1. TOP
  2. 美容
  3. 毎日は洗顔しすぎ!?頻度や回数、温度などニキビや肌荒れを治す正しい洗顔方法は?

毎日は洗顔しすぎ!?頻度や回数、温度などニキビや肌荒れを治す正しい洗顔方法は?

毎日の肌のお手入れの始まりはしっかりとした洗顔から。そんな方も多いのではないでしょうか。でもちょっと待って!!その常識、本当に正しいのでしょうか?実はなかなか治らないニキビや乾燥肌が、あなたの毎日の洗顔から始まっているかもしれませんよ?

どうして洗顔しなくちゃいけないの?どんな洗顔方法が正しいの?そんないまさら聞けない洗顔の基礎知識から、洗顔がもたらすメリットデメリットまで、あなたの知らなかった洗顔について詳しく調べていきましょう。

洗顔を極めれば美肌は手に入ったも同然!?です!

今さら聞けない洗顔の常識・非常識

毎日行う洗顔。あなたはどれくらい知っていますか?洗顔について誰からも教わった事はない、何となくしなくちゃいけない感じがしてやっているという方がほとんどなのではないでしょうか?

今さら聞けない洗顔の基礎知識からおさらいしていきましょう。

どうして洗顔するの?

どうして洗顔するのか。その答えはシンプル。汚れを落とすためですね。汚れにはたくさんの種類があります。しっかりと落とさなければならない化粧汚れから、皮脂やほこりなどの比較的落ちやすい汚れまで、その汚れの種類は様々です。

化粧汚れの中でもウォータープルーフタイプのものから自然派化粧品まで、その落ちやすさは変わってきます。それなのにいつも洗顔方法は同じ、使う洗顔料は同じという方がほとんどです。

洗顔は、洗顔料を使ってしっかり洗う事が美肌への近道!この間違った思い込みがあなたの肌トラブルの原因なのかもしれませんよ?

洗顔の豆知識その1
・洗顔は汚れを落とすためのもの
・汚れの質によって洗顔料を変えることが大切

洗顔料って必要?要らない?

基本的な疑問、洗顔料は必要か?それに対しての答えを大雑把に言うと、化粧した日はYES、化粧していない日はNOです。化粧は洗顔料なしでは落としにくいですが、皮脂やほこりなどの生理的汚れは洗顔料を使用しなくてもきれいに落とすことが出来ます。それどころか洗顔料を使用すると皮脂を落とし過ぎる危険性があるのでぬるま湯洗顔がおすすめです。

特に朝の洗顔はホットタオル(蒸しタオル)を使って顔を温め、優しく汚れをふき取るだけのホットタオル洗顔でも十分なくらいだそうです。

洗顔の豆知識その2
・化粧しない日の洗顔、洗顔料は不要
・皮脂やほこりはぬるま湯洗顔できれいに落とせる
・朝洗顔はホットタオルで汚れを浮かし、優しくふき取るだけでも良い

水で?お湯で?温度も重要


先ほど洗顔料を使用しないならぬるま湯洗顔がおすすめとお伝えしましたが、洗顔は温度もとても重要です。洗顔料を使わない洗顔や、洗浄料を使った洗顔前の予洗いはぬるま湯で行う事が大切です。

しかし、洗浄料を使用した後のすすぎ洗いは冷たい!と感じるくらいのお水でしっかりとすすぐことがポイントです。洗浄料で皮脂が落ちやすくなっているのでお湯やぬるま湯で洗うとさらに皮脂が落ちやすくなってしまいます。

それを防ぐために冷たいと感じるくらいのお水でしっかりとすすぎ洗いすることが大切ですよ!

洗顔の豆知識その3
・洗顔前の予洗いはぬるま湯で行う
・洗顔料を使っての洗顔時、すすぎは冷たい水でしっかりとすすぐ

重要なのは肌の自浄作用!バリア機能と再生力


美肌に大切なのは一体何でしょう?高級な有効成分?それともエステやパックなどのスペシャルケアでしょうか?実は本当に大切なのは肌自身の自浄作用です。ここで言う自浄作用とは、自分の力で肌を再生する力や乾燥から肌を守るバリア機能の事を指しています。

外側からプラスするケアよりも内側から守る力が美肌には重要です。その内からの力を発揮するためには洗いすぎて皮脂を落とし過ぎない事、洗いすぎて角質層のバリア機能を壊してしまわない事が重要ですよ。

洗顔の豆知識その4
・洗顔料を常に使うと皮脂を落とし過ぎてしまう
・皮脂の落とし過ぎはバリア機能を壊すことに繋がる

肌荒れのサイン!原因は洗いすぎ?

