1. TOP
  2. ヨガ
  3. ホットヨガで冷え性を改善!ホットヨガが効果的な理由と逆に悪化するのを防ぐ5つの注意点

ホットヨガで冷え性を改善!ホットヨガが効果的な理由と逆に悪化するのを防ぐ5つの注意点

気温がぐっと下がり、冬が近づいてくると特に全身に感じる冷えの症状。
実に成人女性の2人に1人が冷え症に悩まされていると言われています。
私もこの時期はモコモコの靴下と、お腹に貼るホッカイロが手放せません。

冷えの症状は、私たちの身体に様々な悪影響を及ぼします。
なのにちょっとやそっと体を温めるくらいでは少しも改善されず、一体どうしたらいいものか…。

実は、一時的なものではなく冷え性の根本から原因を解決してくれるのに、ホットヨガがとても効果的だと言うことをご存知でしたか?
様々な美容効果があるホットヨガで、長年悩んできた冷え性まで解消されるなんて嬉しい限り。
すぐにでも始めたくなってしまいますよね。

ただし、きちんと正しい方法で行わないと逆に冷えの症状を悪化させてしまう恐れもあるのです。

ではどのように行えばいいのか…。
これから冷え性が身体にもたらす影響と、ホットヨガが効果的な理由。
そして正しいホットヨガの行い方について、ご説明します。

どうして冷え性になるの?5つの原因


体が冷える → 血行不良になる → 冷え性

私は、これだけが冷え性になる原因だとずっと思っていました。
みなさんも1番に血行不良というワードが浮かんだのでは…。

体内の血流が悪くなると、手足の末端まで血液が上手く行き届かなくなってしまいます。
そして血液がきちんと巡らない部分は冷たく冷えてしまうのです。
これが血行不良がもたらす冷えです。

でも冷えの原因を調べてみたら、まだまだこんなにあったんです。

1)自律神経の乱れ


身体の状態を常に調整してくれる自律神経。
この自律神経がストレスや悪い生活習慣などによって乱れると、寒い時に体温を上げてくれたり、暑い時に汗を出して体を冷やしてくれたりといった体温調節がうまくできなくなります。
それにより血流も調節できなくなるので、身体はいつも冷えてしまいます。

2)筋力の低下


心臓のポンプ機能によって全身に運ばれる血液。
心臓から一番遠い手や足には、ポンプ力だけでは届きにくく、筋肉の力に助けられています。
ですから、運動不足などにより筋力が低下すると、その力が発揮できず末端から
冷えてしまうのです。
そしてもともと筋力が弱い女性の方が、男性よりも冷え症になりやすい理由の一つがこれです。

3)骨盤のゆがみ


ハイヒール生活や出産などによって女性の骨盤はゆがみやすくなっています。
骨盤がゆがむとそれを支える筋肉が緊張して固くなり、内臓の血流を悪化させます。
それにより体温が低下し、身体が芯から冷えてしまうのです。

4)下着などによる締め付け


下着や衣服の締め付けも冷えの原因になります。
体が締め付けられることによって皮膚感覚が麻痺し血行が悪くなります。
すると体が寒いと錯覚してしまうのです。
靴下や下着はなるべくゆったりとしたものを選ぶようにしましょう。

5)食生活の乱れ


冷たい食べ物や飲み物は、内臓を冷やし全身を冷やします。
夏場は冷たいものがとても美味しく感じますが、なるべく常温以上のものを摂るようにした方がいいでしょう。
また、インスタント食品や添加物の摂りすぎは肝臓に負担がかかり代謝の低下を招きます。

…いくつかみなさんにも、当てはまるものがあったのではないかと思います。
では、冷え性になると身体にどのような影響がでてしまうのでしょうか。

冷えが身体にもたらす悪影響

体の冷えは体の内側から外側まで、これだけ沢山のダメージを与えます。

見た目にあらわれる症状
  • 顔色が悪くなる
  • 顔のほてり
  • 目元にクマができる
  • 顔に汗をかきやすい
  • 耳や鼻や手の平が赤くなる
  • 唇が紫色になる
  • 鼻水が良く出る
  • 抜け毛が増える
  • 足のむくみ
  • お腹の張り
  • 青あざができやすい
  • 皮膚があれる
体の中にあらわれる症状
  • 口臭がある
  • つらい肩こりや腰痛
  • 耳鳴りや頭痛
  • 全身が冷たくなる
  • 下痢や便秘
  • 生理不順
  • 生理痛が重い
  • 睡眠障害
  • 疲れがとれない
  • 食欲不振
  • 風邪をひきやすい
  • 頻尿気味になる
  • のぼせやすい
  • めまいや動機を感じる
  • イライラしやすい

