1. TOP
  2. U-NEXT,dTV,Hulu 動画配信サービスを徹底比較!コスパ最高で通勤時に視聴できるのは?無料トライアルのお得度も

U-NEXT,dTV,Hulu 動画配信サービスを徹底比較!コスパ最高で通勤時に視聴できるのは?無料トライアルのお得度も

休日に予定がないとき、通勤時の電車の中、食事中に見ながら。こんなときに動画配信サービスでお気に入りの映画や漫画を見られたら最高ですよね!

大手配信会社の動画配信サービスも出揃ってきて、見放題の作品も充実してきています。それだけに「結局どこが一番良いの?」と決められずにまだ申し込みできずにいるんではないでしょうか?

もちろん、コスパと作品の充実度がポイントだと思いますが、サービス内容が様々なので一様に比べられないのも事実です。そこで、人気のある3大動画配信サービス、U-NEXT、dTV、Huluの料金やコスパ、作品数や最新作などの対応、スマホやオフラインでの視聴など徹底比較してみました。また、3社とも無料トライアルを試してみての筆者のオススメもご紹介しますよ♪

月額料金の比較!コスパ最高は?


大切なのはやっぱりコスパですよね。月額利用料を比べるのは簡単なのですが、単純に価格だけで決めるのではなく、費用対効果(コスパ)で判断することが大切です。

月額利用料の比較
  • U-NEXT :月額1990円(税抜)※
  • dTV   :月額500円(税抜)
  • Hulu  :月額933円(税抜)
※ただし、U-NEXTは個別課金作品に使えるポイント1,000円分を含む

月額利用料だけで見ればdTVが圧倒的に安いですね。しかし、最も高額なU-NEXTには特典が付いているので無視できません。

U-NEXTは毎月1日に個別課金のタイトルの視聴に使えるポイントが1000ポイント貰えます。このポイントは期限内での持越しが可能で、実質¥990円+1000ポイントのギフト券と考えると理解しやすいですね。

コストパーフォーマンスで考えると、1000円弱で横並びのU-NEXTとHulu、500円のdTVというように、月額料金では大差はありません。それよりも後述のサービス内容の比較が重要です。

気になる作品数の比較!


続いて、作品数で比較してみましょう。せっかく月額料金を払って会員になっても、作品数が少ないために見たい動画がまったく無い!ということでは、満足できないし損した気分になってしまいますよね。コスパを比較するうえでは作品数も欠かせない比較材料です。

作品数の比較
  • U-NEXT :120,000本以上(見放題+個別課金)
  • dTV   :120,000本以上(見放題+個別課金)
  • Hulu  :20,000本以上(全て見放題)

U-NEXTやdTVの12万本以上というのは、やっぱりすごいですね。Huluの2万本というのは、少し見劣りがしてしまいます。

U-NEXTとdTVは個別課金の作品を加えた数なので、単純に比べることはできませんが、実際に作品のラインナップを見てみると見放題の作品だけで比べてみても、やっぱり、U-NEXTやdTVのほうが多いようです。

もちろん、大切なのは作品数ではなくて、『見たい作品があるか?』ということなのですが、作品は多いほうがいいですよね。

得意ジャンルと不得意ジャンルの比較!


というわけで、どんなジャンルが得意なのか、印象をまとめてみました。
あくまでも筆者がどの動画配信サービスに入会するか、比較検討してそれぞれのサービスにトライアル利用してみた時の印象です。人によって感じ方に違いがあるかもしれませんが、正直にお伝えしていきます。ご参考まで。

U-NEXTの得意ジャンルと特徴

【U-NEXT】得意・不得意ジャンルと特徴
【得意ジャンル】
  • 洋画・邦画
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • アダルト
【特徴】
電子ブックと雑誌の読み放題がある

U-NEXTは全体的にに充実していて不得意なジャンルはありませんが、個別課金の作品が多いので、見放題に限るとドラマも少ない印象を受けます。

個別課金があることで最新作がいち早く見られる利点はありますが、動画配信サービスの醍醐味は見放題なので、デメリットのひとつにはなるでしょう。アダルトに強いのは特徴といえます。実は最近は女性でもアダルトを見る方が増えているんだそうです。

dTVの得意ジャンルと特徴

【dTV】得意・不得意ジャンルと特徴
【得意ジャンル】
  • 洋画・邦画
  • 音楽関連
  • カラオケ
【不得意ジャンル】
  • アニメ
  • バラエティ
【特徴】
BeeTVがある

dTVは映画の作品数が多いですが、話題作や最新作が少なめになっています。その分、見放題の作品にレトロな映画が揃っているので、コアな映画好きには向いています。

アニメやバラエティなどは本数的には少ないものの、定番作品が揃っているので見たいものが意外に揃っていることもあるようです。dTVはavexが運営しているので、音楽の配信にとても強く、様々なジャンルのミュージックビデオやLIVE映像を見ることができます。

