1. TOP
  2. 歯茎が痩せるってマジ!?下がる原因と元に戻す回復方法、効果的な歯磨き粉は?

歯茎が痩せるってマジ!?下がる原因と元に戻す回復方法、効果的な歯磨き粉は?

皆さんお口の健康には気を使っていますか?お口の健康は体の健康につながっています。しかし、虫歯や歯周病には気を使っても歯茎にまで気を使っている方は少ないかもしれませんね。

しかし、歯茎も年齢とともに衰え、痩せていってしまう事をご存知ですか?歯茎は痩せると老けて見えるという驚愕の事実も!しかも老けて見えるだけでなく歯が抜け落ちるという危険性もはらんでいます。

どうして歯茎は痩せるの?歯茎の痩せる原因は何なのか。歯茎が痩せるとどんなデメリットがあるのか。あなたの歯茎の状態をチェックし、元に戻す方法やおすすめの歯磨きまでしっかりと調べていきましょう。

歯茎が痩せるってどういう事?

年齢を重ねる事で変わっていくこと。それは体の老いを感じるようになることですね。体の老いは運動能力やシミやしわだけでなく、お口の中でも起こっています。歯茎が痩せていく事もお口の中の老化の一つです。

老化以外にも歯周病は歯茎が痩せる・下がる原因になります。この場合は歯が抜けてしまうような深刻な事態にも陥りかねません。歯茎が痩せると年齢以上に老けて見えるだけでなく、口臭や知覚過敏を起こす可能性も高まります。

【歯茎が痩せる】若い頃には気にもしなかった体の変化を放置しておくことはおすすめしません。常にお口の中をチェックして歯茎の健康も維持していきたいものですね。

歯茎が痩せると起こる3つのデメリット

歯茎が痩せるという事がどういう事なのか分かりましたね。そこで歯茎が痩せるとどのようなデメリットがあるのか、もっと詳しく調べていきましょう。

1) 老けた印象になる

歯茎が下がると歯と歯の間に隙間ができたように見えます。歯茎が痩せる・下がるといった症状が起きている場合は歯茎の色もくすんでいます。こういった口の印象が年齢よりも老けて見える原因となります。

白い歯とともにピンク色のぷっくりつやつやした歯茎は若々しさの象徴といっても過言ではないでしょう。

2) 歯周病の悪化

歯茎が瘦せる・下がると歯と歯茎の隙間が大きくなります。そうなると隙間に詰まる食べかす・菌が増える事に繋がります。こういった口腔衛生の悪化が歯周病の進行に繋がっていきます。

歯周病は、歯垢の中にある細菌が歯肉に炎症をひき起こす病気です。そのまま放置する事で歯を支える骨を溶かしていきます。最終的には歯が抜け落ちる、顎の骨が溶ける原因となるので放置は厳禁ですよ。

3) 口臭がきつくなる

歯と歯茎の間に大きく隙間があると、食べかすや雑菌が詰まりやすくなります。これらは口臭の原因になります。口が臭いと思われる。考えただけでもぞっとしますが、かなりデリケートな問題の為、周りもなかなか指摘できず本人だけ知らぬまま放置されがちです。

老いも若きも関係なく、口臭問題は避けたいものですね。歯茎下がりが口臭の原因になるのなら、絶対に解消したいですね。

歯茎が痩せると私たち女性にとっては怖いことばかりではすね。では、なぜ歯茎が痩せてしまうのか原因を見ていきましょう。思い当たることがないか、チェックしてみてください。

歯茎が痩せる5つの原因

歯茎が下がる・痩せる症状である【歯肉退縮】は正しいケアで進行を遅らせる事ができるそう。しかし、きちんとケアをしているにもかかわらず、歯茎の状態が良くならないならば、何らかの原因があると考えられます。原因がはっきりすれば対処法もおのずとわかるというもの。

