1. TOP
  2. カカオ70%のチョコレートダイエットの効果がスゴすぎ♪太らないやり方は?

カカオ70%のチョコレートダイエットの効果がスゴすぎ♪太らないやり方は?

チョコレートを食べながら痩せれる!そんな夢のようなダイエット方法が話題になっていま。でも、本当に効果があるのかが気になるところではないでしょうか?

逆に太った!という声もちらほら聞きますが、それは方法を間違えている可能性があります。やり方さえきちんと守れば、チョコレート自体は美容にも健康にも効果的な優秀食材。

そこで今回は、そもそもチョコレートダイエットとは何なのか?カカオポリフェノールの驚きの7つの効果や、チョコレートダイエットの嬉しい3つの効果。

そして、痩せるチョコレートダイエットのやり方、気になる実践者の口コミや、喘息の人はチョコレートダイエットはNG?などなど、気になることを一挙にご紹介します。

ぜひ、チョコレートダイエットを成功させるために、ここを参考にしてくださいね♪

チョコレートダイエットとは?

チョコレートダイエットで痩せた!という声をネット上でも多く見かけ、話題のダイエット方法としても注目されていますが、チョコレートならどれもダイエット効果があるというワケではありません…。

そこで、まずはダイエットに効果的なチョコレートのポイントを大まかにみていきましょう。

高カカオチョコレートを食べるダイエット法!

チョコレートを食べて痩せれるなんて、そんな嬉しいダイエット方法なんてあるの?本当に痩せれるの?なんて半信半疑な点もあると思います。

確かにチョコレートには、脂質がたっぷり含まれているので、食べ過ぎてしまうとニキビやおデブの原因になってしまいます。

でも、実はチョコレートには、ダイエットや美容、そして健康に効果的な成分「ポリフェノール」が多く含まれているので、食べる量や食べるタイミングを意識することで、ダイエット効果を上げることができると言われています。

ただ、注意したいのは、チョコレートなら何でも良いのではなく「高カカオ」のチョコレートであること!下記の項目で、ダイエットに効果的なチョコレートの選び方や、やり方をご紹介するので是非ご覧くださいね。

カカオの割合が高いと痩せるのはなぜ?

チョコレートのカカオに含まれる「カカオポリフェノール」には、体をサビつかせる活性酸素を減らす抗酸化作用があり、脂肪が溜まるのを抑制してくれる効果もあると言われています。

そのため、生活習慣病の発症リスクが高くなる、内臓脂肪の蓄積「メタボリックシンドローム」を予防する効果がある健康食品としても注目されています。

カカオの含有量が多いものには「カカオポリフェノール」がたっぷりと含まれていますので、その効果がより期待できというワケです。

また、「カカオポリフェノール」の抗酸化力は、ポリフェノールで有名な、あの赤ワインの2倍もの高さがあるとも言われています!

因みに、ダイエットサイトあすけんによる、ダイエット中の「年代別チョコレートの選び方」の調査では、10代~20代では、「カカオが多いもの」を選ぶ割合が高く、カカオの含有量を意識している人が多いようですよ。

そして、30代以上では、食べる量を調整しながら、ダイエット中に上手にチョコレートを取り入れている人が多いのが分かりますね。

みなさんも、チョコレートの選び方と、食べる量に気を付けながら、チョコレートダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

カカオポリフェノールの驚きの7つの効果

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美容・健康に良い素晴らしい効果がいっぱいあります。では、その驚くべき効果を詳しくみていきましょう。

1) ダイエット

カカオポリフェノールの強い抗酸化力は、血流を良くして新陳代謝を活発にする効果があり、体の中の老廃物を排出したり、余分な脂肪を燃やすサポートをしてくれます。

活性酸素を分解することで、細胞が元気になり、代謝がUPして脂肪燃焼に大きく働きかけてくれるため、ダイエットしながら太りにくい体質に導いてくれるのです。

2) アンチエイジング

肌にダメージを与え、肌老化の原因となる活性酸素。この、活性酸素を抑制する働きをする、抗酸化作用を持つカカオポリフェノールを摂取することで、肌老化を防ぎアンチエイジングにも効果的だと言われています。

3) 便秘解消

カカオに含まれるポリフェノールには、腸の活性化と腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。また、カカオには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘を改善するサポートもしてくれます。

