1. TOP
  2. ヨガ
  3. ホットヨガのデメリットと危険性まとめ☆やり過ぎで体調を崩すのを防ぐには?

ホットヨガのデメリットと危険性まとめ☆やり過ぎで体調を崩すのを防ぐには?

今女子の間で話題のホットヨガ。ホットヨガにはリラックス効果や新陳代謝アップ、ダイエット効果などメリットがある反面、デメリットや危険な側面があるんじゃないかと気になっていませんか?

でも安心してください。ホットヨガのデメリットや危険性は、正しいやり方でやればほとんど問題ないものなんです。特にホットヨガスタジオでやる場合には、プロのインストラクターがそばにいますから心配いりませんよ。

逆に、我流で行う場合には注意が必要です。

ということで、今回は、ホットヨガを検討中だけどマイナス面が気になる方に向けて、巷で言われているホットヨガのデメリットや体調を崩すなどの危険性のワケとその対応策、マイナス面をはるかに上回るメリットの数々についてまとめてみました。

安全にホットヨガが行えるよう、今からお伝えすることを理解しホットヨガを始めてみてはどうでしょうか。
それでは、早速見ていきましょう!

ホットヨガが危険と言われる5つのワケ&解決策

ホットヨガがリラックス効果、ダイエット効果があると友達などから聞いたり、ホットヨガに興味を持ったり、始めてみようと思っている人が多いのではないでしょうか?
体にいいと言われているホットヨガ……ホットヨガにも、正しいやり方でやらなければ危険性があり体調を崩すなどの面もあるのです。
では、正しい方法でホットヨガをやらないと、どのようなことが危険なのかお話をしていきましょう!

以下のようなことがあげられます。

ホットヨガの危険性
  • 脱水症・熱中症
  • ミネラル不足
  • 関節炎
  • 自立神経の乱れ
  • 体質がホットヨガに合っていない
このような危険性があげられるのです。

でもこうした危険性は我流でやった場合。
ホットヨガスタジオでインストラクターに指導してもらえば、水分補給など適切なタイミングで指示してくれますし、ポーズの指導をしっかり基礎から行ってくれるので、危険性については心配いりません。

では、詳しくホットヨガにはどのような危険性があるのか、またその解決策をお話していきましょう。

1)脱水症・熱中症


まず一つ目のホットヨガの危険性は、『脱水症・熱中症』についてです。
ホットヨガでは、湿度68%・気温は38度ぐらいに調節された中でおこなうのがホットヨガです。そのため、通常のヨガや運動などに比べると、尋常でない汗の量をかくことができるのです。

このように大量の汗をかき十分な水分補給をしていなければ、脱水症・熱中症になり体調を崩すのです。脱水症・熱中症にならないために、ホットヨガをおこなう前の水分補給はもちろん、ホットヨガ中にも最低でも1ℓの水分補給をするようにしましょう♪

2)ミネラル不足

二つ目のホットヨガの危険性は、『ミネラル不足』についての危険性です。
脱水症・熱中症でもお伝えしたように、ホットヨガではたくさんの汗をだしてくれます。この汗とともに体の中のミネラルも一緒に流れ出てしまうのです。

ミネラルとは
ナトリウム・カリウム(不足するとむくみの原因に)
マグネシウム(不足すると頭痛、肌荒れや冷え、こむら返りなど起こす可能性が)
カルシウム(不足すると骨粗鬆症や精神的に不安定になる恐れ)
参照典:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000304397/blog/bidA015296502.html

ミネラルが流れていくことでめまいや貧血、頭痛などを起こしていまいます。このような体にとって大切なミネラルまでも汗とともに流してしまいますが、体内でミネラルを作り出すことはできないので、普段の生活からミネラルを摂取するよな食事や飲み物を飲むようにするといいでしょう。

3)関節炎


三つ目のホットヨガの危険性、『関節炎』について紹介します。
ホットヨガを始めると、『無理をせずポーズをとっていきましょう。』とインストラクターに言われるでしょう。その理由は関節炎と関係があるのです。

