事回数とタイミングとは?(準備中)

太るためには朝食は絶対食べるべき!

摂取カロリーを多くするためには、朝食を必ずとりましょう。朝食を取らないと空腹状態の時間が長くなるので、1日に摂取できるカロリーが減ってしまいがちです。

時間がない場合でも、短時間で、効率よく必要なカロリーを摂取する方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。食パンやカロリーメイトなどを食べるだけでも最低限やっておきたいので、常備するのもオススメ。

⇒太るために朝食を食べるべき3つの理由!オススメの朝食メニューとは?

炭水化物をいかに多く食べるかを意識しよう

摂取カロリーを増やすために好きなものを食べてよいと思います。
でも、効率よく体重を増やしていくためには、特に炭水化物を積極的に食べるようにすると、短期間で太るのに良いと思います。

特に女性の場合は、大盛りの量を食べれれない、あるいは注文しづらいというのがあるでしょう。だからこそ、食事のたびに「いかに炭水化物を多く取るか」というのを意識するようにしましょう。

炭水化物は、肉などのたんぱく質に比べ、安価で多くの量を摂取できるので、お財布にも優しいというメリットもあります。

自炊が可能なら夕食か朝食には、ご飯のお供を使って、1合 食べるようにしてみましょう。

⇒炭水化物をたくさん食べるとなぜ太れるのか?(準備中)

寝る直前なら夕食はたくさん食べない

夕食は、時間にも余裕があり、1日の中でもっとも多く食べられるので、なるべくたくさん食べるようにします。

ただし、夜に就寝する2時間前までに食事が済ませられない場合には、たくさんの量を食べないで、朝ごはんに回しましょう。

寝る直前に大量に食べてしまうと、内臓が休まらないし、胃もたれして翌日の食欲も減ってしまうので、体重を増やすうえで悪影響をおよぼすからです。

といっても、夕食を抜くこともダメ。1日の摂取カロリー自体が減って、体重が増えないどころか痩せてしまうので、軽くでも食べるようにしましょう。

⇒なるべく短期間で太るために寝る直前にやるべき3つのこと(準備中)

寝る前にプロテインを飲む!

夜就寝する2時間前に夕食を食べられない!という忙しい女性に特にオススメなのが、寝る直前にプロテインを飲むこと。

これなら時間もかからないし、胃もたれにもなりません。また、通常の時間に夕食を食べた場合でも、プロテインくらいなら直前に飲めるでしょう。

寝ている間は成長ホルモンの分泌が活性化しているので、脂肪や筋肉をつけるうえでも良いですし、摂取カロリーも確保できます。

⇒おいしくて飲みやすい!と評判の女性向けプロテイン人気ランキング(準備中)

太るために必要な6つの必須栄養素

「毎日の食事で何をどう食べるか?」を考えるためには、「どの栄養素がどんな食材から摂れるのか?」を理解しておくことが大事。レパートリーも広がります。

⇒太るために欠かせない6つの必須栄養素と取り方のポイント(準備中)

太りたい女性にオススメの食材・料理メニュー

太る方法の基本はもちろん食べること。
ご紹介した「太るのに必要な栄養素」を摂取するために、食材選びや料理メニューをひと工夫するだけで、ぜんぜん成果に違いがでてきます。

飲み物のチョイスで体重の増え方も変わる!

食べものだけでなく、飲み物でもカロリーを摂れるように工夫しましょう。

水やお茶だとカロリーが取れないので、オフィスや日中なら100%フルーツジュース、お風呂上がりなら牛乳など、カロリーが取れる飲み物にしましょう。効率よく太ることにつながりますよ。

⇒飲み物の記事リンク

甘いものやお酒でも健康的に太れるの?

甘いものやお菓子は高カロリー。でもこれを食べて太っても、健康には良くなさそうと気になっていませんか?