dTVの特徴のひとつはカラオケ映像を配信していることです。これなら一人カラオケに行かなくてもバッチリ練習ができるので便利です。

また、BeeTVはNTTドコモと、エイベックスが提供する動画配信サイトです。話題の映画のオムニバスドラマをやバラエティなどのオリジナル作品を配信しています。

Huluの得意ジャンルと特徴

【Hulu】得意・不得意ジャンルと特徴
【得意ジャンル】
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 子供向けの作品
  • 日テレ系のドラマとバラエティ
【不得意ジャンル】
  • 洋画・邦画
  • アジア系の海外ドラマ
【特徴】
FOXチャンネルのリアルタイム配信がある

Huluは米国の人気ドラマに強い印象です。海外ドラマが好きな方には馴染みがあるかもしれません。しかし、シリーズの間が抜けたり、時期によって入れ替えがあったりしています。キッズ向けのジャンルも揃っているので便利です。

アニメやバラエティを見ないならdTVも良いですね。洋画や邦画は見ないで海外ドラマだけってことならHuluも良いかもしれません。
しかし、アニメもバラエティも邦画や洋画も海外ドラマも見るかも!というような方は、不得意ジャンルの無いU-NEXTが安定感ありです。

4KやフルHDなど画質で比較!高画質の動画配信サービスは?


小さな端末で見るときは気にならないものの大画面のテレビでは気になるのが画質です。
それぞれの最高画質は以下の通りです。

最高画質の比較
  • U-NEXT :フルHD(フルハイビジョン)[解像度1920×1080]
  • dTV   :4K [解像度=3840×2160]
  • Hulu  :HD(ハイビジョン)[解像度=1280×720]
※解像度は画面に表示するときのキメの細かさを表します。

通常のレンタルDVDの解像度はSDで720×480なので、3社とも十分な画質といえますね。これはあくまでも作品ごとの最高画質なので、すべての作品について、高画質だというわけではありません。

対応端末の比較!スマホ・テレビ・タブレットで見られる?


続いて、各動画配信サービスがどんな端末に対応しているか比較してみましょう。

【U-NEXT】対応端末
  • スマートホン
  • タブレット
  • パソコン
  • スマートテレビ
  • セットトップボックス
  • ゲーム機(PlayStation)
  • ソニーのホームシアターや音響機器
【dTV】対応端末
  • スマートホン
  • タブレット
  • パソコン
  • スマートテレビ
  • セットトップボックス
 
【Hulu】対応端末
  • スマートホン
  • スマートホン
  • タブレット
  • パソコン
  • スマートテレビ
  • セットトップボックス
  • ゲーム機(WiiU・ニンテンドー3DS・PlayStation)

スマートテレビって何?

スマートテレビとは、インターネットに接続して動画やSNSを楽しむことができるテレビです。
代表的なスマートテレビは次のようなものがあります。

代表的なスマートテレビ
  • ソニーのブラビアとブルーレイディスクプレーヤー
  • シャープの「AQUOS」
  • パナソニックの「VIERA」と「DIGA」
  • LG Smart TVシリーズ
  • HITACHI「WOOO」(U-NEXTのみ対応)

セットトップボックスとは?

セットトップボックスとは配信された動画を一般的なテレビで受信できるようにする機器です。
「AppleTV」やGoogleのChromecastやアマゾンの「Fire TV Stick」などがあります。
アマゾンの「Fire TV Stick」がU-NEXT・dTV・Huluに対応しているのは便利ですね。

セットトップボックスやスマートテレビはメーカーとの提携の関係で差がでているようです。
自宅にある機器で実際に試してみましょう。

しかし、インターネットに対応したテレビを持っていてもわざわざネットに接続していない方も多いのではないでしょうか。
設定がわずらわしいと感じるかたは、スマホとテレビをHDMIケーブルで接続すれば、大画面テレビで見ることができます。
セットトップボックスをわざわざ買うより安価ですが、使用できるHDMIケーブルが決まっているので注意しましょう。

対応端末としては、スマホ、タブレット、パソコンで見るという方には特に各サービスで差はないと言えます。それ以外に、U-NEXTとHuluがゲーム機に対応しているので便利だと感じる方もいるかもしれません。Huluが対応しているWiiUやニンテンドー3DSは持っておられる方は活用できますよ。

複数アカウントでの同時視聴はできる?家族で使える?