冷え性の方みなさんに全ての症状があらわれるとは限りません。
しかし「冷えは万病のもと」とはよく言ったもので、このような身体の不調を放っておくと、

・アレルギー
・子宮筋腫
・子宮内膜症
・不妊症
・がん細胞の増殖

このような恐ろしい病や症状を引き起こすことも…。
たかが冷え性と、あなどってはいけません。

冬よりも恐ろしい?!夏の冷え症


寒い冬に冷えを感じるのは当たり前ですが、実は現代の私たちの体は夏場の方が冷えていると言われているのです。

先ほど、冷たい食べ物や飲み物は内臓から体を冷やしてしまうと説明しました。
夏はキンキンに冷えたビールがとっても美味しい季節ですよね。
どうしても冷たいものを摂取する機会が増えてしまいます。
そして、それと同じくらい怖いのは冷房です。

夏の間1日中、冷房の効いた室内で働いている方は、身体の冷えを感じた経験があることと思います。
それでも外は30度を超す暑さです。
この激しい温度差に、身体がついていけずに自律神経が乱れてしまいます。

体の冷えと自律神経の乱れ。
このダブルパンチが冷えの症状を加速させていくのです。

冬は着るものや飲み物、湯船に浸かるなど、人は体を温めるためにいろいろな工夫をします。
反対に夏は、薄着で過ごしアイスや冷たい飲み物、お風呂はぬるめのシャワーだけで済ませたりします。
つまり、夏の方が無意識に体を冷やしすぎてしまうのです。

ホットヨガがもたらす冷え改善効果5つ

では、冷え切ってしまった体内を根本から温めるにはどうしたら良いのでしょうか。

ホットヨガの効果
  • 血行不良を改善する
  • 自律神経のバランスを整える
  • 筋力を強化し、代謝を上げる
  • 骨盤のゆがみを解消し、内臓の働きを活発にする
以上のことが考えられますね。

冒頭でお伝えした、ホットヨガには冷えを改善してくれる効果があるということ。
何故ならホットヨガで上記の全てを叶えてくれるからなんです。

1)血行不良の改善


高温多湿の室内で行うホットヨガ。この環境とヨガのポーズが体全体を芯から温めてくれます。
また姿勢を正し内臓のはたらきが活発になるので、血行が促進されます。

そしてホットヨガの最大の特徴は、ヨガをしながら大量の汗をかくことです。
こまめな水分補給をすることで、汗とともに毛穴に詰まった汚れや体内の老廃物がデトックスされ体をキレイな水が流れます。
この水分の巡りも血行やリンパの流れを促進させるのでまさにホットヨガは血流改善に非常に効果的だといえます。

2)自律神経のバランスを整える


体温調節をつかさどる自律神経。
デトックス効果でリフレッシュ。さらにヨガの呼吸法により精神が安定しリラックス状態になります。
こうしてストレスが軽減し、自律神経の持つ交感神経と副交感神経のバランスが整います。

ホットヨガのストレス解消効果はとても高いので、整った自律神経により体温調節機能も格段にUPします。
よって、体内の血の巡りが良くなるのです。

3)インナーマッスルから筋力を強化


ヨガのポーズには、普段使わない筋肉を伸ばしたり縮めたりしてインナーマッスルを鍛える効果があります。
そして高温多湿の環境が筋肉を温め、普段よりも柔軟な体にしてくれます。
ですから運動不足の方でも筋肉を痛めることなく筋力を強化することができるのです。
筋肉は心臓のポンプ機能を高めるので、手足の末端まで血液を行き届かせます。

4)代謝率を上げる


生活習慣の乱れや偏った食生活は体の代謝率を下げてしまう原因に。
代謝の悪さが、体内の老廃物の排出を妨げます。
そして老廃物でドロドロになった血液が、血流を悪くします。

ホットヨガの大量の汗とデトックス効果は、代謝率も同時にUP。
冷えやすい体質を体の根本から改善してくれるのです。

5)骨盤のゆがみ解消


ヨガのポーズは骨盤を正しい位置に矯正し、骨盤周りの筋肉を鍛え支えます。
骨盤が正しい位置に戻ることで、緊張した筋肉もほぐれるので圧迫されていた内臓が正常な機能を取り戻します。
これにより冷えた内臓がどんどん温まります。

