1. TOP
  2. 美容
  3. 朝晩5分でバストアップ♪誰でも出来る胸を大きくするツボ20選【図解】

朝晩5分でバストアップ♪誰でも出来る胸を大きくするツボ20選【図解】

バストアップしたいけどなかなか行動に移せないアナタ!
自宅で簡単、お金も時間もかけないバストアップならツボ押しがイチオシです。

ツボ押しなら自宅で簡単にできるし、1日5分でデキる。しかもお金もかからない。これなら続けられそうですよね!

そこで今回は、バストアップに本当に効果があると評判の『胸を大きくするツボ20選』をご紹介します。

胸を大きくするツボにもキホンの押し方がある!

36118244_m
ツボ押しは、1回3~5秒間、ゆっくりと息を吐きながら押して、息を吸いながら緩めます。これを3~5セットほど繰返しましょう。
やり過ぎると身体に良くないので、朝晩1回ずつ、1日2回を習慣づけましょう。

毎日継続してやることで、血行や新陳代謝が促進され、女性ホルモンのバランスも整うので、バストアップはもちろん、胸のハリや垂れ防止、冷え性や肌荒れの改善などにも効果が出てきます。

と言っても、1週間程度では目に見えた効果は出にくいのですが、だからこそツボ押しは良いのです。急激な変化でカラダに負荷をかけないで、カラダの内側からゆっくりと改善されていきますよ。最後に筆者のツボ押し体験談も載せているので合わせてご覧ください。

胸側にある胸を大きくするツボ!位置と探し方と効果をわかりやすく!

2016-07-09_184030
まずは、胸側にあるバストアップのツボからご紹介していきます。自分で押せるので、パートナーや家族と同居してなくても続けられますよ♪

まずは上図で各ツボの位置関係を把握してくださいね。そのうえで、各ツボの詳しいツボの位置と探し方を見ていくと、わかりやすいと思います。

筆者もサイトで調べていたときに、各ツボごとの図はあるんですが、他のツボとの位置関係がわからず違いが不明なツボがあったんですよね。そこでまずは書籍などで全体像で把握してみたところ、すごく良く理解できたんです。なので、まずは全体図で各ツボの位置関係を把握するのがオススメですよ♪

1. 壇中(だんちゅう)

2016-07-09_091454
壇中(だんちゅう)は、胸を大きくする効果のある「エストロゲン」の分泌を促してくれるバストアップに欠かせないツボ。美容のツボとしても有名ですので、ぜひ取り入れましょう。

ツボの位置と探し方
左右の乳首を結んだラインのちょうど中央、胸のど真ん中にあります。指で押してみると少し痛みがあるのが目印です。
押し方のコツ
利き手の3本の指(人差し指、中指、薬指)を揃えて、指の腹を壇中に当てます。逆の手の3本指を重ねて、ゆっくりと押していきましょう。3秒ほど押したら、力を抜いて、再びゆっくり押すというのを5回ほど繰返しましょう。優しくゆっくりがポイントです♪
ツボ押しの効果
女性ホルモンを活性化してエストロゲンの分泌を促します。これがバストアップに効果的で、美肌作りやストレス軽減にも効一石二鳥にも三鳥にもなる嬉しいツボ♪

2. 神封(しんぷう)

2016-07-09_091441
神封(しんぷう)は、胸が大きくなるツボとして有名で、女性ホルモンの分泌を促す効果があります。

ツボの位置と探し方
左右の乳頭を結んだ線の真ん中から指3本分ほど外側(乳頭側)に向かった点、ちょうど谷間の乳房が盛り上がり始める辺りにあります。
押し方のコツ
親指を当ててから1回につき3秒程度、少し力を入れて押します。3秒経ったら一度力を抜いて再び押します。左右3回ずつが目安です。
ツボ押しの効果
女性ホルモンの分泌を促すため、バストアップにとても効果的なツボです。バストの形を良くする効果が期待でき、胸のハリまでアップさせてくれる、まさに胸のためのツボと言ってもよいかもしれません。バストアップには女性ホルモンの分泌を活発にしつつバランスを整えることが重要です。

3. 屋翳(おくえい)