1人で使う場合には特に問題ないですが、家族や友人とシェアして複数アカウントで動画配信サービスを利用する場合には、同時視聴ができるどうかがとても大事です。誰かが見ているときには自分は見られないというのでは、かなり不便ですからね。

実際に使ってみるときに差が出る同時視聴については、整理してみました。

複数アカウントでの同時視聴の比較
  • 【U-NEXT】同時視聴は可能(最大4人まで)
  • 【dTV】  同時視聴は不可
  • 【Hulu】 同時視聴は不可

同時視聴とは、同時に複数の端末で別々の動画を再生することができるという機能です。

U-NEXTが同時視聴を4人までできるというのは、例えば、夕食後に父は「闇金ウシジマくん」、母は韓流ドラマ、兄は「黒子のバスケ」、妹は「シュレック」を同時に見ることができるということです。

dTVとHuluは同時視聴はできないので父が「闇金ウシジマくん」を見ているときに他の人は見られなくなってしまいます。
家族で使うことを考えると大きな差だといえるでしょう。

端末の登録台数の比較

端末の登録台数については、どうでしょうか?

端末の登録台数の比較
  • 【U-NEXT】端末の登録台数は無制限
  • 【dTV】端末の登録台数は5台
  • 【Hulu】端末の登録台数は無制限

端末も一人で使うときは5台で十分だといえそうですが、これも家族で使うとなると無制限に登録できるのは魅力的ですね。
家族構成と使い方次第というところでしょう。

ダウンロード再生できるか比較!通勤電車などオフラインで見るなら


通勤時の電車内で見たいという方も多いのではないでしょうか?筆者も通勤時間がだいたい1時間程度かかるので、往復で2時間。動画を視聴するには十分な時間で、苦痛だった通勤電車も楽しい時間になりました♪

そんなときに必須なのがダウンロード再生ができるかどうか。ダウンロード再生ができないとデータ通信の使用量も気になってくるし、再生も安定しません。各社のダウンロード再生を比較してみました。

ダウンロード再生の可否を比較
  • 【U-NEXT】ダウンロード再生は可能
  • 【dTV】  ダウンロード再生は可能
  • 【Hulu】 ダウンロード再生は不可

ダウンロード再生は、動画を端末に書き込んでから、後で見ることができる機能です。回線スピードが遅いときに一旦ダウンロードしてから見ると画質が乱れずにすみます。

自宅のwifiで動画をダウンロードしておき、通勤や通学の途中で見るなどの使い方もできて、とても便利です。その点、U-NEXTやdTVはとっても使い勝手が良いです♪

Huluではダウンロード再生ができないので、通信スピードが安定して早いことが絶対条件になります。光回線のマンションタイプで通信が混む時間帯がある場合などは、注意する必要があります。ただし、データ通信の使用量に上限がある場合には、かなり制約があるでしょう。

無料トライアルのお得度で比較すると?


実際に動画配信サービスに利用申込をするうえで、無料のお試し期間は大切なポイントですね。できればすべてのサービスで無料お試しをしてみて、ご自身でメリット・デメリットをしっかり比較してみると、満足でき納得して動画配信サービスを利用することができます。

筆者も、U-NEXT、dTV、Huluと3社の動画配信サービスの無料トライアル期間を試してみて、しっかり比較しました。結果的にはU-NEXTにしたんですが、とても満足できています^^

では、無料トライアルの期間と登録項目で比較してみましょう。
 

【U-NEXT】無料トライアル期間と登録項目
  • 【無料トライアル期間】初回登録から31日間
  • 【登録項目】
  •  ・氏名(フリガナ)
     ・生年月日
     ・性別
     ・メールアドレス(ID)
     ・パスワード(6~20文字の半角英数字)
     ・電話番号

  • 【特典】あり(個別課金に使える600ポイントを貰える)
【dTV】無料トライアル期間と登録項目
  • 【無料トライアル期間】初回登録から31日間
  • 【登録項目】
  •  ・yahoo・Google+・Facebook・mixiのアカウント

  • 【特典】特になし
【Hulu】無料トライアル期間と登録項目
  • 【無料トライアル期間】初回登録から2週間
  • 【登録項目】
  •  ・氏名
     ・生年月日
     ・性別
     ・メールアドレス(ID)
     ・パスワード(6~20文字の半角英数字)

  • 【特典】特になし

U-NEXTとdTVは31日間なので、Huluの2週間は少し短いなあという気がしてしまいますね。31日間あれば、取りあえず見たいドラマもシリーズでたっぷり見られますね。

dTVがSNSのアカウントで試せるのがやっぱり便利です。さすがに登録数1位で47万人を誇っているのも、うなずけるような気がします。しかし、U-NEXTとHuluも6項目と5項目で少な目なので、気にならないのではないでしょうか。

無料サービスで注目なのは、やっぱりU-NEXTの600ポイントを貰えるところです。U-NEXTではポイントで個別課金のタイトルを見ることができるのでU-NEXTのお試しはとてもオススメです。
ただし、U-NEXTの無料のお試しはそのまま継続して利用すると無料期間の最終日の月の定額料を請求されるので注意しましょう。

雑誌や漫画まで読めるのは?