肌がゴワゴワしている、皮脂が出過ぎて止まらないこんな肌トラブルは体質や肌質と諦めていませんか?もちろん肌質も関係していますが、間違った洗顔がその状態を悪化させているかもしれませんよ?

意外な原因!オイリー肌はなぜ作られる?

すぐテカる!あぶら取り紙がいくらあっても足りない!というあなた。テカりの元である皮脂をしっかりとるために日々洗顔しすぎていませんか?実は洗顔のし過ぎはさらなる皮脂の分泌を招いてしまいます。

洗顔料を使用してゴシゴシと洗顔すると皮脂はとれすぎてしまいます。その時の肌は皮脂だけでなく肌の水分まで奪っていくのです。乾燥肌を察知した肌は、これ以上乾燥を進行させないために水分蒸発を防ぐ皮脂をどんどん分泌させてしまいます。

皮脂の過剰分泌やテカリの原因は洗いすぎによる乾燥の可能性が高いのです。せっかく天然のスキンケアオイルである皮脂が出てくれているのですから落とし過ぎず潤いを守ってもらいましょう!

オイリー肌の原因
・洗いすぎて肌が乾燥に傾き、それをリカバーしようと皮脂分泌が激しくなる
・皮脂を洗い落とし過ぎない事が大切

乾燥肌のひどくなる原因とメカニズム

乾燥肌は角質層のバリア機能が衰えやすい傾向にあります。肌の潤いを守るバリアがはがれやすくなっていて、そこからどんどん水分が蒸発していってしまうのです。この肌のバリア機能がはがれる原因となるのが【洗いすぎる】という事です。

乾燥肌の方は皮膚が薄く傷付きやすい状態に陥っています。その肌をゴシゴシこする洗顔を続けていると乾燥肌を通り越した乾燥性敏感肌になってしまう可能性が高くなってしまいますよ。乾燥を自覚している方は洗顔料をなるべくマイルドなものにし、化粧も落ちやすいタイプのものに変えるほうが良いでしょう。化粧をしていないならぬるま湯のみでの洗顔をおすすめします。

乾燥肌の原因
・乾燥肌は肌が薄くバリア機能が崩れやすい
・皮脂分泌が少なく肌を守る機能が低い
・洗顔のし過ぎはさらにバリア機能を壊すので洗浄力の弱いもので丁寧に洗う事が大切

エイジング肌も洗顔が大きく関わっている?

年齢を重ねたエイジング肌も洗顔が大きく関わっている可能性があります。肌に負担をかけるような洗顔をすることでたるみの原因にもつながります。毛穴の開きはオイリー肌の特徴ですが、エイジング肌の特徴でもあるたるみ毛穴は、開いた毛穴が乾燥する事によって起こる症状です。

強すぎる洗顔料で洗う、1日に何回も洗顔するといった自分なりのスキンケアがエイジング肌の進行速度を早めているかもしれませんよ?

ダメな洗顔していない?ここがダメだよ!チェックリスト

正しい洗顔していますか?ダメな洗顔していませんか?と言われてもなかなかピンときませんよね。ここではどんな洗顔をしてはいけないのか、チェックリストを作っていきたいと思います!

ダメな洗顔8つのチェックリスト
  • 1) 洗顔する手が汚い
  • 2) 汚れ具合に関わらず同じ洗顔料を使っている
  • 3) 熱いお湯で洗顔する
  • 4) 泡が荒い又は泡立てない
  • 5) ゴシゴシと強い力で洗顔する
  • 6) 1日に何回も洗顔する
  • 7) 落ちにくいメイクも専用リムーバーを使わず洗顔料で洗う
  • 8) すすぎ洗顔をしっかり行っていない

あなたはいくつ当てはまりましたか?当てはまる数が多いほど肌トラブルが起こる可能性が高くなります。正しい洗顔を身に付け美肌への一歩を踏み出しましょう!