…これだけ冷え性の改善に効果的なホットヨガ。

想像しただけでも身体が温まりそうです。

しかしちょっと待ってください!!
実はホットヨガは、冷えを逆に悪化させる要素もいくつか持ち合わせているというのです。
それは一体何故なのでしょうか。

ホットヨガで冷えが悪化?5つの気をつけたいこと


ついさっきまで、散々冷えの改善にはホットヨガがいいんです!!
とおススメしていたのに…とちょっと不信感を抱いてしまった方。

不安にさせてしまい申し訳ありません。
でも調べてみたら、本当に稀にですが冷えを悪化させてしまった方がいるのは確かなようです。

今からその原因と理由。
そしてどのように行えば、冷えを悪化させる要因を無くすことができるのかについてお話しします。

1)体内の水分不足


血液の80%は水で形成されています。
先ほど体内の水分の巡りが良いと、血流もよくなることを説明しました。
逆に水分不足を起こすと老廃物の溜まったドロドロの血液(水分)が体中を巡ることになってしまいます。
ホットヨガは合間に水分補給を行うことで、体内の水分を循環しデトックス効果を発揮できますが、水分補給を怠るとたちまち血液の粘度が増し、体の冷えどころか肌荒れ・むくみ・肩こりなどあらゆる身体の不調を引き起こしてしまいます。

ただえさえ大量の発汗により脱水症状を起こしやすくなっています。
ホットヨガ中は必ずこまめな十分な水分補給を心掛け、血液や水分の巡りを意識しましょう。

2)ミネラルの不足


ミネラルは人が生きていく為に必要な5大要素の1つ。
主にマグネシウム・鉄・亜鉛・ナトリウムなどで形成されています。
ミネラルはブドウ糖をエネルギーに変えるためのエネルギーに使われています。
そしてブドウは糖体内に熱を発生させ、体温を保ってくれる働きをしているのです。

冷え性の方の多くが、このミネラルが不足していると言われています。
ミネラルの不足は体の冷えにとどまらず肌荒れや貧血、自律神経にも影響し、ますます冷えの悪い作用を増幅させてしまいます。

ホットヨガによるミネラル不足を招く原因は、汗と一緒に外へ排出されるためです。
少し詳しくお話しますね。

汗はかき始めはしょっぱくべたつき、だんだんサラサラになるように感じませんか?
汗は毛穴から出る直前まで、ミネラルをたくさん含む血漿成分でできた、血液にとても近い液体になっています。
そして通常血漿成分は、汗として出る直前に体内に再吸収されます。
再吸収された後の汗はほとんどが水分となるので、汗をかき続けるとサラサラと感じられるというわけですね。

エアコンの効いた部屋で長時間過ごす、また運動不足などによって冷え性になっている場合、能動汗腺といわれる発汗するための汗腺が減少しています。
その状態でホットヨガなどを行い急激に大量の汗をかくと、発汗量に対して汗腺の数が見合わなくなり、血漿成分の再吸収が追い付かなくなってしまいます。
そして、その状態で汗をかき続けると血漿成分の濃い汗。
つまりミネラル分が出続けてしまうのです。

そうなるとホットヨガをすればするほどミネラル不足が深刻化し、ますます冷えが悪化してしまう可能性があります。

ホットヨガを行う際はもちろんのこと、それ以外の時も冷え性の方は、水分と共にミネラル摂取を心掛けましょう。

3)アフターケアの怠り


人間の脳は体温が上昇すると、体温を下げようと指令を出し、それにより汗をかきます。
かいた汗が蒸発する際に、一緒に体の熱を奪うので体温が平熱を保つのです。
高熱を出して寝ている間に汗びっしょりになって、起きたら熱が下がっていた…なんて経験が、みなさんにもきっとありますよね。

ホットヨガは行っている最中はもちろん暑いのですが、終わった後もしばらくは体内から温まっている状態です。
スタジオは湿度も高いため汗が蒸発しにくくなっていますが、外に出れば途端にどんどん蒸発していきます。

行った後は早めにシャワーを浴びて汗を流し落とすか、身体を良く拭いて冷えから体を守りましょう。

4)頻繁なホットヨガ


始めたてでやる気満々、または早く効果を出したくて毎日長時間行いたくなってしまうかもしれません。
確かにホットヨガの効果を出すには、継続して行うことが不可欠です。
しかし、行いすぎると自律神経がかえって乱れてしまう恐れがあります。
夏は室温と外気温の差が激しく、自律神経が乱れやすくなると先ほど説明しました。
それと同じような状態が起こってしまうのです。

また、汗もかきすぎると汗腺に負担をかけてしまうのでやはりホットヨガの行いすぎには注意しましょう。
大体週2~3回程度、1日1回までが理想的です。

5)元々ホットヨガが体質に合わない


上記の事を気を付けながら行ったとしても、冷え性の改善が見られず、悪化してしまう人がいるようです。
そのような人は元々体質的に高温多湿の環境が合わず、体の異変が出始めているサインかもしれません。
そのまま無理して続けるとどんどん具合が悪化し、他の重い症状まで引き起こしてしまい、何らかの病気に繋がってしまう恐れもあります。