2016-07-09_184016
屋翳(おくえい)は、女性ホルモンの分泌を促すと同時に、血行促進の効果も期待できます。バストの形がキレイに大きくなると評判のツボで、バストアップには忘れたくないツボです。

ツボの位置と探し方
ちょうどトップバストの上にあり、乳頭の縦のライン上にあります。膺窓(ようそう)のすぐ上。
押し方のコツ
親指で3秒ほどゆっくり押していきます。また3秒ほどかけてゆっくりと力を抜いていきます。この繰返しです。
ツボ押しの効果
胸まわりの血行促進し新陳代謝アップ。女性ホルモンの分泌も促してくれるのでバストアップ効果はもちろん、キレイな胸の形やハリを作ってくれる嬉しい効果が期待できます。

4. 膺窓(ようそう)

2016-07-09_184002
膺窓(ようそう)は、乳腺の発達を促してくれる胸が大きくなるツボですが、母乳の出が良くなるツボとしても知られています。

ツボの位置と探し方
鎖骨と乳頭を結んだラインの中間にあります。第3、4肋骨の間にあり、ちょうど渕腋(えんえき)の10cm谷間側にあります。
押し方のコツ
人差し指と中指を揃えて、2本の指の腹でゆっくりと押していきます。3秒ほど経ったら力を抜いて、しばらく置いて再度力をいれていきます。
ツボ押しの効果
胸まわりの血行促進。女性ホルモンの分泌や乳腺の発達を促します。母乳の出を良くする効果もあるので、授乳中の方にも評判あり。

5. 乳根(にゅうこん)

2016-07-09_093343
乳根(にゅうこん)は、女性ホルモンの分泌を促進し、リンパの流れも改善してくれるツボで、胸を大きくするツボとして有名ですね。
母乳が出やすくなる効果もあるので、産後や授乳中の女性にも評判のツボです。

ツボの位置と探し方
バストトップから指2本、真下にあります。乳頭の下側に人差し指と中指で当てた薬指の位置です。第5、6肋骨の間にあり、押すと少し痛みがあるのが目印です。
押し方のコツ
どの指でも大丈夫ですので、3秒ほどゆっくり押します。その後、ゆっくり離して再度ゆっくり押します。3回ほど繰返しましょう。
ツボ押しの効果
女性ホルモンの分泌を促し、リンパの流れも良くしてくれます。母乳の出を良くする他、乳腺炎などの改善にも効果があります。

6. 中府(ちゅうふ)

2016-07-09_091518
中府(ちゅうふ)は、バストアップだけでなくリンパの流れを良くするツボとしても知られています。大胸筋まわりのリンパの流れ、血行を改善することで胸を大きくしてくれますよ。

ツボの位置と探し方
鎖骨と腕の付け根の間、鎖骨の外側のくぼみから指1本分下にあります。押すと少し痛みがあるのでそれが目印です。
押し方のコツ
親指以外の4本指を揃えて、指の腹で左右の中府あたりを8の字を描くようにさすりながらマッサージします。
ツボ押しの効果
大胸筋のリンパの流れを改善して、バストアップだけでなく乳腺炎や気管支炎などの改善にも効果があります。

7. 輙筋(ちょうきん)

2016-07-09_093306
輙筋(ちょうきん)は、リンパの流れを良くし、女性ホルモンの分泌を活性化して胸を大きくするのに効果的です。また、咳を和らげてくれるツボとしても知られています。

ツボの位置と探し方
脇の下から下方、真下から指1本分手前にあります。
押し方のコツ
3本の指(人差し指、中指、薬指)をぴったり揃えて、肋骨の間に沿ってゆっくりと前の方に向かって押しながら移動させます。3回ほど繰返しましょう。
ツボ押しの効果
リンパの流れを良くし、バストアップだけでなく身体のラインをキレイにしてくれる効果があります。また女性ホルモンの分泌も促してくれます。
風邪や喘息など、咳がひどい時には症状を和らげて呼吸が楽になる効果も。

8. 天渓(てんけい)

2016-07-09_093328
天渓(てんけい)は、バストアップに必須とされる乳腺の発達を促してくれる、まさに「胸を大きくするツボ」です。ぜひ生活の中に取り入れて、着替える時やお風呂上がりなど、毎日押すようにすると良いですよ♪