では歯茎の痩せ・歯茎下がりの原因を調べていきましょう。

1) 加齢による歯茎の痩せ・歯茎下がり

若い人は歯茎下がりについての心配はあまり感じないかもしれませんね。多少いい加減なケアでお手入れを怠っていたとしても歯茎下がりで悩む、という事はほとんどないのではないでしょうか。しかし、年齢を重ねるとそうタカをくくってはいられないのが現実です。

一般的に歯茎は10年で2ミリ程度下がるそうです。2ミリと言われてもピンとこないかもしれませんが、歯茎は1ミリ下がるだけで印象が違うと言われています。

20代のころには感じにくいからと言っても歯茎下がりが起こっていないわけではありません。年齢を重ねるごとに進む歯茎下がりの前兆を放置したまま、30年後に深刻な状態に。そんな結果は避けたいものです。

2) 歯周病が原因の歯茎下がり

歯周病は日本人の80%以上がかかっているという国民病です。歯周病は歯茎の痩せよりも、歯茎下がりの原因になると言わせています。この歯周病での歯茎下がりはそれほど高齢でなくても起こる可能性があるので注意が必要です。

歯周病は歯茎に歯肉炎がおき、歯垢がたまり増殖する事で悪化していきます。歯周病が悪化すると炎症が進むだけではなりません。自覚症状がないまま歯を支える骨が溶けることもあり、適切なケアが必要です。

歯周病が進むと歯茎の一部分だけ異常に下がり、歯を支える骨部分が露出する事もあります。骨部分が露出すると、菌の増殖が進み、口臭もきつくなるそうです。

3) 間違った歯磨きによるダメージ

歯周病や虫歯の予防には歯磨きが重要!これは誰もが知る常識ですが、そのやり方も大切なようです。間違った磨き方でゴシゴシと強い力で磨いてしまうと柔らかい歯茎は削れてしまいます。歯ブラシは細かい動きで優しく磨くことが基本です。

無理やり歯間ブラシを使う事も、歯茎の痩せに繋がる様なので注意しましょう。力を入れなくても細かい動きで丁寧にブラッシングする事で、歯の汚れはきれいに落とすことができます。

4) かみ合わせが悪い事が原因の歯茎下がり

かみ合わせが悪いと歯茎下がりの原因になります。かみ合わせが悪く、歯や歯茎に余計な力がかかっていると、力のかかっている部分の歯茎が痩せ、歯根まで見えてしまう事があるようです。

かみ合わせ以外にも歯ぎしりも歯茎下がりの原因になってしまいます。つまり歯や歯茎に極度な力が加わった場合、歯茎が痩せ、下がる原因になるのです。それ以外にも心や体にストレスがかかり、歯を食いしばる行為も歯茎下がりの原因になります。

5) 歯並びが悪い場合も注意

歯並びの悪さも歯茎が痩せる・下がる原因になります。歯並びが悪いと歯と歯の間にに隙間ができやすく、歯垢や歯石が溜まりやすくなります。

顎が小さい事も歯並び悪化の原因です。顎が小さいと歯が本来生えてくる場所がなく、結果的に歯並びは悪くなってしまいがちです。その場合、歯を抜き適正な本数にするといった処置が必要な場合も。

歯並びが悪いと、いくら歯磨きをきれいに行っても歯茎への負担は減りにくいそうです。その為、時間とともに歯茎下がりが深刻になるようです。

あなたの歯茎下がってない?歯茎下がりチェックリスト

歯茎が痩せる・下がる原因やデメリットは分かりましたが、初期の場合などは、自分は歯茎下がりなのか分かる人は少ないかもしれませんね。毎日見ている口の中だけに少しの変化では気づかずに、気づいた時には進行している事は少なくありません。

チェックリストで自分の歯茎の状態を知ることはとても大切ですよ。

歯茎下がりチェックリスト
  • 1) 前歯の歯と歯の間に隙間ができている
  • 2) 歯茎の際の歯の色が変色している
  • 3) すきっ歯が気になる
  • 4) 空気が漏れるので正しい発音がしにくい
  • 5) 知覚過敏が気になる
  • 6) 食べ物が歯に詰まるのが気になる
  • 7) 歯並びが悪い
  • 8) 歯ぎしりがひどいと言われる