お酒でいえばビールが高カロリーですが、たくさん飲むと肝臓にも良くなさそうですよね。

健康的に太りたい女性にオススメの甘いもの、お酒との付き合い方には、実はちょっとしたコツがあります。このコツを意識するだけで、甘いものもお酒も、健康的に太るためのサポートをしてくれるんですよ♪

⇒甘いものの記事へのリンク
⇒お酒の記事へのリンク

3)運動で筋肉をつけて太る方法

ただ脂肪を増やすだけでは、健康的に太れたとは言えません。
それに「体力がなく疲れやすい」「姿勢がよくない」「男性ウケが良くない」という悩みは解決できません。

ですから、脂肪だけでなく「筋肉もつけながら体重を増やす」のが大切です。
それに筋トレをすると消費カロリーは増えるものの、お腹は空くので食欲が増しますよ。

効率よく筋肉を増やしながら、摂取カロリーも確保するには欠かせないポイントがあります。誤ったやり方は逆に体重が減ってしまいかねないので、注意しましょう。

⇒筋肉を増やして太る方法の記事へのリンク

筋肉を増やすなら無酸素運動!有酸素運動はNG

筋肉を増やすには、筋トレのような無酸素運動が良いです。マラソンなどの有酸素運動は、消費カロリーが大きく、脂肪を燃焼させてしまうので、やらない方がよいでしょう。

手軽に自宅でやる「自重トレーニング」も良いですが、痩せすぎの女性はとにかく筋力がないので、下手をすると痛めてしまうことも。数ヶ月継続するのであれば、トレーナーに指導や補助をしてもらえる、トレーニングジムに通う方がオススメです。

⇒トレーニングジム比較の記事へのリンク
⇒太りたい女性のための筋トレの記事へのリンク

筋肉をつけながら体重を増やすのに絶対に注意したいこと

筋肉をつけるためには筋トレが必要。でも筋トレをすると消費カロリーが増えるので、体重が増えにくくなります。

ですから、筋肉を作ってくれるたんぱく質をプロテインやサプリで補ったり、摂取カロリーを効果的に増やしたり、ひと工夫する必要があります。

⇒ほどよい筋肉をつけて太りたいならプロテイン!正しい飲み方とタイミング
⇒アミノ酸 太る

【部位別】女性のココが太りたい!を叶える工夫

痩せすぎといっても、人によってどの部分に肉をつけたいかは異なります。

そこで、部位別に太るための有効な筋トレ法について、整理しました。

4)生活習慣の改善

不健康な生活習慣で、痩せてしまっている女性も実は多いようです。
いくら食べ物を工夫して健康的に太ろうとしても、足を引っ張られることになりますので、改善する必要があります。

太りやすい体質になるためにも、睡眠、タバコ、ストレスの3つは特に要チェックです。

⇒睡眠
⇒タバコ
⇒ストレス

5)太るまで継続するためのアイテムを活用

できるだけ簡単になるべく短期間で太るために、継続しやすい便利アイテムを活用するのも、実は大事だったりします。

1週間で10キロ太ることはできませんから、数ヶ月は継続が必要です。ちょっとした工夫で、ググッと続けやすくなるので、ぜひ活用してみてください。

ぜひ活用したいTOP3
・体重計・体組成計
・サプリ
・ご飯のお供

世代別!女性が太る方法の違い

10代の女子高生とお子さんのいる30代主婦では、ぴったりな太る方法は変わってきます。共通することもありますが、それぞれには当てはまらないこともあるからです。

なるべく短期間で太るためには、今の自分にあった太る方法を実践することが大切です。

⇒【女子中学生・女子高生】10代女性が太る方法
⇒20代女性が太る方法
⇒30代女性が太る方法
⇒40代女性が太る方法
⇒子供を太らせたい!

まとめ

以上、太りたいのに太れない女性のための、健康的に太る方法をご紹介しました。
内容は随時更新していきますので、定期的に訪れていただけると幸いです。

あなたが、女性らしい理想の体型になれることを願っています。

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!