ツボの位置と探し方
乳房の両脇、肋骨と肋骨の間で、ちょうど乳首の高さに位置しています。おっぱいと胸部の境目のおっぱいの輪郭線の脇のあたりにあります。押すと少し痛みがあるのが目印です。
押し方のコツ
左右のツボを同時に、親指の腹で内側に向かって押していきます。残った4本の指を揃えて左右の乳房を下から押し上げるようにするとやりやすいです。片方ずつではなく左右同時にやるのがポイントですよ。
ツボ押しの効果
乳腺の発達を促進してくれるのでバストアップだけでなく胸にハリも与えてくれます。胸を大きくするくには欠かしたくないツボ。

9. 渕腋(えんえき)

2016-07-09_093359
渕腋(えんえき)は、胸に栄養をしっかり行き渡らせてバストアップしてくれるツボです。さらにバストにハリを与えてくれる効果もあるので、貧乳なのに垂れ乳が気になる方は、ぜひ取り入れたいツボです。

ツボの位置と探し方
乳首から約10cm外側の脇の下にあり、第3、4肋骨の間にあります。押すと痛みがあるのでそれが目印です。
押し方のコツ
3本の指(人差し指と中指と薬指)で肋骨の間に沿いながら、ゆっくり前に向かって押していきます。押しづらい場合は親指の腹で押しても大丈夫です。
痛みがあるので強く押しすぎないようにしましょう。
ツボ押しの効果
バストまわりの血行促進がバストアップ効果を促すのに加えて、バストのハリを出してくれます。

10. 巨闕(こけつ)

2016-07-09_093414
巨闕(こけつ)は、血行を良くすることで身体の痛みや内臓疾患などを和らげる「健康」のツボです。血行改善は美容にもとても効果的なので、胸を大きくするならぜひ取り入れたいツボです。

ツボの位置と探し方
身体の真ん中、みぞおち(鳩尾)にあるツボです。みぞおちのところにある骨から親指幅1本分ほど下がった位置にあります。
押し方のコツ
仰向けに横になり、5本の指をすぼめてゆっくり押していきます。急所ですので優しく押すのがポイントです。やりにくければ親指以外の4本の指を揃えて押しても大丈夫です。
ツボ押しの効果
身体全体の血行を促進してくれるので、バストアップだけでなく肩こりや頭痛、首の痛みなども解消してくれます。また吐き気や嘔吐(おうと)の症状や、胃の疾患(胃酸過多症、胃けいれん、慢性的な胃の疾患)も和らげてくれます。

11. 関元(かんげん)・丹田(たんでん)

2016-07-09_093500
関元(かんげん)とも、丹田(たんでん)とも呼ばれる、健康のツボとして有名なツボです。特に女性ホルモンのバランスを整えてくれるので「美容」のツボとしても知られています。バストアップにも欠かしたくないツボですね。

ツボの位置と探し方
おへそから指3本分下(約5cmほど)の位置にあります。ちょうどおへそと恥骨を5等分した場合の上から3つの位置です。
押し方のコツ
親指以外の4本の指を揃えて、指の腹で優しく押していきます。息を吐きながらやるのがポイントで、腹式呼吸をしながら押すことでストレスや疲労回復にも効果があります。強く押しすぎないように優しく。緩める、優しく押すを3回ほど繰返しましょう。
ツボ押しの効果
親指以外の4本の指を揃えて、指の腹で優しく押していきます。息を吐きながらやるのがポイントで、腹式呼吸をしながら押すことでストレスや疲労回復にも効果があります。強く押しすぎないように優しく。緩める、優しく押すを3回ほど繰返しましょう。

12. 天枢(てんすう)

2016-07-09_093515
天枢(てんすう)は、おへその両脇にある「腸」に働きかけるツボです。女性ホルモンのバランスを整えて、新陳代謝も改善してくれる重要なツボです。

ツボの位置と探し方
おへそから外側に向かって指2~3本分のところ、左右両側にあります。
押し方のコツ
人差し指、中指、薬指を揃えて、指の腹でゆっくりと押していきます。緩めて、再びゆっくり押すのを5回ほど繰返しましょう。
ツボ押しの効果
天枢は内臓に働きかけ、腸の働きを改善シて新陳代謝を活発化してくれます。その結果、女性ホルモンの分泌やバランスを整えてくれるのでバストアップだけでなく、ボディラインやヒップラインをキレイにしてくれる効果が期待できるんですよ♪腹痛の時に優しく押すと痛みを和らげてくれるツボでもあります。

胸側のバストアップのツボを動画でもチェック!