あなたはいくつ当てはまりましたか?多く当てはまるほど歯茎下がりが進行している可能性があります。気になる方は放置せず、なるべく早く対応策をとる事が大切です。

歯茎痩せを食い止める!歯茎を元に戻す5つの方法

歯茎下がりや歯茎が痩せてしまう事が見た目だけのデメリットではないことが分かりましたね。しかし、安心してください。歯茎の正しくケアする事で歯茎の痩せは遅らせる事ができるのです。ではどのように対処すればいいのかを調べていきましょう。

1) 歯磨き・ブラッシングの見直し

歯茎下がりの大きな原因の一つは歯磨きの際に力を入れすぎる事だそうです。口の中は粘膜で柔らかく削り取られやすいのです。その為毎日の歯磨き習慣で力を入れすぎると、歯茎がどんどん痩せていく原因になってしまいます。

正しい歯磨きはとにかく力を入れず優しく丁寧に、が合言葉です。正しい歯磨き方法をマスターして歯茎下がりの予防をすることが大切です。

2) 歯周病の改善

歯磨き習慣だけでなく歯周病の改善や予防も大切になってきます。何の自覚症状はなくても日本人の80%は歯周病というのですから明日は我が身です。定期的に歯医者に行ってメンテナンスする事も大切なようです。

歯の汚れが歯石になってしまうと磨くだけでは取る事はできなくなります。歯石には多くの菌が潜んでいて放置しておくと菌の増殖で口臭がきつくなることもあります。

3) かみ合わせや歯並びの改善

かみ合わせや歯並びが悪く歯茎に余分な負担がかかっているようなら、その治療を行う事で歯茎下がりが軽減する可能性があります。こちらは自己判断が難しいので、歯科医師の診断を仰ぐようにしましょう。

大切なのは自分の歯茎下がりがどのような原因で起こっているかを正しく把握する事です。

4) 食事・生活習慣の見直し

過剰に甘いものを食べる、寝る前に食事する事が多い方は生活習慣や食生活の見直しをしましょう。ダラダラと何かをいつも口に入れているという方も見直しが必要です。

もちろん食事の後に優しく丁寧な歯磨きが常にできる事が理想ですが、なかなか完璧に行うのは難しいのが現実です。その場合は抗菌作用のある緑茶を飲むことも有効です。自分の生活スタイルに合った対応を行う事が大切になってきます。

5) 審美歯科での歯茎治療

歯茎の痩せや歯茎下がりが深刻な場合は審美歯科で歯茎の再生治療を受ける事も出来ます。ヒアルロン酸を使った治療や歯茎の組織を移植するといった治療があるようで、自分の症状に合わせた治療をチョイスする事ができます。

しかし当然ながら保険適応外なのでそれなりのお値段がかかってくる事は否めません。審美歯科での治療はやはり最終手段。一番は早期の対策で歯茎が痩せにくい・下がりにくい状態を維持する事なのではないでしょうか。

どんな歯磨き粉を選ぶべき?選び方の6つのポイント

最近は歯茎下がりを予防する効果のある歯磨き粉も多く販売されているようです。歯茎下がりを直接改善するものから、間接的に予防・改善していくものまで様々ですが、どのようなものがおすすめなのか調べていく事にしましょう。

1) 歯茎下がり専用歯磨き粉

歯茎下がり・歯茎が痩せる原因はコラーゲンの減少だとされています。そのためにコラーゲンの減少を防ぐ歯磨きがおすすめです。お口の中を若々しく保つために、抗酸化作用や健康な歯茎には欠かせないひきしめ作用のある成分の入ったものもおすすめです。

歯周病ケアはしっかりしている!気になるのは歯茎の痩せや歯茎下がりだ、という方は歯茎下がりに直接効果のある歯磨き粉をチョイスしましょう。

2) 歯周病菌を撃退する成分が入っているもの

歯周病は歯茎下がりの大きな原因です。穴tの歯茎下がりの根本原因が歯周病なら歯周病対策をうたう歯磨き粉を使用しましょう。歯周病対策の歯磨き粉は生薬由来・ハーブで殺菌いうものから、歯周医学からアプローチした成分配合というものまで様々です。