動画だけでなく、雑誌や漫画が読み放題となると実はかなり使い勝手が良いんです。筆者がU-NEXTに決めたのも、雑誌読み放題が付いているところが大きいです。毎月雑誌を購入するお金も節約できるだけでなく、いろいろな雑誌をつまみ喰いできるので、ちょっとした時間も持て余しません♪

動画以外のサービスを比較!
  • 【U-NEXT】電子ブックを読めて、雑誌70誌が読み放題
  • 【dTV】  特になし
  • 【Hulu】 特になし
U-NEXTではサービス内容に電子書籍が含まれています。コミックや話題作の最新刊も揃っていて、無料のお試しの600ポイントも使えます。何より「nonno」や「サイゾー」「東洋経済」など雑誌70誌が読み放題なのは大注目です。普段雑誌を買っている人には便利なサービスですね。
但し、雑誌の読み放題プランでは掲載されない記事もあるので、無料期間によく雑誌の記事内容も確かめるといいでしょう。

U-NEXT、dTV、Huluはどんな人に向いているの?


動画配信サービスの本領はやっぱり「見たい作品があるか?」と「見放題の作品が充実しているか」ではないでしょうか。印象としてですが、メリットのありそうな人をまとめてみました。

【U-NEXT】が向いている方
  • U-NEXTは普段レンタルDVDと雑誌に毎月2000円以上支払っている
  • 話題作や最新作をいち早く見たい
  • 年間を通じてある一定量以上の視聴時間を確保できそうである
  • 大河ドラマや朝ドラが好きでNHKオンデマンドを利用したい
  • スマホにダウンロードして通勤時などオフラインでも見たい
【dTV】が向いている方
  • 500円でお手軽に見放題のタイトルを楽しみたい
  • NTTドコモのポイントを持っている
  • ミュージックビデオやミュージシャンのLIVE映像が見たい
  • カラオケや落語も楽しみたい
【Hulu】が向いている方
  • 海外ドラマ(特に米国)が好き
  • FOXチャンネルのリアルタイム配信を見たい
  • 日テレのドラマやバラエティが好き

デメリットの比較!U-NEXT、dTV、Huluのダメなとこ


強いていえばとしてですが、デメリットをあげてみました。

デメリットの比較
  • 【U-NEXT】のデメリット
  • ポイントが毎月1日に貰えるので継続的に利用していないとコスパが悪くなる

  • 【dTV】のデメリット
  • 最新作のドラマシリーズは個別課金なので高価になる
    アダルトがない

  • 【Hulu】のデメリット
  • 全て見放題の反面、海外ドラマの配信が遅れる

dTVは500円というコスパの良さで多少の傷も目立たなくなってしまいますよね。アダルトがないというのは、思春期のお子さんがいるご家庭ではメリットになるかもしれません。ただし、U-NEXTでもアダルトの視聴制限はアカウントごとに設定できるので家族利用でも安心です。

【結論】NHKオンデマンド+通勤時にスマホ+雑誌読み放題=コスパ最高!


いかがでしたでしょうか?

U-NEXT、dTV、Huluと3大動画配信サービスを、月額料金、作品数、アカウントの同時視聴、ダウンロード再生の可否、得意ジャンル、メリット・デメリットなど、様々な角度から比較してご紹介しました。

ご覧いただけるとおわかりのように、どの動画配信サービスが適しているかは、あなた自身のライフスタイルや好みによるところが大きいです。ですから、それぞれの動画配信サービスの特徴をつかんだうえで、すべての無料サービスを試してみるのが一番間違いがありません。

筆者がU-NEXTにした決め手は、次の3点でした。

筆者がU-NEXTにした決め手3つ!
  • 大河ドラマや朝ドラなど過去のものも見放題にしたかった
  • 通勤時にスマホでダウンロードしておいた動画を快適に見たかった
  • ちょっとした休憩時間に気軽に最新の雑誌を心おきなく読みたかった
dTVのここが筆者にはイマイチ
  • 最新作は個別課金が多いので結局割高になる
  • アニメやバラエティも見たいのに、このジャンルの作品が少ない
  • 雑誌が見られないので、費用対効果では雑誌も見られるU-NEXTに軍配
Huluは、スマホにダウンロードして視聴できないので問題外でした。

というのが、筆者が実際に試してみての感想です。無料のお試しはとてもお得なので、好きなものから順番に試していくとよいですね。同時に試すと時間が足りなくなってしまいますのでご注意ください。Huluは見放題のドラマの本数が多いのでハマると長くなってしまいます、最後に試すとよいかもしれません。

あなたにぴったりの動画配信サービスを見つけて、快適な動画ライフを過ごしましょう♪

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!