自分で押せる、胸側のバストアップのツボは把握できましたか?背中側のツボに行く前に、動画でも復習してみてください。まずは、一度に覚えようとせず、1つずつ着実に取り入れていくようにしましょうね。ただし、やたらと押せば効果がある!という事ではないので、朝晩5分ずつ、適度なツボ押しを心がけましょう♪

背中側にある胸を大きくするツボ!位置と探し方と効果をわかりやすく!

17993075_m
背中側のツボは自分では押しにくいので、誰かに押してもらう必要があります。同居している家族や旦那さんがいる場合には協力してもらいましょう。筆者が自分で背中のツボを押す場合には、肩こりのおじさんが良く使っている、弓状にしなった背中をグリグリする器具を使っています(笑)

2016-07-09_101755

背中側もまずは全体図と各ツボの位置関係を把握しましょう。特に背中は自分で押せないツボがありますから、パートナーや家族に押してもらえる場合には位置と探し方を正しく伝えないといけません。図を見ながら押しながら一緒に探すとわかりやすいですよ。

13. 身柱(しんちゅう)

2016-07-09_101806
身柱(しんちゅう)は、胸を大きくするだけでなく美容に効果的な、女性に嬉しいツボです。またストレス解消や猫背の改善など、健康に良く効く万能のツボとして有名です。手が届くので一人で押せるのもいいですね♪

ツボの位置と探し方
あごを引いた時に、首の付け根にできる出っ張ったところから、背骨に向かってくぼみ3つ目のところにあります。もう少し正確に言うと、第7頸椎棘突起から順に出っ張りを触っていくと、3つ下がった所の突起(第3胸椎棘突起)の真下にある、くぼみ部分になります。
押し方のコツ
利き手を背中に回すと届く位置にあるので、自分一人でも押すことができます。
人差し指と中指を揃えて、ゆっくりを力を入れながら押していきます。少し強めにグリグリ押してもらっても大丈夫ですが、押し続けるのではなく、一度緩めて、再び押すというのを繰返しましょう。また、身柱のツボだけでなくその周囲も含めてグルグルとさすってあげると良いです。
ツボ押しの効果
女性ホルモンの分泌を促進し、新陳代謝を高めます。バストアップだけでなく、ダイエットにも効果がありますよ。猫背を改善する効果もあるので姿勢の良くない方は特にやりましょう。猫背は血行も悪くなるのでバストアップの大敵ですし、胸もより小さく見えてしまいます。
また、神経や内臓の機能もアップしたり、ストレスや自律神経失調などの症状も和らげてくれる効果もあります。

14. 肺兪(はいゆ)

2016-07-09_101815
肺兪(はいゆ)は、「肺を治すところ」と言われる呼吸器系を改善するツボ。血行や新陳代謝も改善してくれて、バストアップだけでなく女性に嬉しい効果が多いのが特徴です。

ツボの位置と探し方
肩甲骨と背骨の中間あたり、肩甲骨の上角と下角の中間の高さにあります。
大椎という首の後ろのコリコリした部分から背骨のくぼみで3つ下に移動したところの両側2cmほどの左右両側に位置します。
押し方のコツ
自分で届く場合には2本指(人差し指と中指)を揃えて5秒間ほど押して、しばらく緩めて再び押すというのを5回ほど繰返しましょう。
パートナーや家族に押してもらうのが最も効果的です。
ゴルフボールやテニスボールの床に置き、その上に仰向けに寝てグリグリする人もいますが、筆者は気持よくありませんでしたのでオススメしません。
腎兪(じんゆ)と同様、貼るカイロで温めるだけでも効果的ですよ♪
ツボ押しの効果
血行と新陳代謝を促進して、バストアップはもちろん、冷え性や肌荒れの改善、身体のラインを美しくしてくれる美容のツボです。また風邪や喘息、ひどい咳の症状を和らげるなど呼吸器系の症状にも効果があります。