たくさんの市販品がありますが歯周病対策!と大きく表記していますので探すのは簡単ですね。

3) 抗炎症成分が入っているもの

歯周病になると歯茎が腫れてしまいます。歯茎の腫れは痛みや出血を伴います。その為しっかり歯磨きできない!という方も多いようですね。抗炎症成分の入った歯磨き粉なら腫れや痛み、出血を改善し予防してくれるのでしっかりとした歯磨きができるようになります。

歯周病の不快症状を軽減してくれるので、しっかりと正しいケアを行いやすくなります。

4) ジェルタイプ

歯周病菌はバイオフィルムという膜に守られていることが分かってきました。つまりバイオフィルムに阻害され薬用成分は浸透しにくいのです。そこでジェルタイプの歯磨き粉が効果を発揮してくれるのです。ジェル状の歯磨き粉は歯周ポケットに長くとどまる事によって殺菌効果を通常のものより発揮しやすくなります。

5) フッ素配合歯磨き粉

歯茎が下がると象牙質がでてきます。象牙質は歯の表面のエナメル質より柔らかいのでむき出しになると虫歯になりやすいことが分かっています。その為歯茎下がりでむき出しになった象牙質を強くするフッ素配合のハミ額がおすすめです。しかしこちらは歯茎下がりを防止するものではなく、歯茎が下がってしまった時の象牙質の一時的なケアの為、使用するものと頭に置いておきましょう。

6) 研磨剤無配合のもの

研磨剤が配合されている歯磨き粉は歯が白くなり汚れが良く落ちるかもしれませんが、歯が薄くなる可能性があります。特に歯茎下りで象牙質がむき出しになっている場合、歯の表面にあるエナメル質より柔らか為さらに削られやすい状態です。

オーラルケアに力を入れている方から研磨剤入りというと敬遠されがちですが、研磨剤入りの歯磨き粉もメリットはあります。研磨剤入りのものは歯の着色汚れを落とすことができるので、歯の黄ばみが気になる方にはおすすめの歯磨き粉です。

大切なのは自分のお口の中の状況を見極めた歯磨き粉選びだと思います。

おすすめ歯磨き粉の選び方まとめ
  • 1) 歯茎下がり専用歯磨き粉
  • 2) 歯周病菌を撃退する成分が入っているもの
  • 3) 抗炎症成分が入っているもの
  • 4) ジェルタイプ
  • 5) フッ素配合歯磨き粉
  • 6) 研磨剤無配合のもの

まとめ

歯茎は歯を支える土台です。どれだけしっかりと歯が残っていても、その土台である歯茎が健康でないと意味がありません。年齢とともに歯茎が痩せてしまう、下がってしまう事は仕方のない事とあきらめてしまわないでください。

早期に適切なケアをすることでお口の中の健康を取り戻すことができるかもしれません。では歯茎の痩せや歯茎下がりについておさらいをしておきましょう。

歯茎が痩せるデメリット
・歯茎が痩せると老けて見える
・歯茎が痩せると歯が支えられなくなり、歯が抜け落ちる原因にも
・歯周病が進み口臭の原因にも

歯茎が痩せると見た目の老いを感じさせるだけではありません。年齢を重ねると、誰しも起こる可能性がある歯茎の痩せや歯茎下がりの症状は、適切なケアで進行を遅らせたり症状を緩和させることができます。仕方ない事と放置する事だけは避けたいものです。

歯茎を元に戻す効果的な対応策
  • 1) 歯磨き・ブラッシングの見直し
  • 2) 歯周病の改善
  • 3) かみ合わせや歯並びの改善
  • 4) 食事・生活習慣の見直し
  • 5) 審美歯科での歯茎治療

これらの方法を参考にしてしっかりと歯茎のケアも行いましょう。口元から若々しい自分をプロデュースして下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!