正しい洗顔方法、詳しく教えます!

丁寧すぎるというくらいでちょうどよい、というくらい肌は摩擦や刺激を嫌います。もちろん化粧をしていない時は洗顔料を使わないぬるま湯洗顔で十分汚れは落とせます。こちらのYouTube動画では丁寧に正しい洗顔方法をレクチャーしてくれていますよ。化粧をしていてもこの洗顔法を続ければみるみるうちに美肌に近づいていく事でしょう。

正しい洗顔方法
1) 髪をまとめ手をきれいに洗う
2) こすらないように肌にぬるま湯をひたすイメージで30回ほど予洗い、顔を十分湿らす
3) 泡立てネットできめ細かい泡を作る
4) 泡を顔の5つくらいのポイントに乗せパックするように伸ばす
5) 中指と薬指だけで優しくマッサージするように洗う
6) すすぎは冷たい水で優しくしっかりと行う
7) 水滴は優しくティッシュオフする
正しい洗顔の注意点
1) 肌を手でこすらない
2) 泡を転がすようなイメージで優しく洗う
3) 乾燥肌の場合、比較的洗浄力の弱い固形石鹸がおすすめ
4) 洗顔後、タオルでゴシゴシ顔を拭かない

肌タイプ別おすすめの洗顔料はどんなもの?

肌タイプによって洗顔料を変えることは大切です。では肌タイプ別おすすめ洗顔料と洗顔法のポイントをお伝えしますね。

オイリー肌用おすすめ洗顔料+洗顔ポイント


オイリー肌の方は洗顔フォームを使用可能です。しかし、洗顔フォームをしっかりと泡立てキメの細かい泡で洗う事が大切です。多くても1日2回までとし、化粧をしていない朝はなるべくぬるま湯洗顔で済ませるようにしましょう。

テカリを落とそうとゴシゴシ洗うのではなく優しく泡を転がすように洗いましょう。自分はオイリー肌だと思い肌が突っ張るほど洗うのは厳禁ですよ!

オイリー肌の洗顔方法ポイント
  • 洗顔フォームはしっかりと泡立てて
  • フォーム洗顔は1日2回まで
  • 肌が突っ張るほど洗わない

乾燥肌用おすすめ洗顔料+洗顔法

乾燥肌の方は固形せっけんやベビー石鹸の使用がおすすめです。固形石鹸は洗顔フォームに比べ固い泡ができにくいので泡立てネットで水を少なめにし、しっかり泡立てる事が大切です。

乾燥肌の方は石鹸での洗顔は化粧を落とす時のみで、なるべくはぬるま湯のみの洗顔がおすすめです。落ちやすい化粧品に変えることも重要ですよ。化粧をしていない時は、はちみつ洗顔がおすすめです。

一般的に知られているはちみつ洗顔はしっかりと泡立てた洗顔料にはちみつを混ぜたもので洗顔するというものですが、乾燥肌のはちみつ洗顔は少し違います。乾燥肌のはちみつ洗顔はぬるま湯でしっかりと湿らせた肌にはちみつをそのままパックし洗い流すというものです。

はちみつには保湿作用だけではありません。分子が細かいので汚れや不要な角質を保湿しながら取り去ってくれる効果があります。もちろんパッチテストを行い異常がない場合に行って下さいね。

乾燥肌の洗顔法ポイント
  • 固形せっけんやベビー石鹸がおすすめ
  • 洗顔料を使っての洗顔は1日1回まで
  • 基本はぬるま湯洗顔
  • はちみつパック洗顔もおすすめ

エイジング肌用おすすめ洗顔料+洗顔法

エイジング肌の方も洗顔フォームは皮脂を取りすぎてしまうので固形石鹸がおすすめです。エイジング肌は皮脂の分泌も少なくなりますし、水分の保水力も落ちている状態です。皮脂を落とし過ぎないように、皮膚のたるみに繋がるゴシゴシ洗いをしないように心がけることが大切です。