ホットヨガのスタジオは気温が高く、体の筋や筋肉が温められほぐれます。温まることで、筋などはゴムのように普段より伸びやすくなりいつもの限界を超えてホットヨガのポーズをとってしまうのです。こうすることで、筋を傷つけ関節炎になってしまうのです。ですので、無理をせず自分のできるポーズをおこなうようにしましょう。

4)自立神経の乱れ

四つ目のホットヨガの危険性は、『自律神経の乱れ』についてです。
自律神経とホットヨガがどのように関わりがあり、どのような危険性があるのか不思議ですよね。自律神経は多くの役割がありますが、その中の一つ体内の体温の調節をする働きをしてくれています。

ホットヨガのように高温多湿のスタジオでは、クーラーの効いた部屋と比べ大きな温度差がありますよね。この温度差が原因で、自律神経は乱れてしまうのです。自律神経が乱れると、下のような症状が現れます。

自律神経が乱れると起こる症状例
  • めまい
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 便秘
  • 疲労感
  • 耳鳴りなど
このような、体調の崩れが起こり得ます。ひどくなると鬱病の危険性も。このような自律神経の乱れを起こさないためには、体調が悪い時はホットヨガは休む、睡眠をしっかりとる、長時間ホットヨガを行わないようにするといったことに気をつけるようにしましょう。

5)体質がホットヨガに合っていない

最後のホットヨガの危険性は、『体質がホットヨガに合っていない』についてです。
体質がホットヨガに合っていないという人は、もちろんホットヨガをおこなうと体調の崩れを感じるでしょう。どのような体質の人が、ホットヨガが合っていないのかは以下のような人が当てはまります。

ホットヨガが似合っていない人
  • サウナや岩盤浴が苦手
  • 頭痛持ち
  • 心臓が弱い人
  • 高血圧
高温加湿のスタジオのため、このような体質の人はホットヨガに合ってないと言えます。ホットヨガをどうしてもしてみたい人は、体験で一度ホットヨガを体験してみるのもいいですね♪

ホットヨガの3つのデメリットと対応策


上では、ホットヨガを正しく行わなかった場合に起こり得る、5つのホットヨガの危険性のワケ&解決策を紹介してきました。次は、3つのホットヨガのデメリットと対応策を紹介しましょう。

1)荷物が多い


では、一つ目のホットヨガのデメリットについては、『荷物が多い』です。
ホットヨガに通うとなると、たくさん汗をかくのでホットヨガ後はシャワーを浴び着替えやバスタオルなどが必要となります。他にも、ヨガマットや水分最低1ℓ、レッスン中に使うタオル、洗顔などしたい方は洗顔、化粧水なども必要になってきますね。

このように、ジムに通うよりも多くの荷物が必要となります。会社帰りなどに行く際には、荷物がかさばり大変ですよね。ですので、スタジオを選ぶ際は、少しでも荷物を減らすためにもヨガマットの貸し出しなどをしているとスタジオを見つけるといいでしょう♪

2)インストラクターの免許


二つ目のホットヨガのデメリットについては、『インストラクターの免許』についてです。
ホットヨガのインストラクターには、専門の免許が必要なく、誰でも教えることができるのです。ですので、スタジオによりインストラクターの質は違うのです。

大手のホットヨガスタジオになると、充実した研修などを取り入れているので、質の高いレッスンが受けることができるでしょう。インストラクターの質や雰囲気、指導がわかりやすいかなどを確認するためにも、体験に行くことをお勧めします!

3)効果が出るのが遅い


次のホットヨガのデメリットは、『効果が出るのが遅い』についてです。
ホットヨガは、他の運動に比べて汗はたくさん出るといいました。ですが、動きはなくポーズをとるホットヨガ。そのため、ホットヨガの運動消費量は1時間400カロリーぐらいだと言われています。他の運動に比べると、運動消費量は低いのです。

また、ホットヨガでは体の中のインナーマッスルを鍛え、新陳代謝がよく脂肪がつきにくい体づくりをしてくれます。ですが、この効果が出るのは、ホットヨガを3ヶ月ほど続けなければ感じることはできません。効果を感じるのは遅いですが、その分、リバウンドをするのも遅く、着実に太りにくい体づくりができるのです♪

みんなが行きたがるホットヨガ☆デメリット上回る6つのメリット


今までは、ホットヨガを正しくおこなわない時に起こり得る危険性やホットヨガのデメリットについて詳しく紹介をしてきました。
次は、このようなデメリットたちを上回るホットヨガが女性から人気のワケをお話ししていきましょう。
やはり、ホットヨガには多くの女性が喜ぶ効果があるのです!