15. 厥陰兪(けついんゆ/けっちんゆ)

2016-07-09_101833
厥陰兪(けついんゆ/けっちんゆ)は、バスト周りの血流を良くすることで胸を大きくするのに非常に効果的なツボです。呼吸器系や循環器系の症状も和らげてくれます。

ツボの位置と探し方
首を前に倒し根元部分にできる出っ張り(第7頸椎棘突起)から、突起を数えて4つ下がります。そこから左右両側に指2本分外側のところに位置します。
ちょうど身柱から1つ分くぼみを下がった高さです。
押し方のコツ
探し当てるのが難しいツボなので、パートナーや家族に押してもらうのが良いです。自分で届く場合には、脇下から背中に手を回して厥陰兪を含めた周辺を全体的に刺激してもよいでしょう。筆者は届かないのですが、テニスボールやゴルフボールを床に置き、その上に仰向けで寝る方法は、背骨をグリっとやってしまったりと痛すぎたので採用していません。
ツボ押しの効果
動悸や息切れなど呼吸器系、血流の悪さや血行不良など循環器系の症状を改善するのに効果的です。胸の周りの血流を良くしてくれるのでバストアップには欠かせないツボです。また母乳が出にくい女性にも教えてあげたいツボですね。

16. 膏肓(こうこう)

2016-07-09_101843
膏肓(こうこう)は、慢性的な肩こり、背中こりに悩む女性は多いですが、胸を大きくするにも悪影響になります。肩こりには肩甲骨が大きく関わっていますので、肩甲骨のツボを押して改善してしまいましょう。

ツボの位置と探し方
ちょうど肩甲骨の上角と下角の中間点、肩甲骨の内側にあります。背中や肩、首が慢性的に凝っている方は、ゴリゴリとしたしこりができやすいツボ。内側の際(きわ)をさわって、しこりのようなツボの位置と探し方があれば、それが膏肓です。
押し方のコツ
自分では手が届きにくいですが、届く場合には人差し指と中指を揃えて、指の腹でグリグリと強めに押していきます。届かない場合には、肩こりのツボ押しグッズ(弓状のグリグリするグッズ)を使用するとよいでしょう。
誰かに押してもらえる場合には、相手に両肩を左手で横向きに抱えてもらい、右手の親指で膏肓(こうこう)を押してもらうとやりやすいのでオススメです。
ツボ押しの効果
慢性的な肩こりや背中のコリを解消することで、血行が改善します。また姿勢も楽になって猫背の解消にも効果的なので、バストアップ以外にも効果が期待できます。

17. 天宗(てんそう)

2016-07-09_101852
天宗(てんそう)、肩甲骨の中央にあって、慢性的な肩こりをもつ方には特にオススメのツボ。胸を大きくする効果もあるのですが、それ以上に肩こり、背中こりの改善で有名なツボです。

ツボの位置と探し方
肩甲骨のど真ん中にあります。少しくぼみがある部分で、押すとズキッと痛みがあるのが目印です。
押し方のコツ
手を回して肩甲骨の中央まで届けば自分でも押すことができます。
右の天宗を押す場合には、左手を右肩から回して2本指か3本指で優しく押しましょう。1分程度で、今度は逆、左の天宗を右手で押します。腕にまでしびれが感じることがあるので、あまり強く押しすぎないようにして、長時間押し続けるのも避けた方がよいです。
ツボ押しの効果
背中全体の筋肉をほぐし背中の痛みを和らげてくれます。肩こりや五十肩の解消にも効果がありますので、デスクワークや立ち仕事など、働く女性にはぜひ合間に押してみてほしいツボです。
また、バストアップだけでなく乳腺炎などの症状にも効果があると言われています。

18. 心兪(しんゆ)