エイジング肌の場合も洗顔料を使う洗顔は1日1回までに抑えておきましょう。

エイジング肌の洗顔方法ポイント
  • 洗顔料は固形石鹸がおすすめ
  • ゴシゴシ洗顔はたるみ肌に繋がる
  • 皮脂の分泌、水分保水力共に衰えているので皮脂を取りすぎない
  • 洗顔料使用の洗顔は1日1回まで

洗顔料、選び方のコツ

基本的に洗顔は汚れを落とすためにあります。その為、ぬるま湯で落ちる汚れなら洗顔料は必要ありません。しかし、ぬるま湯では落とせない化粧汚れなどは洗顔料を使い優しくしっかりと汚れを落とすことが美肌への近道となります。

私は乾燥肌だから、オイリー肌だからとおすすめされた洗顔フォームでも固形石鹸でも何でもいいという訳ではなくその時の自分の肌状態を確認する事が大切です。肌質が改善したら、悪化したらという感じに体調や肌のコンディションによって使用する洗顔料を変えることが大切ですよ。

女性は生理周期があるのでその時期特有の揺らぎ肌にも注意が必要です。肌のコンディションが悪い時は落ちにくいメイクは控え、優しい洗顔で済ませられる工夫も必要かもしれません。

面倒くさがらず自分の肌に向き合う事が美肌への近道なのかもしれませんね。

洗顔にまつわる美肌習慣のすすめ

【顔を洗わない】【顔を洗いすぎ】このフレーズは顔を全く洗わなくていいという意味ではありません。顔を洗いすぎと言われたから、朝はメイク汚れもないからとぬるま湯洗顔すらしないというのは美肌から遠ざかるNG行為です。

起きたすぐでも夜のお手入れの化粧水や乳液がほこりや夜間に出た皮脂と混ざり汚れている状態です。それ以外にも朝のぬるま湯洗顔は肌をしっとりと潤わせ、その後のケアの効果を高める役割もあります。

キャッチーなフレーズに踊らされず、正しい洗顔方法をマスターしましょう。

○○についての記事です。
この記事が役に立ったら、サイトの方も「いいね!」と「シェア」をお願いします^^
# # #

まとめ

いかがでしたか?

今さら聞けない洗顔の常識・非常識、肌荒れと洗顔の関係、肌タイプ別おすすめ洗顔料と洗顔のポイントなどをご紹介してきました。

肌荒れを治すには正しい洗顔から。優しい洗顔をすることで皮脂を落とし過ぎない事、力を入れずに泡で洗うということが分かりましたね。汚れの質によって必ずしも洗顔料が必要でないという事も分かりました。

私たちの周りにはたくさんの情報があります。その中のキャッチーなフレーズが独り歩きしているという事も少なくありません。洗顔しすぎ!顔を洗いすぎ!だから洗顔は控えて!と勘違いしている人も多いようです。

しかし、それは間違い。洗浄力の強い洗顔料を使い、ゴシゴシと洗いすぎていませんか?という事だったんですね。優しく洗顔して1日の汚れをきちんと落とすことも美肌には大切な事です。その時に大切な皮脂まで落とし過ぎないようにしましょうね。

では大切なポイントをおさらいしましょう。

ぬるま湯洗顔のメリット
・皮脂を落とし過ぎない
・余分な皮脂やほこり汚れなら十分に落とせる
ぬるま湯洗顔のデメリット
・化粧汚れなどの落ちにくい汚れは落とせない
洗顔料の選び方ポイント
  • 乾燥肌は固形石鹸
  • オイリー肌は洗顔フォーム又は固形石鹸
  • エイジング肌は固形石鹼
  • 生理周期などの自分の肌状態によって選ぶことも大切
  • どの洗顔料を使用する場合も固く細かい泡を作る事

ちなみに、ニキビを改善して美肌を得る洗顔法として週1回の「塩洗顔」という美容法が注目されています。ハリウッドの有名女優もやっているとか。ただし、やり方を間違えないように注意が必要です。美肌に効果的な洗い方のポイントなどを次の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

美肌を作るためには自分に合った洗顔料で優しく丁寧に洗うことが大切です。丁寧な洗顔は少し時間はかかるかもしれませんが、美肌に繋がる習慣として自分の肌を見つめなおす姿勢が大切ですよね^^ さあ、今日から美肌をつくる洗顔習慣を始めましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!