4) むくみ改善

むくみの原因は、水分の摂り過ぎや、体の中の水分や老廃物が上手く排出されないという原因がありますが、実は、血管機能の低下もむくみの一つの原因だと言われています。

この、血管機能が低下する原因は、増えすぎた活性酸素が大きく関係してくるそうです。

そこで、抗酸化力の強いカカオポリフェノールを摂取すれば、活性酸素を分解する働きをしてくれます。その結果、血管機能がUPしてむくみを改善する効果が期待できますよ。

5) リラックス&ストレス解消

カカオポリフェノールには、リラックス効果やストレスを和らげる働きがあります。動物を用いた実験によると、ストレス状態のラットに、カカオポリフェノールを与えてみたところ、ストレスホルモンが大きく減少したという結果が現れたそう。

また、ヨーロッパでは、ぐっすりと眠りにつくための安眠目的として、眠る前に食べる人もいるそうですよ。

6) 脳の若返り

なんと内閣府が、株式会社 明治と共同で行なった研究により「高カカオチョコレートの摂取で、大脳皮質の量が増加し、学習機能を高める」という結果報告を発表したそう!

すなわち高カカオチョコレートを継続的に摂取することで、「脳を若返らせる」効果があるという可能性が分かったそうです!

7) ガン予防

カカオポリフェノールは、ガン予防にも効果的な食品として注目されているようです。それは、活性酸素によって傷つけられた細胞が、ガンの原因に強く関係すると考えられているからです。

抗酸化力の強いカカオポリフェノールは、この活性酸素を抑制してくれるため、活性酸素によって引き起こされるガンを予防する効果があると期待されているのです。

では、ここまでご紹介した、「カカオポリフェノールの驚きの7つの効果」をまとめてチェックしましょう!

カカオポリフェノールの驚きの7つの効果
  • 1) ダイエット
  • 2) アンチエイジング
  • 3) 便秘解消
  • 4) むくみ改善
  • 5) リラックス&ストレス解消
  • 6) 脳の若返り
  • 7) ガン予防

チョコレートダイエットの嬉しい3つの効果

続いて、チョコレートをダイエットに取り入れることで、どのような嬉しい効果やメリットがあるのかをご紹介していきます!

1) 血流が改善されて代謝UP!

血行が悪くなると、代謝がダウンして、老廃物の排出がスムーズにできず、体内に毒素が溜まりやすくなったりする他、脂肪を溜め込みやすい状態になり太りやすくなってしまいます…。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血流を改善する効果があるので、血行不良による代謝ダウンを改善してくれる効果がありダイエットには最適です!

2) 食欲を抑える作用で無理なく痩せれる

チョコレートを食べると、血糖値が上がり、満腹感を得やすくなると言われています。

なので、食前にチョコレートを食べて食事の食べ過ぎを防いだり、食後物足りないと感じた時にチョコレートを食べることで、間食を防ぐことができますよ。

3) ストレスが軽減されるので続けやすい!

ダイエット中のお菓子は大敵!食べれないと思うと余計に食べたいと思ってしまい、ストレスになってしまいますよね…。

でも、チョコレートを食べるダイエット方法なら、お菓子を食べられないというモヤモヤやストレスが軽減されます。食べたいを我慢するストレスから解放されるだけでも、女性には続けやすいダイエット方法といえますよね。

「チョコレートダイエットの嬉しい3つの効果」をおさらいしましょう!

チョコレートダイエットの嬉しい3つの効果
  • 1) 血流が改善されて代謝UP!
  • 2) 食欲を抑える作用で無理なく痩せれる
  • 3) ストレスが軽減されるので続けやすい!

でほ、いよいよチョコレートダイエットのやり方です。

痩せるチョコレートダイエットのやり方

チョコレートダイエットはやり方を間違えると、逆に太ってしまう原因に…。そんな悲しい結果にならないように、チョコレートダイエットを成功に導く方法をご紹介します。

チョコレートの選び方は?

まず大切なのは、普通の甘いチョコレートではなく「カカオ70%以上」のビターチョコレートを選ぶことです。

甘いチョコレートでも少量なら太りにくいですが、チョコレートダイエットを成功させるには、カカオに含まれる栄養素を摂取することが重要なので、カカオの含有量の多さがポイントになります。

最近では、カカオの効果が健康に良いと注目されていることもあって、スーパーやコンビニでも、カカオ70%以上のチョコレートが手軽に購入できるようになったので、簡単に始めることができますよ。

チョコレートの選び方
  • 「カカオ70%以上」のビターチョコレートを選ぶことが大切!