1)新陳代謝をあげる


まずはじめのホットヨガのメリットは、『新陳代謝をあげる』についてです。
ホットヨガでは、普段使わない筋肉を内側から使い、体をゆっくりと温めてくれます。こうすることで、新陳代謝が上がります。新陳代謝が上がることで、脂肪がつきにくい体になるのです。

2)リラックス効果


二つ目のホットヨガのメリットは、『リラックス効果』が期待できるのです。
ホットヨガでは、ポーズをとり動かずゆっくりと意識しながら呼吸をすることで、リラックス効果・ストレス解消といった効果があるのです。

3)女性らしいカラダづくり


三つ目のホットヨガのメリットは、『女性らしいカラダづくり』についてです。
先ほどお伝えしたように、ホットヨガでは普段使うことのないカラダの中の筋肉。インナーマッスルを鍛え、他のジムなどでつく筋肉とは違い、女性らしい引き締まったカラダをつくりだしてくれるのです。

4)アレルギー体質改善


四つ目のホットヨガのメリットは、『アレルギー体質改善』についてです。
アレルギー改善とホットヨガが関係するのかと驚きですよね。汗をたくさんかくことで、汗線が正常に働き身体の中の酸性・アルカリ性のバランスが整えられるのです。バランスがとられることで、アレルギーへ対しての反応が和らげられると言われています。

5)冷え性改善


五つ目のホットヨガのメリットは、『冷え性改善』についてです。
ホットヨガをおこなうと身体の中の筋肉を使い、ゆっくりと温められていきます。すると、血行の流れが良くなり冷え性が改善されるのです。冷え性が改善されることで女性の悩みで多い、生理不順や便秘なども改善されます。

6)美肌効果


最後のホットヨガのメリットは、『美肌効果』についてです。
このメリットは、女性にとって一番嬉しい効果ではないでしょうか。ホットヨガではたくさん汗をかくことで、毛穴に溜まっている汚れや皮脂も一緒に流れてくれます。また、毛穴の開閉機能も促され、毛穴が引き締まり化粧のノリも良くなるでしょう♪

我流ではなく、正しい指導を受けるのがベスト!

何をするにも自己流で!なんて言っていませんか?上で紹介したように、ホットヨガには女子に嬉しいメリットがたくさんあります。

ですが、ホットヨガは正しく行わないと体調を崩してしまったり、効果が出なかったり……。
ホットヨガは、ホットヨガについて知り尽くしているインストラクターさんのレッスンを受け、正しいホットヨガのやり方を学ぶことをお勧めします♪

おすすめのホットヨガスタジオ
  • LAVA:日本最大規模350店舗以上展開しており、体験者数は100万人突破。高品質のレッスンと環境が売り。

    LAVAの詳細はこちら

  • CALDO:全国に展開しており、予約なしでレッスンに参加可能。ダイエット向きプログラムが豊富。

    CALDOの詳細はこちら

いきたいホットヨガスタジオを決め、まずは試しに一度体験ホットヨガをおこなってみてはどうでしょう。
ホットヨガが自分の身体に合っているのか自分の肌で感じてみるといいですね。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
ホットヨガには、正しいやり方で行わなかった場合の危険性、脱水症・ミネラル不足・関節炎・自立神経の乱れ・体質がホットヨガに合っていないなどについてお話しをしてきました。
また、荷物が多い・インストラクターの免許や効果が出るのが遅いといったデメリットもありましたね。

ですが、この危険性やデメリットを知って正しいやり方でホットヨガを始めることで、安全で楽しいホットヨガのある生活が楽しめることでしょう!

女性の悩みである冷え性改善、美肌効果・女性らしいカラダ・太りにくい体をつくり出してくれたり、多くのメリットがあるホットヨガ。
あなたも、まずは体験レッスンで試しホットヨガを肌で感じてみましょう♪

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!