体質的に合わないのかも…と感じられた方はホットヨガではなく、通常のヨガやピラティスなど他の運動を検討してみてはいかがでしょうか。
ご自分に合った運動で健康やキレイを手に入れましょう。

ホットヨガをスタジオで行うメリット


少し怖がらせてしまったかもしれませんが、ご安心ください!!
ルールや正しい方法をしっかり守り継続して行えば、もちろん安全に良い効果を引き出すことができます。

それにはまず、信頼のおけるスタジオでインストラクターの指導のもと行うことが大切です。

1)高温多湿の環境が保たれる


近年、自宅の部屋やお風呂場でホットヨガを行えると紹介しているサイトや記事を目にします。
しかし室温38℃前後、湿度60%前後に設定し保つのは、時間や電気代もかかりますしとても大変です。
せっかくホットヨガを行うならその効果を十分に発揮させたいと思うはずです。
スタジオなら、事前の準備は着替えや飲み物程度で気軽に行えます。
継続して行うには気軽・手軽がいいですよね。

2)質問や困ったことをすぐに相談できる


ヨガのポーズは普段使う機会の少ない筋肉を伸ばすため、少々動きが難しく一見分かりにくいものがあるかもしれません。
動画やDVDを観て自己流で行っては効果が半減してしまうどころか、身体を痛める原因になってしまいます。

その点、スタジオでしたらわからない部分は直接指導してもらえますし、自分では頑張れると無意識に無理していたとしても、プロの目から見て危険だと判断した際には声をかけてもらえます。
それによりケガや事故がなく安全に行えます。
これがスタジオで行う際の一番のメリットだと私は思います。

3)水分補給のタイミング


こまめな水分補給。
これはホットヨガを行う上で、必ず守っていただきたいことの1つです。
冷え改善のデトックスを促すことにももちろん必要ですが、なにより熱中症・脱水症状を防ぐためです。

一人で行うとついつい熱中するあまり、怠りがちになってしまいます。
その点、スタジオでは必ずインストラクターがタイミングを見て声かけをしてくれます。
そして、もし仮に具合が悪くなってしまった場合にも、周りに人がいれば迅速に適切な対応をしてもらえるはずです。

4)継続して行えやすい


ホットヨガは激しく体を動かすようなスポーツとは違い一見穏やかに見えますが、必ずしも簡単で楽な運動ではありません。
たくさんの汗をかくので当然疲労感はありますし、骨盤矯正や姿勢を根本から正すため、少々きつく感じることもあるかもしれません。
長い間継続して行うことで、確実に効果を発揮できるホットヨガ。
自分一人で行う場合、つい誘惑に負けておろそかに…なんてことも。

ですがスタジオで行う場合、曜日や時間が決まっていることが多いです。
次第に顔なじみができて同じレッスンを受けている者同士で励まし合い、継続して頑張れるようになるかもしれませんね。

何よりせっかくお金をかけて通うのですから、さすがに3日坊主は避けられそう!!

まとめ


…いかがでしたか?
先ほど少し心配された方も、正しい指導のもとルールを守って行えば決して怖いことはありません。

でも今では全国各地にたくさんのホットヨガのスタジオがあり、信頼できるスタジオをどのように見つけたらいいのか不安に思うかもしれません。

ホットスタジオ選びなら、2大人気スタジオを徹底比較したこちらの記事を要チェック!

例えば、ホットヨガスタジオLAVA。
日本最大規模で全国に330店舗以上もあり、ほとんどが駅から徒歩3分以内!!
仕事や買い物のついでにも気軽に通えます。
また一人一人に合った丁寧な指導をしてくれることでとても評判のスタジオです。

もちろん体験レッスン(1,000円ほどで60分)もあるので、まずは自分の体質に合っているのか確認すると同時に、スタジオの雰囲気を身体で感じてみてはいかがでしょうか。

長年女性を悩ませている冷え性を根本から改善して、1年中イキイキと輝ける快適な生活を手に入れましょう!!

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事もよく読まれています♪

  • 便秘解消に良い即効ヨガポーズ14選!朝夜2回の腸ヨガで便秘が治ったクチコミは?

  • 【おうちヨガ】初心者でも簡単!おすすめ無料動画まとめ(朝/夜/肩こり/腰痛/フルレッスン)

  • ほっそり太もも痩せヨガポーズ10選!筋肉太りの太ももを細くする簡単ストレッチ

  • 東京都内のホットヨガ体験ならココ!ヨガスタジオ13選とおすすめランキング!

  • 慢性的な腰痛の改善に効くホットヨガポーズ☆ヨガが腰痛解消に効果的な理由とは?

  • LAVA(ラバ)パワーヨガのレッスン内容まとめ☆初心者向けパワーヨガポーズ30選