2016-07-09_101901
心兪(しんゆ)は、血行や新陳代謝を改善して、美容、健康、循環器系、リラックス効果まである「美容と健康」のツボとして有名。特に仕事などでムカムカしたときに押すとリラックスできて胸も大きくなるなんて嬉しいですよね。

ツボの位置と探し方
背骨の中央から左右に指幅2本分外側にあります。肩甲骨の内側で第5胸椎を挟んだ両側あたり。後述する厥陰兪のすぐ下に位置しています。
押し方のコツ
背中にあり自分では押すことができないので、誰かに押してもらう必要があります。
両手の親指で同時に両方のツボを押します。かなり強めに5秒ほど押したら、5秒間ゆるめて、また押すというのを5回ほど繰返しましょう。人差し指を両脇を挟むように沿わせて、親指で押してもらうと押しやすい。
ツボ押しの効果
血行不良を改善し、新陳代謝を促進してくれるのでバストアップだけでなくボディラインも美しくしてくれる健康と美容のツボです。
循環器系の機能も高めてくれるので、動悸や胸の痛みがある方は症状を和らげる効果があります。また、リラックス作用もあるので、ストレスやムカムカ、不眠症などのメンタル面での改善も期待できますよ♪

19. 膈兪(かくゆ)

2016-07-09_101910
膈兪(かくゆ)は、自律神経を整えて女性ホルモンの分泌を促して胸を大きくしてくれるツボ。ストレスの軽減にも効果的でオススメですが、自分では押せないのが難点。

ツボの位置と探し方
左右の肩甲骨の下より内側。背骨から約4cm(指2本分)外側にあります。背中の第七胸椎と第八胸椎の間から指2本外側です。
押し方のコツ
自分では押せないツボなので、パートナーや家族に押してもらいましょう。
椅子に座って前かがみになった状態で、パートナーに左右の親指で押してもらう。あるいは、うつ伏せに寝た状態で、パートナーに背中に手の平をついて左右の親指で押すというのも良いです。筆者はうつ伏せでやってもらった方が気持ちいいと感じます♪
ツボ押しの効果
自律神経の働きを整えて女性ホルモンの分泌を活性化することで胸を大きくしてくれます。また、横隔膜を調整したり胃腸の調子を整える効果も。

20. 腎兪(じんゆ)

2016-07-09_101919
腎兪(じんゆ)は、腰痛のツボとして有名ですが、バストアップにも効果があります。また、押すだけでなく、貼るカイロなどで温めてあげるだけでも効果があります。長時間のデスクワークなどで腰痛がひどい方は、腰痛の緩和もバストアップも期待できるので特にオススメです。

ツボの位置と探し方
背骨から両側に指2本分のところから、一番下のおへその高さまで下ろしたところに位置しています。
押し方のコツ
自分でも親指で左右同時に押せるツボです。上体を反らすように曲げたり、腰を軽くひねったりしながら押すとさらに効果的です。
ツボ押しの効果
バストアップだけでなく、生理不順や生理痛、更年期、不妊症などの改善に効果があるので、女性は特に試してほしいツボです。また慢性的な腰痛をもつ女性も多いですが、腰痛の症状を和らげるのにも効果的です。

簡単ツボ押しで理想のバストを手に入れよう!体調まで良くなった筆者の体験談♪

34562972_m
胸が大きくなるツボ20選、いかがでしたでしょうか?

筆者の場合、バストアップを決意してからツボを押しを朝晩2回、習慣になるように続けてきました。最初の2週間は、「これ意味あるのかな(汗)」と効果を疑ったりすることもありました。でも、1ヶ月も続けていると徐々に身体がポカポカ感じることが多くなって、肌の調子も良くなってきました。バストにも少しハリが出てきたように感じました。

そして3ヶ月経過する頃には、貧乳だった筆者の胸が目に見えてふっくらしてきましたよ。肌荒れもキレイになってデコルテにツヤも出ました。体調もすこぶる良くなったので続けてよかったな~というのが感想です。

ツボ押しは今も継続している習慣ですのでイチオシです!
自宅で簡単に、しかもお金もかけずに理想のバストを手に入れちゃいましょう♪

\ SNSでシェアしよう! /

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美楽cafe | 女性の美と健康と幸せを応援する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!