1日の摂取量とカロリーは?

実は、カカオの含有量が多くなればなるほどカロリーが高くなります。甘いミルクチョコレートより、ビターチョコレートの方がカロリーが高いのが事実。

でも、ここで知っておきたいのが、ミルクチョコレートの場合は、ミルクや砂糖が多く含まれている分、糖質が高くなり、糖質がカロリー全体を占める割合が多くなります!

一方、ビターチョコレートの場合は、カカオマスやカカオバターなどの成分による脂質カロリーが、カロリー全体を占める割合が多くなります。

ここで注目したいのがカカオバター。カカオバターは脂質が高いのですが、体への吸収率が低いので、脂肪になりにくいという特徴があるそうなので安心。

また、カカオバターの成分は、オレイン酸やステアリン酸なので、血中の悪玉コレステロール値が上がりにくいという脂肪分であるとも言われています。

とはいっても、やはり食べすぎてしまうと、脂質を摂り過ぎてしまうので太ってしまいます!1日に「50g」を目安に摂取するようにしましょう。

1日の摂取量とカロリー
  • 1日50gを目安に摂取する
  • ビターチョコレートはカロリーが高いが、そのカロリーを多く占める脂質「カカオバター」は、体への吸収率が低いので、脂肪になりにくい!
  • カカオバターの成分は、オレイン酸やステアリン酸なので、血中の悪玉コレステロール値が上がりにくい

チョコレートを食べるタイミングは?

一度に50g食べるのではなくて、食前・食後に分けて食べるようにしましょう。それは、上記でもお伝えしましたが、チョコレートを食べることで、血糖値が上がり満腹感を得やすくなるからです。

この、食欲を抑制する効果を活かせば、食前にチョコレートを食べることで食事の食べ過ぎを防いだり、食後に物足りないと感じた時にチョコレートを食べることで、無駄な間食を防ぐことができますよ。

チョコレートを食べるタイミング
  • 一度に50g食べるのではなく、食前・食後に分けて食べるようにする

普段の食事で栄養をバランス良く摂取!

いくら、カカオ70%以上のビターチョコレートが良い!といっても、チョコレートをご飯の代わりとして食べてしまったり、チョコレート中心の食生活はNG。

きちんと食事をしないと、栄養バランスが悪くなって綺麗に痩せることができません。ダイエットを成功させるコツは、食事の食べすぎを防ぐために、チョコレートを併せて摂取するようにすると良いかもしれませんね。

実践者の口コミをチェック!

チョコレートダイエットを実践している人たちの、口コミをTwitterからピックアップしてみましたっ!チェックしてみましょう。

やはり、ダイエット&美容意識が高い女性の間で、人気のようですね。高カカオチョコレートを美味しく食べて、美容も健康も叶えてくれるなんて!チョコ好きの人には特に嬉しいダイエット方法かもしれません♪

注意!喘息の人はチョコレートダイエットはNG?

カカオに含まれている「テオブロミン」と呼ばれる成分は、咳止めに効果的だと考えられ、喘息にはチョコレートが良いと言われています。

しかし、チョコレートアレルギーがありながら喘息もある人の場合は、喘息が悪化する恐れがあるので注意が必要です。何れにしても、喘息をお持ちの場合は、医師に相談してからチョコレートを食べるようにすることが大切です。

まとめ:高カカオチョコレートはダイエッターの強い味方!

いかがでしたか?

ここまで、そもそもチョコレートダイエットとは何なのか?カカオポリフェノールの驚きの7つの効果や、チョコレートダイエットの嬉しい3つの効果。

そして、痩せるチョコレートダイエットのやり方、気になる実践者の口コミや、喘息の人はチョコレートダイエットはNG?などをご紹介してきました。

ちなみに、今話題のR-1ヨーグルトを食べるのを習慣にすると、乳酸菌の働きでさらにダイエット効果が実感しやすくなるとの声が多いんですよ。興味があればぜひ詳しい内容をご覧になってみてください。

R-1ヨーグルトの作り方!R1菌の培養や手作りでも乳酸菌効果はある?自家製でコスパ最強♪

チョコレートの原材料カカオは、ダイエットの他に健康や美容にも効果的なスーパーフード!高カカオチョコレートは、スーパーやコンビニでも手軽に購入できるのですぐに実践できますね。

みなさんも、カカオ70%以上のチョコレートを上手に取り入れて、ダイエットの強い味方にしてみてはいかがでしょう♡

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!